スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

永遠なんか知らない 

アンドロイドネタが萌えと言ってみたり、ロボットモノは苦手と語ってみたり…。
我ながら、何でこんな自己矛盾抱えて無駄に生きているんだろうなあと思う昨今です(笑)。
萌えと苦手は案外近いところにあって、これらの対極はむしろ無関心ゾーンにあるのかもね。
この設定の匙加減一つで、私の弱い心は脆く(好き⇔嫌いの)バランスを崩してしまう模様。

さて、密かに楽しみにしていた運び屋シリーズ第二弾もとい完結編。
前回であっさり“天国”を拒絶した彼らは、“永遠”という時間感覚をもきっぱり無効化してきました。
潔いけれど、この突っ撥ね方は逞しいと思う一方、心の何処かに亀裂が入った気持ちになります。
時間の流れは、人間同士でも人間と動物の間でも違うのが当り前という現実をどう弁えるべきか?
納得は出来なくても何処かで折り合いを付けねばならないことで、そんな悩みと向き合う顛末です。
面白いのは、本来“成長”しない筈のクリスの“心”が逞しく育っていく過程を描いてる点にあるかと。
いつぞやも語りましたが、蓄積されたメモリーこそが彼の存在の確かさに繋がっていくのでしょうね。
読み込むだけでなくて、移植するだけでなくて、あらゆる環境から刺激を受けて直接向き合うコト。
ソレが大事なんだよね、と。

ところで、クリスは命令系統の優先順位を間違わない子なので今は信頼出来るアンドロイドです。
少なくとも、リアンと共同生活し続ける限りで彼が己のポジションに疑問を持つことは無いでしょう。
じゃあ、その後は?と考えてみましたが、リアンとの記憶が消去されない限り大丈夫な気がします。
じゃあ、別の“人間”によってメモリーの消去を強制されそうになった場合は、どうなんでしょう…?
彼はロボット3原則に抵触する動きを見せるかな?それとも…等と意地悪な妄想を始めてしまう私。
いや、この課題はまた別の機会に考えれば良い蛇足の話でしたね。

近日中に手に入るであろう、グラマラス・ゴシップはどうなるかな?
ナハハ!実はこっちも凄く楽しみなのです、という話でした。

<作品データ>
・清家あきら『永遠なんか知らない』(山田睦月・画、新書館ウィングス文庫)2010.10
〈運び屋〉リアン&クリス 永遠なんか知らない (新書館ウィングス文庫)〈運び屋〉リアン&クリス 永遠なんか知らない (新書館ウィングス文庫)
(2010/10/09)
清家 あきら

商品詳細を見る



これ読むと、やっぱりテクノサマタさんのあの話を読み返したくなる~。
いつかまた、紹介のチャンスがありますように!

前回リンク貼ってたみたいなので、今回は割愛します。
[ 2010/10/24 03:29 ] novel 非BL | TB(1) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/10/26 21:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1358-67445d4f

la aqua vita 永遠なんか知らない
[2013/04/22 15:48] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。