スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2009年マイベスト 

今年も残すところあと数時間。
本年はブログ更新に関しては本当に反省しきりの、ダメダメの1年でした。
旧PCはとうとううんともすんとも動かなくなって、おニューのミニノートに切り替えてから早2ヶ月。
この時から現在にいたるまで、本当にめっきり更新ペースが落ちちゃって何とも心残りです。
まあ、書けない時は無理して書くものでもないとは分かっていますが、来年はもう少し何とかしたい。
読書量も主にツィッターの所為で大分落ちました…オンラインゲームのようなジャンキーぶりです。
でも、やっぱりツィッターで広がる世界は面白くて、新しくて、何処かワクワクするのですよねー。
何はともあれ、今年も愛想尽かさずにお付き合い下さった皆々様には、大感謝なのでございます。
来年もどうぞ引き続きご贔屓にして頂ければ幸いです。

尚、私は今回も正月帰省に尽き、更新は勿論コメントレス拍手レスもリアクションが鈍くなります。
その代わり、今回は割とツィッター上にいる可能性高いので、お正月も遊んでください~♪

さて、続きは恒例の私的ベスト。
コレが毎年私のを読んでも面白いと思う人なんていないんじゃ~と、不安になるエントリーです。
多分、ブログ自体がチェック出来なくなる環境になるから、余計なのかもしれません…。
まあ、今年を振り返るという私的備忘録の面もあるから、今年も一人で勝手に続けますけどネ(笑)。
実はノミネート最多の某作品が、全てトップを逃すという…実にアカデミー賞的展開でした。
いや、狙った訳じゃなく、今年はたまたまそうなったの。
漫画は今一歩惜しい作品が多くて、候補を挙げる段階ですごく悩みました。
トップは読書メーターで2回、ブログ、ちるちるさんと併せて4回もレビュー/感想を書いたアレ。
ウチのブログ読んで下さってる方には、さぞかしバレバレだったろうなあと思いますが、ソレはソレ。

という訳で、皆様良いお年をお迎えくださいませ~。




【小説作品賞】
 ◆和泉桂『貴公子の求婚』(佐々成美・画、大洋図書シャイノベルス)2008.12
 ◆久我有加『君を抱いて昼夜に恋す』(麻々原絵里依・画、新書館ディアプラス文庫)2009.10
 高遠琉加『唇にキス 舌の上に愛』(麻生海・画、二見書房シャレード文庫)2009.5
 ◆谷崎泉『真音』1~2巻(麻生海・画、幻冬舎リンクスロマンス)2009.5、11
 ◆夜光花『忘れないでいてくれ』(朝南かつみ・画、幻冬舎リンクスノベルス)2009.9

<総評>
 順位つけるなら3-4-1-2-5
 和泉さんのは2008年だけど年末発売で、去年のベスト選定後に読んだので今年に入れる。
 今年の作品じゃなかったので候補を除外した凪良さんの『恋愛犯』も、私的衝撃作ではあった。
 真音とレストランは本当に最後まで迷った…けれど、私らしさを重視して昨年に引き続いての大賞。
 ま、何も無いのだけどね…私の心の奥で拍手喝采~♪

【主演攻め賞】
 ◆蘇芳@和泉桂『貴公子の求婚』(佐々成美・画、大洋図書シャイノベルス)2008.12
 ◆須王@夜光花『花の残像』、『花の慟哭』(高橋悠・画、竹書房ラヴァーズ文庫)2009.6、10
 ◆富樫@谷崎泉『真音』1巻(麻生海・画、幻冬舎リンクスロマンス)2009.5
 ◆千秋@かわい有美子『いとし、いとしという心』(南田チュン・画、リブレ出版ビーボーイノベルス)2009.6
 秦野@夜光花『忘れないでいてくれ』(朝南かつみ・画、幻冬舎リンクスノベルス)2009.9

<総評>
 順位つけるなら5-2-3-4-1
 上からヘタレオレサマ、カリスマリーダー、カリスマオレサマ、執着攻め、ヘタレ
 毎度のことですが、ここは露骨に私の好みの男が反映されてるのが地味に恥ずかしい(笑)。
 迷ったのは西江さんのナルシスト…面白いキャラだったけれど攻めの資質がやや劣るので落選。
 受けよりは楽に候補が埋まる。
 
