スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

on BLUE vol.1~2 

二号立て続けの感想メモで失礼します。

□スペシャルピンナップ 河内遙
リキ君は、思わせぶりな残念男子なのである…あああああ!!

□特集 山中ヒコ
インタビュー読むと、何となく年下だと思っていたヒコさんが同輩くさいと知る。

□山中ヒコ『500年の営み』
いきなり500年後の世界に飛ばされ、世界観にまるで入り込めなかった第一話。
アンドロイド×冷凍保存されてたツンデレ男子?
アンドロイドモノということで、テクノサマタさんや高屋未央さんの作品が頭を過ぎった。
ただ、何となくアンドロイド設定は壮大なブラフではないのかという予感がしなくもなく…。

□雲田はるこ『唇は苦い味』
オンブルーにおけるエロ番長?(笑)
(ゲイ専門)AVの零細プロダクション会社社長×飛んで火にいる夏の虫(メガネ)君。
社長は元受けの攻めなのか、攻めもする受けなのか…それが問題だ。
このアンソロジーで唯一濃厚なエロシーンあり。

□西つるみ『そののちは』
平安時代後期の主従愛。
その昔、雑誌のウィングスで長期連載されていた『きらきら馨る』を思い出した。
しかし、あの作品でたまに挿入されていた宮様の男色ネタはどう決着ついたんだっけ?
…雑誌で読んでいただけで積極的に追い掛けてはいなかったから、全く思い出せん。
とまれ、ご寵愛と主従愛…果てさて彼の本心は何処にある?と言った按配の顛末。

□秀良子『宇田川町で待っててよ』
(特に前髪が)ウザい男子×女装男子…だと良いな(左右未確定故、私の希望)。
クラスのトップグループにいる爽やかイケメン男子の女装姿を目の当たりにした百瀬君。
彼が気になって気になって気になって、どんどん道を踏む外して行くんでしょう。
腹を括って変態を極めろ!!…と発破かけたい。

□えすとえむ『カルンジャ』
トルコの幼馴染男子達の逃避行モノ。
やっぱり、行き着く先はドイツなのねとしみじみ思った。

□アルカリ電子『つくしヶ原団地、晴れ』
漫画家×高校生(未確定だけど、多分この序列)。
お隣さんのハウスキーパーに成り下がりつつある男子高校生の、ピュアなBL作品。
実はあんまり好きなタイプの絵では無かったのだけど、手堅く読めた。

□恋煩シビト『われら青春真っ最中』
私はどうもシビトさんの作品の方向性がよく分からない…。
とりあえず、片恋相手と身体を繋いだ相手が別という男子高校生トリオの三角関係モノ?
この話は3Pルートの前触れなんだろうか?…いまいち、今後の展開が読めない。
そういえば、多分このアンソロジーで唯一次号への“引き”がある話だった。
他はシリーズのような読みきりのような、どっちつかずの中途半端な立ち位置だったと思う。

□麻生ミツ晃『永遠に、片思い』
美容師さんとカットモデルの話。
切なく叙情性を感じる作品だったと思う。

□柳沢ゆきお『yulusuna』
この号では一番好きな作品だった。
バレエダンサーのライバル同士で兄弟同士で、双方が劣情的なモノを抱えている。
ええ、“お兄ちゃん”萌え♪が全てを凌駕しているお話だった。
弟の才能に苦しみ、メンタルがズタボロになっていく姿が堪らんかった。

□明治カナ子『反芻回路』
さしずめ、明治カナ子さんプレゼンツのネガティブ君とポジティブ君かな?
ネガティブ君が不意打ちのプロポーズで、無意識に浮かれている様子が可愛い。

□河内遙『カミキリムシ』
ピンナップのリキ君が思わせぶりなのが露見する話。
痒いところに手が届かないこのモヤモヤを何とかして欲しい!!

□河内遙『7階の女』
こっちは続編来ないかな?
女装男子ショート。
↑で攻めになりきれなかったシムラが再登場の巻。

マイベスト3は、柳沢さん、秀さん、河内さん(後編)。
読み飛ばし無し。

<作品データ>
・「on BLUE」vol.1(祥伝社)2010.12
on BLUE (Feelコミックス オンブルー)on BLUE (Feelコミックス オンブルー)
(2010/12/10)
山中 ヒコ、雲田 はるこ 他

商品詳細を見る



□スペシャルピンナップ 黒娜さかき
このオッサンズが次号からのメインなんだろうか…?

