スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カラダめあてで悪いか 

近年の「CRAFT」で、私が目下一番続きを楽しみにしているのが湖水きよさんの作品である。
が、これは松田美優さんとのコラボ作品であり、どちらかというと原作者のカラーの強いシリーズ。
よって湖水さんとは初顔合わせではないものの、著者個人の作品に関していえば今回が初めて。
寓話風味で観念的なお堅いモノローグにぎこちなさを感じたものの、これも個性といえなくもない。
怜悧さとエキセントリックな側面を併せ持つアンバランスな主人公の描写としては、むしろ正しい。
初読ではこの馴染みにくいモノローグに癖を感じたものの、再読したら不思議な愛着が沸いてきた。
先日(月)ご紹介した柳沢ゆきおさん同様、噛めば噛むほど味が濃くなってくるタイプの作品である。
どうも、今年遭遇するBL作品にはこの手合いが多い模様。

□カラダめあてで悪いか
武道派ややオレサマ×生真面目天然ツンデレ美人。
男子高校生同士が“恋愛”を遂行する困難さ以前の問題として、この二人はそもそも“相性”が悪い。
二人の齟齬は齟齬のまま永遠の平行線を辿りそうだが、だからこそ長続きしそうな関係にも見える。
つっぱっていようが頭でっかちであろうが、結局二人は若いので柔軟に関係を強化していくのだろう。
傍から見れば、これも一つの醒めたバカップルの在り方なのかもしれない。

□夜は降る
ロクデナシ“土下座”攻め×成長した幼君受け。
おしべもめしべも分からないような可憐な少年を誑かしたロクデナシ野郎に、萌え滾った!
すくすく成長した彼がせめて意趣返しにと女装→足コキプレイを行う姿が、また堪らなかった!!
純真な年下の“嫁”を手に入れて、このまるでダメ男もようやっと真っ当な道を歩き始めた模様。
彼が磨く世渡りスキルが“土下座”なのが、また…最後の最後まで私のツボを外さない攻めである。
ああ、楽しい♪

<作品データ>
・湖水きよ『カラダめあてで悪いか』(大洋図書ミリオンコミックス)2011.7
カラダめあてで悪いか (ミリオンコミックス/Hertzシリーズ100)カラダめあてで悪いか (ミリオンコミックス/Hertzシリーズ100)
(2011/06/30)
湖水 きよ

商品詳細を見る



CRAFT掲載の方は予告通りなら、今月発売の号で完結とのこと。
となると、こちらも近いうち(年内)にコミックスが発売される期待値大。
また一人、追いかける作家さんが増えたよね(笑)。
[ 2011/07/12 04:25 ] comic BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。