【主演受け賞】
 ◆進藤@谷崎泉『真音』1~2巻(麻生海・画、幻冬舎リンクスロマンス)2009.5、11
 ◆姿慧@水原とほる『金色の竜を抱け』(高階佑・画、徳間書店キャラ文庫)2009.10
 ◆@夜光花『花の残像』、『花の慟哭』(高橋悠・画、竹書房ラヴァーズ文庫)2009.6、10
 ◆八束@久我有加『君を抱いて昼夜に恋す』(麻々原絵里依・画、新書館ディアプラス文庫)2009.10
 与助 @久我有加『君を抱いて昼夜に恋す』(麻々原絵里依・画、新書館ディアプラス文庫)2009.10

<総評>
 順位つけるなら5-4-1-2-3
 上からクールツンデレ、クールツンデレ、健気姫、クール男前、クール男前
 僅差でランキングから落としたのは、砂原さんのメランコリック・リビドーの千夏史。
 与助はずるい…と自分でも思うけれど、1シーンで全てをさらっていた男前に抗う術もなく。
 受け、攻め共に作品大賞キャラを候補から落とした理由は↓に行けば判明するかと。 

【助演賞】
 ◆英介@西江彩夏『恋愛・教師~Color of Snow~』(麻生海・画、リブレ出版ビーボーイノベルス)2009.10
 加瀬@凪良ゆう『夜明けには優しいキスを』(高階佑・画、白泉社花丸文庫BLACK)2009.7
 ◆サメ@谷崎泉『真音』1~2巻(麻生海・画、幻冬舎リンクスロマンス)2009.5、11
 ◆塚本@夜光花『忘れないでいてくれ』(朝南かつみ・画、幻冬舎リンクスノベルス)2009.9
 ◆槙原@谷崎泉『真音』1~2巻(麻生海・画、幻冬舎リンクスロマンス)2009.5、11

<総評>
 順位つけるなら2-1-5-3-4
 今年の助演賞候補はサメさんを除いて皆、スピンオフがありそうにも見える男共になってしまった。
 思うに、西江さんも凪良さんも脇役の描写が濃い(魅力的な)のが最大の強みなのかもしれない。

【挿絵賞】
 ◆麻生海@谷崎泉『真音』1巻(幻冬舎リンクスロマンス)2009.5
 ◆金ひかる@西江彩夏『ナルシストの憂鬱』(リブレ出版ビーボーイノベルス)2009.5
 紺野キタ@須和雪里『花芽と狼』(蒼竜社ホリーノベルス)2009.10
 ◆高階佑@和泉桂『タナトスの双子』1912、1917(大洋図書シャイノベルス)2009.12
 ◆夏目イサク@いつき朔夜『初心者マークの恋だから』(新書館ディアプラス文庫)2009.9

<総評>
 順位をつけるなら3-4-1-5-2
 花芽と狼は素晴らしい物語だけど、どうしてもBLには思えなかったので作品賞候補からは外した。
 麻生さん高階さんは他の作品でも素晴らしい挿絵が多かったので、かなり最後まで迷いました。
 イサクさんは正直小説とキャラのイメージが違うんだけど、ポップな挿絵に心惹かれたので。

【ベストカップル賞】
 久我×理人@高遠琉加『唇にキス 舌の上に愛』(麻生海・画、二見書房シャレード文庫)2009.5
 ◆蘇芳×朝家@和泉桂『貴公子の求婚』(佐々成美・画、大洋図書シャイノベルス)2008.12
 ◆東宮×住吉@藤代葎『焦燥』(麻生ミツ晃・画、大洋図書シャイノベルス)2009.5

<総評>
 去年はトンチキ主従愛一択でしたが、今回は3本。
 攻めも受けもお気に入り、且つ二人の絆に心からエールを送りたいBLは案外少ないことを実感。
 エールというか、正直に白状すると個人的萌え指数のバロメーターが突き抜けた3本です(笑)。

【漫画作品賞】
 ◆井上佐藤『子連れオオカミ』(竹書房バンブーコミックス麗人セレクション)2009.2
 ◆菊屋きく子『やましいからだ』(大洋図書ミリオンコミックス)2009.7
 ◆紺野キタ『日曜日に生まれた子供』(大洋図書ミリオンコミックス)2009.4
 SHOOWA『向日性のとびら』(芳文社花音コミックス)2009.3
 ◆山中ヒコ『王子と小鳥』(芳文社花音コミックス)2009.8

