スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SHERLOCK HOLMES 

まずは、女王様<受け>名探偵ホームズを演じるロバート・ダウニー Jr.は完璧だった!
やっぱり上手いなあ、鮮烈かつ強烈でアクティブなホームズを怪演、すっかり彼の虜である。
ワトソン役のジュード・ロウが濃ゆい美形キャラだから、飲まれそうだなと心配していたのだ。
杞憂だったヨ!てか、逆にジュード・ロウはいつものアクの強さを抑え気味に演じていたかも。
この手のバディモノにありがちな、クール×破天荒のクール側の突っ込み役だったからね。
どうもこの二人の意味深に濃厚な男同士の関係は、監督的にも役者的にも公式らしいので、
今日は腐脳全開だよっ!!(笑)

が、しかし残念ながらこの監督さんの演出技法は正直シュミじゃなかったなあ。
リアルマンファイトの格闘アクション映画は、映画ジャンキーの時代から不得意分野だったし。
カンフー映画が大好きな友人がいたけれど、私はああいうシーンは正直極力見たくないんだよね。
屠殺現場シーンもしかり…露悪的にセンセーショナルな映像をこれでもかと過剰に見せるタイプで、
ガイ・リッチー監督作品は多分初めて観るんだけど、このセンスは私はあんまり好きになれないな。
ミュージック・クリップ的で芝居よりも映像イメージを焼きこんじゃうタイプの映画だったと思う。
そう、夫々の登場人物達のアクロバティックな掛け合いは楽しいのだけど、物語の印象は逆に薄い。
推理のつもりで買ったゲームソフトが、実は格闘アクションゲーだったみたいな気持ちに少しなる。
ミステリとしては、正直非常につまらない……。

アイリーン・アドラーとワトソンの婚約者であるメアリーの、派手女×地味女の対比は良かった。
殊にアイリーンは妖艶な魔女というより女の形をした“漢”そのものの力強さがあって、心惹かれた。
実はワトソンよりもアイリーン×ホームズの方が、私の期待するヤオイっぽい関係を感じていたり…。
二人の関係は常に対峙しつつ惹かれあいつつ互いの領域は踏み越えないが、私の理想型だから。
ワトソンはちょっとホームズのオカンみたいになっているからなあ。

ちなみに、某M教授もホームズ同様<受け>なので、互いに相容れない存在なんじゃないかな、と。
実は、今回の最大の不満はキャラ的にM教授の足元にも及ばなかったブラックウッド卿にあったり。
やることなすこと予定調和的で端からバンバン画面に登場するから、不気味な犯人像が削がれる。
『羊たちの沈黙』などでレクター博士を知ってしまった身としては、非常に小粒で物足りないのだ。
うーん、残念。

とまれ、冒頭に戻るけれど、ロバート・ダウニー Jr.のホームズは本当に素晴らしかった!
『緋色の研究』の頃の天才と何とかは紙一重そのままな“奇人”キャラっぷりが一番の見所かと。
あと、キングス・イングリッシュはやっぱり聞き取りやすいな、と。
ゴチでした~♪


シャーロック・ホームズ - goo 映画




作りかけの橋の上のアクションは、「帝国の逆襲」へのオマージュという解釈で良いのかな?
あと、螺旋階段を上から意味深に見下ろすシーンが何かを彷彿させたけれど、思い出せない。
まあ、割とサスペンスやホラーでよくある撮り方なんだけれど。
[ 2010/03/18 21:51 ] movie | TB(4) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1306-049f8006

 ゴールデンウィークいかがお過ごしですか。たまっていたブログを書かなければ。と言うわけで今回は2週間前に観たシャーロック・ホームズです。
[2010/05/04 00:43] よしなしごと
[シャーロック・ホームズ] ブログ村キーワード  『名探偵と言えば誰?』と聞かれて、真っ先に思い浮かぶ名前はシャーロック・ホームズではないでしょうか?その名探偵がこの春、大スクリーンに登場!「シャーロック・ホームズ」(ワーナー・ブラザース)。主演、ロバ?...
エンドロール風に作ってみました。なんとなくこんな感じだったかな。監督がガイ・リッチー、ホームズ役にロバート・ダウニー・Jr、ワトソン役はジュード・ロウ揃えてきましたね。シャーロックホームズは名前くらいしか知らなくて、ジェントルマンな探偵なのかと思ってました
[2010/03/20 13:57] 幕張コーポ前
「シャーロック・ホームズ」(Sherlock Holmes)2009年イギリス映画。ガイ・リッチー監督。日本公開は2010年3月12日。初日に字幕版を、翌々日(14日)に吹替版を観てきた。シャーロック・ホームズといえば世界で最も有名な探偵の一人。しかしながらミステリ読みの端くれと...
[2010/03/19 09:18] 月と凌霄花
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。