スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年6月の読書メーター 

6月はブログいっぱい書いたつもりだったのに、全然でした…ね…。
下書きばかりが増えているらしいです。
あとね、暑くて全てがグダグダになってしまってるのですよね。
せめて、館野さんの新刊くらいはエントリー上げたいです。





6月の読書メーター
読んだ本の数:39冊
読んだページ数:6874ページ

恋をするのもままならない (ディアプラス・コミックス)恋をするのもままならない (ディアプラス・コミックス)
読了日:06月01日 著者:志々藤 からり
とめはねっ! 鈴里高校書道部 8 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 鈴里高校書道部 8 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:06月01日 著者:河合 克敏
JIN-仁- 1 (集英社文庫―コミック版)JIN-仁- 1 (集英社文庫―コミック版)
読了日:06月02日 著者:村上 もとか
JIN-仁- 2 (集英社文庫―コミック版)JIN-仁- 2 (集英社文庫―コミック版)
読了日:06月02日 著者:村上 もとか
曇天・プリズム・ソーラーカー 1 (ジャンプコミックス)曇天・プリズム・ソーラーカー 1 (ジャンプコミックス)
面白いんだけど、これは見本が無いと厳しいかもしれない…。
読了日:06月03日 著者:太田垣康夫,村田雄介
JIN-仁- 3 (集英社文庫―コミック版)JIN-仁- 3 (集英社文庫―コミック版)
読了日:06月03日 著者:村上 もとか
JIN-仁- 4 (集英社文庫―コミック版)JIN-仁- 4 (集英社文庫―コミック版)
読了日:06月03日 著者:村上 もとか
JIN-仁- 5 (集英社文庫―コミック版)JIN-仁- 5 (集英社文庫―コミック版)
読了日:06月03日 著者:村上 もとか
ヘタッピマンガ研究所R (ジャンプコミックス)ヘタッピマンガ研究所R (ジャンプコミックス)
読了日:06月04日 著者:村田 雄介
能・文楽・歌舞伎 (講談社学術文庫)能・文楽・歌舞伎 (講談社学術文庫)
読了日:06月04日 著者:ドナルド・キ-ン
JIN-仁- 6 (集英社文庫―コミック版)JIN-仁- 6 (集英社文庫―コミック版)
読了日:06月05日 著者:村上 もとか
JIN-仁- 7 (集英社文庫―コミック版)JIN-仁- 7 (集英社文庫―コミック版)
読了日:06月05日 著者:村上 もとか
JIN-仁- 8 (集英社文庫―コミック版)JIN-仁- 8 (集英社文庫―コミック版)
読了日:06月05日 著者:村上 もとか
JIN-仁- 9 (集英社文庫 む 10-9)JIN-仁- 9 (集英社文庫 む 10-9)
読了日:06月05日 著者:村上 もとか
JIN-仁- 10 (集英社文庫 む 10-10)JIN-仁- 10 (集英社文庫 む 10-10)
読了日:06月05日 著者:村上 もとか
平家物語 (岩波新書)平家物語 (岩波新書)
石母田さんと言えば日本史学会の重鎮というイメージ。この新書はご本人曰く歴史研究の一端とのことですが、私には歴史学の視線をもった文学論に見える。それゆえ、時折平家物語の作者に対していささか手厳しい。あと、確かに“契機”というキーワードが使われていた。
読了日:06月07日 著者:石母田 正
王様のベッド (ビーボーイコミックス)王様のベッド (ビーボーイコミックス)
“受け”さんのスプラッタ劇場(否、激情か?ww)三本。血の気が多いのが良いねー。攻めは全体的に勃起を我慢している感じが良いなー。受け⇔攻め共に好きなタイプのキャラばかり〜♪しかし、全部雑誌で読んでたな。
読了日:06月11日 著者:草間 さかえ
純情不埒 (B‐PRINCE文庫)純情不埒 (B‐PRINCE文庫)
サクラさんはいったいどんな恋を喪失したのだろう?…と気になっていた部分が完全補完されていた「理性と落下」。結局衝撃を和らげる為に“落下”する相手を選んでいたように見えるサクラさんは、やはり少し狡い。“結婚”と同様に“秘密”だって一つの“契約”だ。先輩とサクラさん、果たして“不実”だったのはどちらだったのか?“沈黙”を強要されたかに見える先輩の心中は、年下の男(ユイジ)が彼に向けてくる言葉の刃と鏡合わせになっているんだろう。やっぱり、二人の男を“転落”させた上に“天秤”にかけているサクラさんは狡い。
読了日:06月12日 著者:高遠 琉加
ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 1 (BUNCH COMICS)ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 1 (BUNCH COMICS)
読了日:06月13日 著者:神崎 裕也
ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 2 (BUNCH COMICS)ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 2 (BUNCH COMICS)
読了日:06月13日 著者:神崎 裕也
ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 3 (BUNCH COMICS)ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 3 (BUNCH COMICS)
読了日:06月13日 著者:神崎 裕也
ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 4 (バンチコミックス)ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 4 (バンチコミックス)
読了日:06月13日 著者:神崎 裕也
ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 5 (BUNCH COMICS)ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 5 (BUNCH COMICS)
読了日:06月13日 著者:神崎 裕也
ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 6 (BUNCH COMICS)ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 6 (BUNCH COMICS)
読了日:06月13日 著者:神崎 裕也
ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 7 (BUNCH COMICS)ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 7 (BUNCH COMICS)
読了日:06月13日 著者:神崎 裕也
ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 8 (BUNCH COMICS)ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 8 (BUNCH COMICS)
読了日:06月13日 著者:神崎 裕也
ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 9 (BUNCH COMICS)ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ 9 (BUNCH COMICS)
読了日:06月13日 著者:神崎 裕也
今宵、天使と杯を (SHYノベルス266)今宵、天使と杯を (SHYノベルス266)
酒は飲んでも呑まれるな!柚木の酒癖の悪さは正直関わりたくないレベルなんだけど、恐面な年下ヤクザとは良いコンビなんだなー。書き下ろしにほっこりしました。文庫版も手元にあるので迷ったのですが、満足です。今読み返すとリバーシブルな矢内さんが悪役ながら、非常に気になる存在感。
読了日:06月16日 著者:英田 サキ
バックステージ (ビッグコミックス)バックステージ (ビッグコミックス)
何となく“匂い”を感じて手に取ってみた。うん、ブラボー!!裏方から眼差すショウビズ界の小さなサクセスストーリー。この百円がずっしりと重い。
読了日:06月16日 著者:ナカタニ D.
シャモア ① (近代麻雀コミックス)シャモア ① (近代麻雀コミックス)
女キャラは登場してもとことんアウェーなんだなwwwwさすが、シャモア。
読了日:06月18日 著者:渋沢 サツキ
兎 野性の闘牌 ⑬ (近代麻雀コミックス)兎 野性の闘牌 ⑬ (近代麻雀コミックス)
何か絵がちょっと変わったような…。狐は脱落の予感。ウサギとシャモアが上がるか、ウサギとヴィヴィアンか…。絵的にはシャモアVS.D・Dが見てみたい。
読了日:06月18日 著者:伊藤 誠
パリ 愛してるぜ~ 男一匹パリ暮らしパリ 愛してるぜ~ 男一匹パリ暮らし
何処かの女性漫画誌で見かけた記憶が…と思っていたら、オフィスユーだったらしい。パリのエッセイ漫画なのに、タイトルが日本語(英語)なあたりが屈折してるな〜(笑)。
読了日:06月19日 著者:じゃんぽ~る西
運がいいとか悪いとか (Dariaコミックス)運がいいとか悪いとか (Dariaコミックス)
物理的に精神的な3Pと現実的に心理的な三角関係と、覆水が盆に返らないラストのオチ。全てがパーフェクトでした。館野さんは、やっぱり一番大好きなBL漫画家さんです。
読了日:06月22日 著者:館野とお子
目障りな男 (Dariaコミックス)目障りな男 (Dariaコミックス)
ミズノ内木さんは攻めがいつも惚れ惚れするなー。てことで、表題作が一番好きでした。
読了日:06月22日 著者:ミズノ内木
いとしのこいしの (MARBLE COMICS)いとしのこいしの (MARBLE COMICS)
全ての登場人物が“受け”に見える不思議。先生が男前で一番好きかな。幼なじみCPはいつかリバると良いな。予想外に面白かった。
読了日:06月24日 著者:こめり
ダブル・バインド3 (キャラ文庫)ダブル・バインド3 (キャラ文庫)
クジラさん、良い奴じゃないか。しかし、事件の進展を最大限に妨げているのがメインキャラの恋模様だったりするから、ヤキモキさせられるなあ。
読了日:06月25日 著者:英田 サキ
シラフでいても意味がない(キャラコミックス)シラフでいても意味がない(キャラコミックス)
腹筋痛い。元々まりおさんの四コマ漫画大好きだったので、BLで四コマ読みたかったのです。夢が叶った!
読了日:06月25日 著者:山田まりお
アナトミア (IDコミックス gateauコミックス)アナトミア (IDコミックス gateauコミックス)
全く油断のならない藤たまきさんの作品の中では、著者もコメントされているように“おだやか”な顛末だったと思う。業火に焼き尽くされた彼の姿があまりに苛烈で、ルーサが当て馬にしか見えない。否、当て馬ポジションに徹することこそが、この魔法を解く鍵だったのかもしれない…。
読了日:06月28日 著者:藤 たまき
流星と真夏のクリスマス,桜並木袋小路 (GUSH COMIC BUNKO)流星と真夏のクリスマス,桜並木袋小路 (GUSH COMIC BUNKO)
藤たまきさんの初期短編集。私のBLの入口の一つでもあります。それこそ“流星”群が頭の中が目一杯入り込んできて、熱いのか冷たいのか分からない星々に心翻弄されまくりで、何の言葉も尽くせなくなります。でも、今読み返すと坂田靖子さん風味な(もっと繊細なんですが)モノローグを感じました。私にとってセンシティブなBLと言えばやはり藤たまきさん。
読了日:06月28日 著者:藤 たまき

読書メーター

[ 2011/07/04 00:32 ] 読書メーター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。