<総評>
 順位をつけるなら4-3-5-2-1
 今年は向日性~が個人的にぶっちぎりトップだった反面、他の候補選ぶのに苦労しました。
 真生さんの『満員御礼』、日高さんの『花は咲くか』もものすごーく私好みの構成なんですが、
 如何せん、1巻ではまだ何も生じていないので次への期待も込めて今回はランキング外…。
 尚、雑誌掲載分も含めるなら2番手は迷わず平喜多ゆやさんの『泣いちゃえベイビー』です。
 私の弱点直撃でした。
[ 2009/12/31 19:45 ] best | TB(6) | CM(6)
こんばんは!皆さん、コメント&TBありがとうございます。

>棗さん
SHOOWAさんは、読むには読んだのですねー。
多分、何度か繰り返して読むと面白さが伝わるんじゃないかなあ。
私はこういう昔のサスペンス映画っぽい演出が大好きだから、このテイストがBLで味わえたこと自体が衝撃であり、堪らんかったです。
各キャラ賞は、(コレは皆さんへのレスにもなりますが)受けや攻めより、魅力的な脇役について語りたくて設置しているのです。
BLって受けと攻めに意識が集中しがちですが、物語のキーパーソン的な脇役の存在が作品の良いスパイスになっていることが多いし、私はどちらかというとそういう脇役が濃い作品が好きなのです。

>あけみさん
SHOOWAさんは私は大好きなんですけど、確かあけみさんは松本ミーコハウスさんのHERTZの作品が苦手だと仰っていらっしゃったと思うので、あけみさんには合わないかもしれません。
多分、同系統…私の脳内では少なくとも同じ萌えベクトルです…。
でも、レトロな洋画っぽい雰囲気を楽しめるBLなんですけれどね。
そして、色々な賞を設定してるのは私が恐らく皆さんほどBLを読んでいないので、10本とか純粋に作品だけ上げるのが厳しいという現実もあったり(笑)。
上位3本ならパパっと埋まるんですけどねー。
後はそこそこ良かったラインから選定することになるのですが、コレが振り返る度に迷うのです。
ちなみに、作品賞に入れるか否か最後まで迷ったのはかわい有美子さんの『いとし~』でした。

>はーこさん
はーこさんのセレクトでも、崎谷さんのトップは“お兄ちゃん”なんですねー。
コレはさすがに読まなきゃいけないですな(笑)。
『花眼と狼』はBLレーベルから出ているとはいえ、作品テーマがBLじゃないですよね。
ラブじゃなくてヒューマニティを問うた作品だと思ったので、挿絵以外は除外しちゃいました。
キタさんの表紙絵が無ければ、私は完全にスルーしていたと思う。

>にゃんこさん
そうなんですよ!私も選んだ作品の一致率はにゃんこさんが一番高かった気がするのです。
でも、にゃんこさんが挙げられた他の作品は逆に軒並み読んでいなかった筈…。
私もシュミが偏っているというか、モチベーションによって買ったり買わなかったり、読んだり読まなかったりの連続なのでいい加減と言えばいい加減なベストですね。
いつも、積読本に名作があったらどうしよう…と、ヒヤヒヤしながら作品選定しています。
結構、読んだタイミングが全てモノを言いますよね…。

>秋月さん
真音はその…1巻で期待値高めすぎたせいか、2巻も面白かったんですけど、2段組のボリューム十分とはいえベッドシーンも多くて、ちょっと食傷気味に…いやいやいや、最後にドカンと来ると良いな(笑)。
西江さんは、小説の文体にこだわる秋月さんにオススメするには文章が荒い気がして、二の足踏んでいたんですよね。
ただ、この洗練されていない要素そのものが西江さんの魅力でもあるのですよねー。
洗練と言う意味では、先日の絢谷さんの方が遥かに美しい文章の小説だったと思うのですが、小説の面白さって美だけじゃないよなあ、とつくづく思います。
恋愛教師もタイトルがアレですが、ある意味ナルシスト~よりも意外な落とし穴があって面白いです。
今読みかけのBBNも、良い感じ~♪
機会があれば、コチラも是非是非。

ではでは!
[ 2010/01/15 20:34 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんはー。

『真音』は私も迷ったんですよね。完結したら考えます! て、3巻完結でしたよね?