□特集 えすとえむ
えすとさんはサインまで頂いて、ご本人のお顔まで拝見していたのに年下だと気づかなかった。
えれなさんと親しそうだったので、余計に年上だと思っていたのよね。
自画像がR2D2じゃなくなっていたのが、地味に残念。

□えすとえむ『クシュ』
イェニチェリ×踊り子。
受けが取っている時点で、BLを読んでいる気持ちにはなれない作品だった…。
映画「クライング・ゲーム」同様…。

□秀良子『宇田川町で待っててよ』2
今回は女装男子(八代)視点で、百瀬のキモさが更に際立つこと(笑)。
男子トイレでお嬢様校の制服に着替えて、チュウする二人の倒錯的関係が堪らん。
萌えた、萌えた、萌えた!!!!余は満足じゃ。

□西つるみ『雅楽士の恋』
あ、前回のキャラ再登場だったんだ!!
雅楽士同士の主従愛でロマンチックな話だったが、私はこの結末に不満。
やっぱり、師匠の為に伽くらいこなした方が良いんじゃないの?って思ってしまう。
あるいは、オレサマツンデレの師匠が弟子の身代わりになるとかさ…?
美しい話なのに、私の腐脳はシモ方向の展開を期待したくて仕方無い。
ああ、残念…。

□雲田はるこ『約束は一度だけ』
スタッフ3人の零細企業の二人目、元ヤクザのスカウトマンがメインのお話。
せっかく黒髪ドSのオレサマメガネなんだからさ、彼が受けるとパーフェクトだったのに。
しかしこのシリーズ、2回立て続けに別れる顛末なんだが今後新たな出会いあるんだろうか?
とまれ、次回は3人目の斎木君がメインでしょう。

□アルカリ電子『つくしヶ原団地、晴れ』2
これは団地シリーズで登場人物が入れ替わっていくシリーズだったのね。
ワンコ風ビジュアルでありながら団地妻に明け暮れる営業マンと、ゲイのホストの応酬。
受け⇔攻め未確定だがホストが攻めかな?いや、女王様受けでもアリアリなんだけど…。

□山中ヒコ『500年の営み』2
いやしかし、まだまだ500年後の世界に馴染めない。
どうせ夢オチなんじゃないの?、とか余計な思考が萌えを邪魔する。

□梶ヶ谷ミチル『4年後の不純』
多分、同時発売の単行本の二人の後日譚。
この二人は、合わない…。

□恋煩シビト『われら青春真っ最中』2
ラブホ編。
この3人、どうすんだろ?

□柳沢ゆきお『oritomori』
バレエシリーズ、なのかな?
前作がドS同士カップルだったのに対し、今回はドM同士で後ろ向きの二人…。
だから、前回の二人の方が好みだったけれど、今回は今回で楽しかった。
ところで、テリーの話はまだ?絶対、受けだよね(笑)。

□都陽子『マーブルスモーク』
多分、初めて読む作家さん。
愛煙家同士で、レンタルDVDショップのバイト君と社員さん?
関口さんが、オネエっぽい(笑)。
続きが読みたいな。

□のばらあいこ『ぬるくなるまで待って』
この方も、多分初めて読む…と思う。
最近、もしかして女王様未満の上から目線の先輩受けが流行っていたりするんだろうか…?
二本立て続けに、このパターン(都陽子さんよりは、関係が進展してる)。
しいて挙げれば、逆サイドチュウが新鮮だったな。
こっちも続きを待とう。

□館野とお子『星降るふる』
このために買ったと言っても過言ではない…だって、私は館野さんの奴隷だからね(笑)。
全く話が進んでいないので何とも言えないが、何となく『長い間』と同系統の予感。
無神経なのは、はたしてどっちなのかな?

マイベスト3は、秀さん、アルカリ電子さん、館野さんで。

<作品データ>
・「on BLUE」vol.2(祥伝社)2011.5
on BLUE vol.2 (Feelコミックス オンブルー)on BLUE vol.2 (Feelコミックス オンブルー)
(2011/04/25)
えすとえむ、山中ヒコ 他

商品詳細を見る


vol.3は依田沙江美さん特集で、黒娜さかきさん、SHOOWAさん、四宮しのさん初登場予定。
[ 2011/04/29 21:06 ] magazine&anthorogy 感想 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1396-64906c9c

la aqua vita on BLUE vol.1~2
[2013/04/22 15:24] sac louis vuitton
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。