スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ねこになりたい 

今日は久々に偏頭痛を患い、アンニュイな気分を引きずったままの一日だった。
そしてふと、ここ数年間この“偏頭痛”こそが私の春の風物詩になっていることを今思い出した。
人生山あり谷ありとはいえ先々のことを考えると、本当に目の前が暗くなっていく一方なんだよね。
保険料も上がるしな…気候の変化は勿論のこと、私の場合は誕生日が刻一刻と近づく時期だから、
メンタル面でも気鬱になることが多いのだ…年末年始の慌しさは平気なのに、年度始まりは嫌い!

でも、ふみはそんな哲滋の誕生日を心から祝ってくれるんだよね…。
なまじ自分の誕生日と重なっているものだから、こんな些細なエピソードにすら心奪われてしまう。
てか、どうにも心がグラグラ状態だったから、正直に言うとボロボロに泣いてしまったんだけどね。
高校生って、未熟で自由で不安定で間抜けで…だから、眩しいばかりに偉大だなあ、なんて(笑)。

という訳で、本日は私が一日千秋の思いで待ち焦がれていた平喜多ゆやさんの初コミックス。
感無量…今年のマイベストでほぼ確定!(と言いつつ、4月の館野とお子さんが引っくり返すかもw)
この方はネームが良い!独特の青臭いビート(リズム)がね、ズンと私の心臓に入ってくるんだな。
当ブログで何度も繰り返しているけれど、私のBLの萌えの原点に近い場所にいる作家さんなのだ。
今となっては本当に貴重で稀少で、私の為のBLが残っていることがホントーに嬉しくて堪らない。
多分、落ち込んだ時にこれからも何度も何度もしつこく読み返す私の常備BL本になっていくと思う。
ただ、シンプルに私が好きで好きでしょうがない作風なんだけれど、多くの方に読んで貰いたいな。
私の言葉がどの程度信頼して頂けているのか皆目見当つかないけれど、心から本気でオススメ♪

□今度のにちよう日
ふみ→哲滋
□ねこになりたい
ゆき→梓
□またたき、ふたつ
梓×ゆき→哲滋×ふみ→梓×ゆき
□あめあがり
哲滋→ふみ

双子の高校生シリーズ。
見た目はそっくりだけど、気質はプラス⇔マイナスで逆ベクトルを向いているツインズの恋の話。
落ち込んでいる相手に、元気の素を双子同士や恋人同士で分け与えて恋がすくすく成長していく。
そんなやさしいスクウェアな関係に、年甲斐もなく心がギュッと痺れるんだな。

□恋するブックワーム
麗人掲載だそうだ。
面倒くさそうな黒髪メガネツンデレっ子の中身を、トロトロに溶かしちゃう話だな~♪
この作品に限らず、平喜多さんのネームは必ずパートナーにとっての地雷キーワードが出てくる。
その彼のテリトリーを侵して尚“好き”を貫くのだ…つまり、私が大好きな潮騒シチュなんだよね。

□the hollowing out
著者デビュー作で、多分このブログで感想書いている筈。
攻めよりも、ややメタボリック体型な当て馬がBLじゃ珍しいタイプだったので、印象的だった。
彼の存在が…というか、彼との一夜があったからこそ次の恋愛ステップ進める展開が何とも痛快。
投稿作だったらしいけれど、確かにこの作品からも今に繋がる光る個性が感じられる一品。

□Wデート
梓+哲滋→ゆき+ふみ
なんちゅーか、双子がラブラブしてる(笑)。

ご馳走様でした!

<作品データ>
・平喜多ゆや『ねこになりたい』(幻冬舎バーズコミックスルチルコレクション)2010.2
ねこになりたい (バーズコミックス ルチルコレクション)ねこになりたい (バーズコミックス ルチルコレクション)
(2010/02/24)
平喜多 ゆや

商品詳細を見る




上で書けなかったけれど、陰のヒロインはやっぱり表題作のマリたんでしょう(笑)。
某ニャンコ先生ばりに貫禄のある、猫離れした(デカ)ニャンコたん~♪ニャンコ派も必見!
[ 2010/02/25 22:20 ] comic BL | TB(1) | CM(4)
こんにちは!yoriさん。
コメントレスをすぐしようと思っていたのに、TLでお分かりの通り雁さんの方に意識が飛んでしまって遅れました、ハイ。
お気に召して頂けて、我がことのように嬉しいです。
メタボ君の彼、不気味だけど+αで憎めない個性と言うか魅力がありますよね?
私は最近はたまにしかルチル買っていない筈なのに、実は殆ど既読でしたけど(笑)。
本当に奇遇です。
ディアプラスの掲載作も大変オススメなので、こちらも単行本化されたら是非読んでみて下さいませ~。
[ 2010/03/03 08:28 ] tatsuki [ 編集 ]
見事に布教された一人でございます(笑)

どの話も面白くて素敵でしたが、とにかくデビュー作の異質さといったら!!
私はあの作品をどうしてかはまったく覚えていないのですが、掲載時に読んでいるのですよ。あのメタボ気味の当て馬青年の不気味さ(優しさ?)と存在感といったらなかったです。しかもヤることはちゃんとヤるし!
双子ちゃんの話もどこかで読んだことあるような設定なのに会話のテンポや間が独特で面白可愛かったです。良い作家さんを教えて頂きました♪
[ 2010/02/28 23:38 ] yori [ 編集 ]
こんばんは!みさか。さん。
初めまして、ですよね?コメントありがとうございます。
そう!胸がきゅーっとなりますよね、可愛いのに言葉(ネーム)が心を揺さぶってくるのです。
私も実はディアプラスの短編の方がグラグラさせられるのですが、このコミックスも素晴らしかったの一言であります。
マリたん可愛すぎるしww
デビュー作も突き抜けた要素があって、何か一味違いましたよね?
絶賛、布教中です。
しつこくしつこく、今はこの方の作品の素晴らしさについて語りたくてしょうがない感じです。

ではでは!
[ 2010/02/28 22:31 ] tatsuki [ 編集 ]
ディアプラで短編を読んだときに
キューッと惹かれて、
コミクスを楽しみにしていました。

やっぱり素敵なお話しをかかれていて
すごく嬉しかったです。
私もいろんな人におすすめしたいと思いました!!
青臭いんですけど、白々しすぎなくて
なんだかすっと心に入ってくる感覚です。

そして、
投稿作のあの当て馬さんは、印象深かったですね。笑
シュールでした。


カバー下のマリたん出会い話もよかったです。
おにぎり!!!
[ 2010/02/25 23:30 ] みさか。 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1298-dbdaab2a

la aqua vita ねこになりたい
[2013/04/22 15:10] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。