スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

黒衣の税理士 

人から「どんな映画が好きです/でしたか?」という質問を受けると、非常に困るタイプである。
同様に「どんなBLが好きですか?」という質問にも、必要以上に深刻に悩む優柔不断なA型の私。
甘いのも辛いのも、痛いのも抱腹絶倒モノも、歴史モノも(近)未来モノも現代モノも基本は大好き。
とはいえ、ジャンルを越えた“好み”のベースというのは勿論あって、ソコを突き詰めるのが難しい。
つまり、私がしょっちゅう口にする“いかにもシャレードらしい”作品というのが、ソレなんだけれど。
ちゃんとちゃんとのお仕事描写もさることながら、全てのキャラ達の有機的な“関係”が堪らない。
それは受け、攻め、当て馬、ライバル、噛ませ犬といったBLにおける属性配置のことではなくて。
主人公に対して、あるいは彼の恋人に対して、夫々が豊かな人間関係を育む過程が楽しいのだ。
思えば映画も、特定ジャンルではなく人間関係が持続的に有機的に繋がってる作品が好きだった。

さて、という訳で本日は久々に私的スマッシュヒットだった海野さんの新刊。
今まで読んできた海野さんの作品の中では、圧倒的に萌えたし、楽しかったし、無我夢中で読んだ。
是非続編出して欲しい…というか、続編が出なければネタが回収し切れていない半端な作品だ!

放漫経営気味だった零細下請け中古車販売会社に、“活”を入れる黒衣の税理士の奮闘記。
彼の鶴の一声をきっかに、着流し着物姿のグータラ(笑)社長の心に飼っていた龍は目覚める訳で。
ああ、痛快!!一方で、社長の意外な一面に心絆され恋に溺れてグルグルする主人公も萌える~♪
従業員の面々も個性的だが社長を中心に一致団結し、そんなアットホームな空気が大変心地良い。
擬似家族的絆の強い彼らの仲間の一員として、主人公も受け入れられていく過程が堪らない。
まだまだ前途多難な要素は多そうだし、続編で彼らにまた再会したいと思える魅力的な作品だ。

とはいえ、コレは商業作品。
何はともあれこの作品自体が、一定以上売れてくれないことには後が続かないよね…。
人気が出ると良いなあ。

<作品データ>
・海野幸『黒衣の税理士』(麻生海・画、二見書房シャレード文庫)2010.8
黒衣の税理士 ((二見書房 シャレード文庫))黒衣の税理士 ((二見書房 シャレード文庫))
(2010/07/21)
海野 幸

商品詳細を見る



以下は、↑と全く関係ない余談。
私が今でも諦めきれずに続編を待っている擬似家族モノと言えばこの作品。
意外だとのリアクションを頂くことが多いのですが、魔鬼さんの作品も基本的に好きだったんだ。
まあ、この方もシャレード作家さんだったしね……。

終わっていないように見える話を待つのは、非常に辛いです。

傍に在るなら、犬のように (プラチナ文庫)傍に在るなら、犬のように (プラチナ文庫)
(2003/03)
魔鬼 砂夜花

商品詳細を見る
[ 2010/07/28 23:52 ] novel BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1341-df431009

la aqua vita 黒衣の税理士
[2013/04/22 16:10] sac louis vuitton
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。