スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

猫が箱の中&こめかみひょうひょう  

すっごく迷いましたが、本日は雁須磨子さんの感想二本立て。
私が萌えて萌えて辛抱堪らないのは『こめかみひょうひょう』の方なんですが、こちらは後で。
まずは『猫は箱の中』…CRAFT掲載なので、当ブログに一部感想ログが残っていたりします。
ざっと、おさらいしてみましょう(て、手抜きじゃないよ!むしろ、リンク貼るの面倒だった…)。

□雁須磨子『猫は箱の中』第2話2007/07/22
>先輩が、「おお振り」の準君に似てる♪
>だけど、後輩(主人公)の方のビジュアルはあらゆる意味でアレでいいんだろうか?
□雁須磨子『猫が箱の中』第4話2008/01/20
>全くもって話の筋が良く分からない…この作品はBL?今後BLになるの?
□雁須磨子『猫が箱の中』第5話2008/07/21
>私は、雁須磨子さんの大ファンだった筈なのに…このシリーズは全く意味が分からない物語です。
>田中鈴木さんの「神野紫」シリーズと同じくらい、読んでいるのに内容がさっぱり把握できません!
>本当にBL?誰と誰がメインなの?
□雁須磨子『猫が箱の中』第6話2009/01/20
>この漫画ほど、先の展開が全く読めないのもスゴイなあ。
>今回でようやく分かってきたのですが、読者を選ぶ“地雷”設定がいくつか埋め込まれていますよね。
>どうケリつけるんだろう?
□雁須磨子『猫が箱の中』第7話2009/04/18
>確かに、そのシュレ箱は知っちゃいけなかったのかもしれない…。
>今まで、ずっとこの物語のテーマが分からなくて困惑ばかり感じていたのですが、ようやっと判明。
>てか、その可能性は危険だから私の脳内で勝手に蓋をしていたので、話が見えなかったのでした。
>今回ようやっとボーっとした主人公が“自覚”したので見えてきましたが、とても茨道な設定だわ。
>単純に時間を動かしちゃえばどうってことない顛末なんだけど、雁さんは真っ向勝負する気みたい。
>えーと、とても読者を選ぶ話だと思います…私も彼らをちゃんと受け止めきれるか自信が無い。
□雁須磨子『猫が箱の中』第8話2007/07/21
>>単純に時間を動かしちゃえばどうってことない顛末なんだけど~
>↑は、前回のマイコメント…動かさないと思った時間を動かして、サクッとケリつけてました、ハイ。
>しかし、このネタは単行本化されるかなあ?絵も設定もキャラも、とても読者を選ぶと思います。



かように、おそろしく頭の悪そうな読者の感想がここに羅列されております(笑)。
第6話でようやく物語の導線を辿れるようになり、第7話で展開を結末を予想しつつ見事大外れ…。
連載当初は受け⇔攻めは勿論のこと、誰と誰がどうなるのか皆目見当付かなかったアホがココに。
本日はファンと豪語する割に話がまるで見えなかった読者の、2年半に及ぶ赤っ恥大会ですよ!
コミックスお持ちの方は、是非是非私の“混乱”をほくそ笑みつつ再読してみて下さいませ。

とまあ、作者にここまで手のひらで転がされた作品も非常に珍しい。
換言すると、優柔不断な主人公が箱の中の猫の可能性を確かめてしまった為に生じた人生劇場。
それは寝かせたままの方が彼の人生は平穏無事だったかもしれないが、そうは問屋が卸さない。
一番気づいちゃいけないルートの可能性を知ってしまったら、もう波乱万丈コースが確定してしまう。
6歳差はBLでは珍しく無いけれど、それが高校生と小学生となると我々は不穏な気がしてしまう。
そんな読者の無意識の感覚/錯覚を、逆手に取ってしっぺ返しをくらわすようなBL漫画だったのだ。
雁須磨子、侮るべからずである。

だから畢竟、大人になってからの二人の物語は描かれないんだと思う。
予定調和的に安定しちゃうだけだからさ……あくまで、波乱の序幕に全てを賭すか否か、なのだと。
萌えを度外視して優柔不断を貫くダメな主人公の、何処までもラディカルで異質なBL作品だった。

<作品データ>
・雁須磨子『猫が箱の中』(大洋図書ミリオンコミックス)2010.3
・雁須磨子『こめかみひょうひょう』(大洋図書ミリオンコミックス)2010.3
猫が箱の中 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 35)猫が箱の中 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 35)
(2010/03/01)
雁 須磨子

商品詳細を見る


こめかみひょうひょう (ミリオンコミックス Hertz Series 75)こめかみひょうひょう (ミリオンコミックス Hertz Series 75)
(2010/03/01)
雁 須磨子

