スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

見つめて、もっと 

今日も、自分みたいな社会のゴミが生きてて本当すみません…。

もう二度と恋はしないと誓う攻めと、恋人は生涯一度だけと頑なに心に誓う受けのメロドラマ。
そんな二人が出会って互いに惹かれあっても、誓約に縛られているために関係は進展しない。
あくまでラブアフェアのポーズを崩さぬ攻めに、一途な受けは次第に切ない思いを募らせていく。
こんなベッタベタでコッテコテのロマンス小説に、私はうっかりグズグズ泣かされてしまったのだ。
人間、本当に年を重ねるごとに涙腺が弱くなってくるなあ(笑)。

ところで、この二人のはじまりの場面はちょっと異色である。
主人公のケイはショーストリッパーで、気晴らしに客として店を訪れた男と運命的な再会を果たす。
チップを取り出した男に、ラップダンス(膝乗り)でたどたどしくも官能的なサービスをするのだが…。
逆に男の視線に翻弄され、元々備わっていた彼の“見られる”快感が進化して大変なことになる。
一見純情そうな受けが、性欲に対しても素直でややフェティッシュなのは絢谷作品の特徴でもある。
彼がいかに女々しい性格の“性別=受け”だったとしても、男の子アイデンティティを失うことはない。
余談であるが、世間的に大ブームの“男の娘”に私がモヤモヤ苛立ちを感じるのも実はココなのだ。
彼らがナニモノになりたいのかが見えないから、女装男子と違ってどうもイマイチ魅力を感じない。

さて、話を強引に戻すと主人公のケイはプロのダンサーである。
今までの彼のダンスは、アクロバティックな身体能力の高さと可愛らしさが魅力かつ売りであった。
が、本来ストリップとは観客を官能的な気分にさせて何ぼの世界で、その意味で彼は未熟だった。
そんな彼が左手薬指に指輪をはめた男にのめり込み、その苦しさと切なさが恋なのだと自覚する。
ラブホのベッドでは思いが届かなくて逃げ出してしまったケイだが、彼の正念場は無論ソコじゃない。
恋心を知った彼はスランプを経て一回り成長し、男の視線と心を虜にするためのダンスに没頭する。
そして、ついに……。

読む前は、小嶋ララ子さんの稚いイラストがどうにも苦手だと思っていたけれど…。
うん、これはアリだ!このヘタレなイケメン攻めが陥落させられたのが彼だと思うと頗る楽しい♪
ケイに対してイケズな時間が長かったのだから、今度は彼が罪悪感に苛まれれば良いと思うよ!

<作品データ>
・絢谷りつこ『見つめて、もっと』(小嶋ララ子・画、アスキー・メディアワークスB-PRINCE文庫)2011.10
見つめて、もっと (B-PRINCE文庫 あ 7-2)見つめて、もっと (B-PRINCE文庫 あ 7-2)
(2011/10/07)
絢谷りつこ

商品詳細を見る



最後の最後で、やっと大団円。
この二人、互いに“開発”のしがいがありそうなので更に特殊プレイに目覚める続編が読みたいな。
最終的には逆転してくれても、私的には無問題♪

匂いフェチは流石にハードルが高いと敬遠してたのだが、前作もやっぱりそのうちチェックしよう。
小説ディアプラスに掲載された人形浄瑠璃の文庫化も、とてもとても待ってます!
[ 2011/10/09 02:20 ] novel BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1423-41f2fb5f

la aqua vita 見つめて、もっと
[2013/04/22 15:56] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。