スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

まほろ駅前多田便利軒 

良い映画だったかと問われると、少し迷う。
でも、もう一度くまなく観返したい作品ではあった。

元々、原作も手放しで“好き”と呼べる作品でないことは、過去のブログの記録に残っている。
男同士の濃密な関係を扱っているにも関わらず、私的には“萌え”すらも希薄で残念だったのだ。
ただ、行天の小指の傷の意味については折に触れ何度も何度も考えてみたが結論が出なかった。
要するに、気になる作品ではあるのだ。

原作では小指切断の回想シーンが強烈だったのに、映画版は随分あっさりサラリと流されていた。
だから、この映画に冒頭からイマイチ入りこめなかったのだが、それすらも計算の内だったのかも。
小説や漫画で切り取ったシーンだけでは忘れがちなんだが、常に行天にはあの小指がある訳で。
映画版では過剰に行天の右手がクローズアップされており、そこに作品の痛みが凝縮されている。
メインキャスト二人の芝居には不満しか残らなかったものの、松田さんの手の演技は雄弁だった。
「真夜中のカーボーイ」におけるダスティン・ホフマンの引き摺る足に匹敵するくらい、凄かった…。
台詞回しも二人の表情も捉えどころが無くて魅力がなかったことすら、計算の内だったのかもね。
ええ、私も途中で気づいて失敗したなと思ったのだが、何より行天の右手を観るべき作品なのだ。

行天と多田の幸福に対する考え方は、永遠に平行線のままだったように思う。
私は原作でもまったく行天に感情移入できなかったのだが、しかし私は行天の側の人間だと思う。
尤も、過去に多田や行天が受けた傷を体験していたなら、この私の意思は違っていたかもしれない。
作中の全ての登場人物に云えることだが、人と人の絆は常に何処でもデリケートな問題なのだ。
唯一絶対の正解など存在しない、と思っている。

多田に関しては、全てを曝け出すシーンで台詞を噛んだシーンが一番印象的だ。
多田役演じる瑛太さんは腕時計と肘と尻を見せるシーンが多くて、行天よりも色っぽかったかな。
二人とも銭湯のシーンで役作りしたらしいメタボ腹を晒していたのは、唯一のサービスカット?
原作読んだ時は多田×行天だったけれど、映画版だと行天×多田に見えてくるから不思議だ。
まあ、でも一番役者としての色気と魅力を感じたのはホシ役の高良さんだったと思うけどね。

ぶっちゃけると、劇場よりもDVDで繰り返し再生したい作品であった。

まほろ駅前多田便利軒 - goo 映画
まほろ駅前多田便利軒 - goo 映画



音楽が一番良かったなあ。
くるり、ってウチの妹がご贔屓のミュージシャンなんだけれど。
私は何となく映画の邪魔になりそうな厭な予感しかしなかったんだけど…。
ごめん、これはパーフェクトに良かったわ(笑)。

[ 2011/04/28 03:16 ] movie | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。