商品詳細を見る



さて、こちらは私がボロボロに泣けた短編集。
「こめかみひょうひょう」のⅠと『本日はお疲れの御様子』の前編は、間違いなく既読である。
表題作はHERTZだとして、もう一つが何処で読んだのか思い出せなくてもどかしい今日この頃。
かなり前で、何とかカタログだった気がしなくもなく…草間さんと一緒に読んだ気がするのよね。
メロメロでした……vol.1買ってたよ……割と最近の作品だった……己の記憶力に絶望中……。
物凄く勘違いしてるかもだけど…初出一覧欲しかったな。

□こめかみひょうひょうⅠ~Ⅲ
禍福は糾える縄の如し
えらくセンシティブな受けである…家族総出で辛酸を舐めた過去があるから余計なんだろうけど。
とはいえ、そんな感受性豊かな橘高が片恋相手に無神経な発言をするのがこの物語の肝でもある。
大抵のBLでは無意識にスルーするであろう一言を、無視しないのがこの攻めのかっこよさである。
何処までもネガティブに自己完結していく橘高を相手に、真っ直ぐ眼差し続ける芳野が良いなあ。
高校生とはいえ、彼をみだらに甘やかさない真の意味でカッコいい攻めを久々に拝めた気がする。
この作品が好きな方は、山田ユギさんの『キビしいのである』もきっと美味しく感じられる筈。

□光る男
思わずツィッター上で萌え叫んでしまった受け×受けCP~♪
最終的には童顔長身×髭面ツンデレの方でよろしくお願いしたいトコロ(笑)。
手塩にかけて育てたマイ・フェア・ボーイに食われるのはBL界の受けの夢であり本望だよね?

□見えてるのかな
コレも実は読んだ気がしなくもなく…てか、これはメガネカタログだよね?多分…。
この話は多分メガネ@度近眼が攻めだけど、個人的にはリバってくれても無問題な二人である。
この辺りでようやく自覚してきたけど、雁さんとは受け⇔攻めのベクトル一致率が高いんだ、私。

□カドをとられた方が負け その1~2
一番好きです!受けが!!
著者ご本人も仰っていらっしゃるとおり、受け度数がMAXに近いスペックの高い受けだと思う。
それ故、また大好物の潮騒的ハードルが用意されている訳で、辛抱堪らない萌え作品である。
この作品が好きな方は、絶対京山あつきさんの『~テニスボーイ』も美味しく頂ける筈だ。
宿命の越えられないライバルは、彼の至上の“受け”なのである(笑)。

□めあたらしい日々
もしかしたら、この世はこの手の作品から“規制”しようとしていくのかもしれない…。
情緒や想像力を培う土壌を破壊して、“見た目”で作品の質を審判するなど世も末だと思う。
愛しい人の為に一生懸命であることに、老いも若きも男も女も本来差は無いはずであろう。
私は彼の彼にまつわる恋の話が大好きだから、その為に昨今の条例案には断固抵抗するゾ。
ツンツン高校生が可愛いな、と。

□VS 幼馴じみ
BLなのに、何でこんなに“友情”の暖かさに涙ぐむんだろう…?
理解も納得も直ぐには出来ないであろうに、己の混乱を封じて親友の側に立つ優しさが堪らん!
一触即発の危機的状況にハラハラしながらも、事なきを得たことに心から安堵してしまうのよね。
何度読んでも、ハラハラ→安堵を繰り返す話である。

□スローライフスローブギー
勃たないオヤジは食えないオヤジであった、みたいな話か?
この話も受け⇔攻め不確定なんでどちらもアリなんだけど、オヤジが攻めでFAじゃないかなあ?
雁さんとはCPベクトル一致率高いし、何よりED攻めは割と私の中で理想の攻め型だからさ(笑)。
あー、お友達界隈からはまた全面否定されそうな発言してしまったかも。

□本日はお疲れの御様子 前後編
私にとって阿佐ヶ谷や高尾即ち中央線がまだ身近だった頃に、読んでいたと思うのよね。
昔読んだ時も、高尾帰るのに阿佐ヶ谷が止まる各停使ってる攻めの忍耐力にビックリしたんだ。
で、23区内のお友達うんちゃらの台詞も既視感があって…あれ?てことは後編も読んでるのか。
兎も角、私が雁須磨子さんと同じくらい大、大、大好きな館野とお子さんの『長い間』と同様、
過去に告白してきた相手が今も自分を好きかもしれない…と自意識過剰な思い込みをする。
そんなズルいヒロインを、紆余曲折を経て攻め王子が改めて救ってくれる都合の良い話なのだ。
おそろしいのは「こめかみ~」の自意識過剰発言が、ここでしっぺ返し的に跳ね返ってくる所。
基本的にハッピーエンドのBL短編集なのに、一歩間違えると暗い溝に落ちるから怖いんだよね。
一途に真面目に恋愛することは、決して磐石でも安全な道では無いことを思い知らされる訳で。
それは兎も角、この二人は逆でも良いし今後リバってくれても無問題である(笑)。

読書メーターにも書いたけれど、怖ろしいまでに今年はBLコミックスの当たり年である。
予告通りなら、四月に館野とお子さんも控えてる…もう、一生分の運を使い果たしている気がする。
[ 2010/03/05 20:58 ] comic BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。