スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レイニーシーズン 

J庭で幾度か同人誌を購入したことのある作家さんの、待望の単行本。
私がオススメするのは畏れ多いとまで思ってしまうくらいに、好き過ぎて言葉が上手く出てこない。
同人誌の再録で収録点数が多いので、個別感想ではなく作風についてつらつら書き出ししてみる。
具体的な初出表記は無いけれど、ゆっくり少しずつ長期間に渡って描き溜めてきたものだと思う。
が、作風は一貫して多感で孤独でそれ故に少し不安定な少年/元・少年の瑞々しい成長譚である。
BLというよりはジュネであり、ジュネ未満のジュブナイルファンタジー風味なテイストの作品も多い。
兎に角、何度も何度も繰り返し読み込んで、心にしかと噛み締めたい珠玉の短編集である。
…もう、何もかもが懐かしくて素晴らしい風景に満ちている。

昔の日本には、私達の少し前を歩いてくれるエキセントリックでかけがえのない人がいた気がする。
所謂、水先案内人というか先達に当たるのかな?ちょっと変で、だから逆に憧れてしまうような人。
大人になったら、なんで当時の私は彼(女)に翻弄/影響されまくっていたのかなとも思うんだけど、
先行きの見えない不安な思春期を生き抜く為には、確かにその人は当時の私には必要だった訳で。
まあ、人間に限らずそれは小説や漫画やゲームや映画といったフィクション世界にも通じていて、
尤も、現実の私は今と変わらず前者よりも後者から生きる糧を摂取していた度合いが強いけれど。
でも、遥か昔の記憶の断片に、そういう“存在”と認識していた人は私の中にも何人か実在する。
そして、現在の私の“お兄ちゃん”萌えは、もしかしたらこの記憶と連動しているのかもしれない。

時代は変わり、個人主義が称揚され、こういった存在は絶滅の危機に瀕しているように思う。
今の子供達が暗い道に直面した時、打算抜きに灯りを燈して前を歩いてくれる人っているのかな?
邪魔くさいなと内心思いつつも、それでも近くの子供と一緒に遊んでくれるお兄ちゃんっている?
血縁関係とか社会的責任とか抜きにして、ただ子供と楽しむために自分も遊ぶ年長の“お友達”。
ケータイとかオンライン上じゃなくて、ちゃんと寂しい時に手をしっかり繋いでいてくれる人。
昨今はフィクションでもこのタイプが殆ど登場しないから、現実はもっと絶望的なんじゃないかと。
とはいえ、私は子供と接する環境にいないから社会的状況がどうなってるのか分からないのだけど。

この作品には、そんな“お兄ちゃん”が何度も登場する。
双子も、男やもめのご隠居さんも、猫も、みんな寂しさを抱えて生きている。
友人や片恋相手に一心不乱に想いを伝えようと必死な彼らの姿が、涙を誘うのだ。
ははは、私はこの手の作品にはとことん弱い…。

<作品データ>
・四宮しの『レイニーシーズン』(ふゅーじょんぷろだくとBaby comics)2010.2
レイニーシーズン (POE BACKS Babyコミックス)レイニーシーズン (POE BACKS Babyコミックス)
(2010/01/23)
四宮 しの

商品詳細を見る



タレーランのコーヒーの格言が、この作品にも登場。
曰く、「悪魔の如く黒く 地獄の如く熱く 天使の如く清らかで 恋のように甘い」
(これが引用されていた別作品は勿論アレですよ…来月のシャレード文庫が楽しみだ~♪)
他にも詩的な美しいモノローグが多く、私が取り返しのつかないレベルで愛したい作品だった。
だから、現実がいかに辛くても目下の私は幸せである。
[ 2010/01/21 22:42 ] comic BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1290-00e1b32a

la aqua vita レイニーシーズン
[2013/04/22 15:00] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。