スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

運がいいとか悪いとか 

物理的に精神的な3Pと現実的に心理的な三角関係と、覆水が盆に返らないラストのオチ。全てがパーフェクトでした。館野さんは、やっぱり一番大好きなBL漫画家さんです。


↑初読時の読了コメント。

世界で一番好きなBL漫画家さんを一人だけ選べと云われたら、やっぱり館野とお子さんなんだな。
草間さかえさんと並べてうーん…うーんと唸るけれど、どちらかしか選べないとなると館野さん。
勝敗のポイントは館野さんが“寡作”なのと、草間さんの登場人物の半分は萌えないから(笑)。
草間さんが大型ワンコ攻めをお好きなのは重々承知してるので、もうこれは好みの問題としか。

館野さんのキャラは外面と中身が正反対とまではいかないまでも、腹に一物抱えた人が多い。
ワンコはワンコに非ず、当て馬は当て馬に非ず、巻き込まれ型ヒロインは実は何気に計算高い。
自己保身のために身体を担保にしつつも、そんな彼にとって都合の良い時間は永遠に続かない。
しっぺ返しを経て、“雨降って地固まる”的な今までどおりのようで違う二人の関係が始まる。
今回の三角関係の顛末もそんな話。

実は、第一話の時点でこの物語のルートは確定しているのだ。
どんなに読者がハラハラドキドキしつつページを捲ったにしても、結果はもう序章で確定済み。
以後の岡田の行動で生じる“確変”は、二兎を追って両方失うかモブAの手を取るしかない訳で。
“聖域”過ぎて踏み込めなかった国富と、後腐れ無さそうだからと繋いでしまった加賀谷の手。
竹内まりやの有名ソングのように、二人の男の間で優柔不断に迷い戸惑う明らかに狡猾な岡田。
ええ、岡田の片恋がいかに純粋であろうが、好奇心に負けた彼にそのツケは回ってくるのだ。
この低温の恋の行方の顛末が、実に私好みで堪らなかった(笑)。

しかし、考えさせられるのである。
自分の手に届きそうにもない相手に迂闊に恋しちゃった場合…。
身体だけの相手で妥協して一時の充足を得るのか、生真面目に自家発電で一生耐えるのか。
限りなく接点のないどうでも良い相手っちゅーのは、あくまで岡田の視点で加賀谷の方は違う。
当て馬の如く近づき、面倒くさい二号さんのように振る舞い、最後に愛しの相手を射止めてしまう。
美味しいところを攫っていけたようで、でもやっぱり肝心な部分を味わえていないように見える彼。
まあ、それもこれも今後の二人の運次第っちゅーことで。

<作品データ>
・館野とお子『運がいいとか悪いとか』(フロンティアワークスダリアコミックス)2011.6
運がいいとか悪いとか (Dariaコミックス)運がいいとか悪いとか (Dariaコミックス)
(2011/06/22)
館野とお子

商品詳細を見る



今年はダリアの他にもCabやOnBLUEで館野さんの連載作品を確認済み。
一ファンしては大変嬉しいのですが、一抹の不安が拭い去れないのも事実だったり(笑)。

[ 2011/10/02 01:23 ] comic BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1420-fd61396d

la aqua vita 運がいいとか悪いとか
[2013/04/22 15:23] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。