スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フラッター 

このシリーズは、本当に見事に一目惚れだったのだ。
第一話感想(コピペしようかと思ったけど、赤面モノの感想だったのでリンクのみw)

あくまで 僕の場合ですけど なんていうか
僕らみたいなのを 気持ち悪いって 人がいるのは 仕方ないことだと 思うんですよ
そういうハンデ というか負い目 みたいなものを いつも感じてて
それならせめて 外見はちゃんと しとけ! みたいなね
劣等感(コンプレックス)の 裏返しです
「カッコいいのに 勿体ない」って 言わせたら こっちの勝ちです
ま、ちゃちな プライドですよ

(P20-21)

この観月さんの淀みないモノローグが、当時の私にはすごく“新鮮”に映ったらしい。
とはいえ、今でもやはりこういう視点で自身を眼差すキャラクタは殊にBL界では非常に稀だと思う。
あらかじめ性指向をカミングアウトすることで周囲に誠意を尽くし、相手の出方を待つ喰えない男。
左手薬指に光る指輪はそんな彼の誠実さの証であり、朗らかで美しい人柄を益々惹き立てている。
まさにゲイの理想を生きる人で、彼の順風満帆な人生に波風が立つ余地があるようには見えない。
が、そんな彼が不意打ちのを流し、浅田はまさにその瞬間を目撃するのである。

観月さんのメガネは、武器としてあまりに優秀かつ出来すぎなのだ(笑)。
彼が大事にしていたプロミスリングという名の脆いも、切なさ倍増のアイテム効果を発揮している。
だが、何より私が惹かれてやまないのは、引用箇所を含む二人の真摯な言葉のやり取りに尽きる。
浅田の愛の告白が、過去のリフレインのように耳に響いてうろたえ絶望する観月さんの可愛いこと!
破綻してしまった過去の恋を悔いる観月を相手に、浅田は我を貫くことで持続する関係を証明する。
畢竟、指輪に封じられていた観月さんの“負い目”あるいは“呪縛”も徐々に昇華されていく訳で。

終わってみれば、何の変哲もない甘めのBL作品の一つだったと思う。
でも、その過程で紡がれる会話の、モノローグの、言葉の一つ一つの美しさが際立つ作品なのだ。
誠実な二人の愛の顛末を、だから拍手喝采で祝福したくなるんだな。

<作品データ>
・天禅桃子『フラッター』(大洋図書ミリオンコミックス)2011.10
フラッター (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 47)フラッター (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 47)
(2011/10/15)
天禅 桃子

商品詳細を見る



ところで、本作は半分リバなのです。
CRAFT掲載分だけでは決定的なシーンが無かったので、密かに完全リバを期待してました。
今でも期待してますヨ!いつか、二人の逆転シーンを見てみたい~♪
まあ、私は黒髪受け至上主義者でもあるので、今回の順列に全く不満はないのですが(笑)。
[ 2011/10/20 04:03 ] comic BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1425-4d02e513

la aqua vita フラッター
[2013/04/22 15:22] sac louis vuitton
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。