スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

移り香 

運良くテスト販売分を確保できたので、発売日より半月ほど早く新刊を入手。
だからという訳ではなく、今回の感想は完全に設定ネタバレしているので下に下げる。
読み返すと、お祖母さんの台詞がダリアンそっくりで思わず噴き出しちゃった(笑)。
私の兄萌えとフォトグラファー萌えと攻めざまあ萌えの全てがつまった傑作である。
全てのBLファンにオススメ!!

<作品データ>
・可南さらさ『移り香』(陵クミコ・画、プランタン出版プラチナ文庫)2011.5
移り香 (プラチナ文庫)移り香 (プラチナ文庫)
(2011/05/10)
可南 さらさ

商品詳細を見る



弟から向けられる一途な恋愛感情を、たった一人の兄として受け止めてしまう話である。
二人はクライマックスで肉体的な一線を越えるが、その行為と心理状況は奇妙に捩れている。
その捩れは解消されぬまま、即ち弟の恋心は報われること無く次巻へ続く…で終わってしまった。
個人的には待望の新刊だったが、残念ながら今回は既読の雑誌掲載分+ショート一本のみ。
感想を一言でまとめると、我が手に続きを…である(笑)。

予想に反してプラチナレーベルから刊行されたものの、中身はがっつり“シャレード”なのだ。
仕事の状況が芳しくない兄が、弟の助力で起死回生を計らんと奮闘するサクセスストーリー。
しかし、周囲が見えていなかったのは実は兄の方で、彼は結局引き際を迫られることになる訳で。
最後の頼みの綱だった弟からは助力の代わりに、嫌がらせのような意地悪な条件を提示される。
その意地悪な条件こそが、このボーイズラブストーリーの発端ともなるのである。

プロのカメラマンとして活躍中の弟から出された条件とは即ち、ヌードモデルになること。
生真面目で頑なな兄ならばきっと裸足で逃げ出していくだろう、という予測は見事に裏切られる。
周囲から孤立して背水の陣だった兄は、弟の難題を引き受けて毅然と服を脱ぎ始めてしまうのだ。
だがしかし、ただ素っ裸になってカメラの前に立てばヌードモデルの被写体が務まる訳ではない。
カメラマンは被写体の魅力/色気を最大限に引き出して、更に彼の心ごと写し撮らねばならない。
そこで二人の関係は、自ずと淫靡な空気を帯びるようになっていく。

果たして、この二人(兄と弟、カメラマンとモデル)で最高の作品(写真)は生まれたか?
結果は否である…被写体の心を引き出す写真は、撮影者の秘めた劣情すら曝け出してしまうから。
それを恐れた弟は、自ら始めたゲームを降りてしまうのだ。

かねてよりアチコチで私は兄萌えを強く主張しているが、見事に絶妙に理想の兄弟BLだった。
兄は弟の自由を守るためなら全てを捧げるし、弟はそんな天然の兄に一生振り回されるのである。
この先二人が完全な恋人同士になるとしても、その関係は死ぬまで崩れないのが兄弟なのだ。
タブーを犯すことを誇張するのではなく、あくまで兄弟が恋の相手になる過程を真摯に描いてる。
兄と弟、カメラマンとモデル、そして受けと攻め…三層が重なり合って密接しているBLなんだな。
可南さんの作品の中でも、最高の傑作に入るという確信がある。

本編はずっと兄視点で、兄はクライマックスまで弟の感情に思いが至らない鈍感なキャラ。
なのに、読者には手に取るように弟のギリギリの心理状況が分かる構成がまた上手いんだよね。
今年のマイベスト最有力候補なのは言うまでもない。



[ 2011/04/23 23:56 ] novel BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。