西江彩夏さんの「ナルシストの憂鬱」読みました。確かになんだかイキオイがあって面白かったです。予想以上というか、予想外の方向に展開していったお話で(笑)
そういえば昨年は小説・漫画ともあまり新規開拓はできなかったのでした。
今年はもう少し視野を広げたいです。と、いうわけで。
今年もまた宜しくお願いします~。
[ 2010/01/14 23:27 ] 秋月 [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは~

私は割と偏った狭い範囲しか読まないのですが、そんな中でも小説作品賞に好きな作品が3作入っていて「お!」となりました。
これは他の2作も読まねばです!

棗さんと同じく、私も作品単位でしか普段考えていないので、キャラのベストを出してみるのも面白いかもしれないなぁと思いました。
ただ、鳥頭なので1年分の作品から好みのキャラがパッと浮かばなかったりするのですが…(^_^;)

萌えも私生活も充実した一年にしたいですね!
今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
[ 2010/01/14 18:27 ] にゃんこ [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは~♪

『花芽と狼』は私もノミネートするかどうか悩んだのですが、やはりBLとはいいがたく外しましたよ。あれはファンタジーですよね。
助演賞にサメさんが入っているのが素敵です。個人的には槙原さんにもあげたい賞だったりします。

TBいただきましたので、よろしくお願いします。
ではでは、お邪魔しました。
[ 2010/01/14 00:08 ] [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは。

ツイッターのお付き合いが増えて、うれしいです。
ありがとうございます。

さてさて、tatsukiさんのベスト。
いろんな種類があってすごい。
お話だけでなく、攻めや受けやカップルのマイベストまであって。
私、そこまで内容を覚えていない気がします。

棗さんもおっしゃってますが、SHOOWAさんは、ホントあちこちで見かけるお名前ですね。
ですが、未読です。
気になる~。

それでは、今年もよろしくお付き合いくださいね。
[ 2010/01/13 21:38 ] あけみ [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは。
私もすっかりついったーの住人になってしまって、ブログが放置気味…。
あれもまた別の楽しさがあっていかんね(笑)
あれだけしぶってたくせに、つぶやきまくりです。

私はお話とキャラクターだと、わりとキャラクターに重きをおくタイプなんですけど、2009年のベスト攻め!とか、受けとかだと思いつかないんですよね、なぜか。
作品単位でしかベストが出せない…。
キャラとかカップルとかだとうまく思い浮かばない…。2010年はそういう方向からもベスト考えてみるのもいいな~。
わたしも蘇芳×朝家はかなり好きだったなあ。なんてったって珍味だからね(笑)

SHOOWAさんは、ほんとにあちこちでお見かけして、一度以前手にとったんですが、なんとなくあわないかもと思って戻したんですよ。
でも、今回やっぱり読んでみようと。
…少なくとも酔ってるときに読む本ではなかったです。
でも、感想書ける気がしないなあ、なんとなく。

というわけで、こちらからもTBさせていただきました♪
[ 2010/01/13 20:45 ] 棗 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1282-11597d0e

la aqua vita 2009年マイベスト
[2013/04/22 15:27] scarpe hogan
特に記事を立てないので、こちらで今年最後のご挨拶とさせていただきます。更新が滞ってばかりで皆様にはご心配や叱咤をいただく一年でしたが、気にかけてくださる方がいらっしゃることを励みして、なんとかこうして続けてこられました。どんなに実生活が下がっているとき...
[2010/01/14 23:20] 月と凌霄花
BL×B.L. Award 2009 引き続き、2009年のマイベスト。 今回はノベルス編です! ※過去のマイベスト:2006年、2007年、2008年、2009年コミックス&ドラマCD...
[2010/01/14 18:18] にゃんこのBL徒然日記
のびのびになってました2009年の私的ベストBLです。 今年もTB企画に参加してみました。 BL×B.L.TB企画参加
[2010/01/14 00:00] こんな本よみました…
大晦日なのに、主婦なのに、こんな事をしている場合ではない!と思いつつ、今年ラストの更新に萌えて(こう出ちゃうんだよなぁ、マイパソ)燃えております。さて本日は、マイベスト10小説編でございます。悩みました。読んでいるのが、マンガよりも小説の方が多いため、候...
[2010/01/13 21:39] BLな毎日
並びは五十音順であってランキングではないです。 そしてあくまでも私が今年読んだ作品の中から選んでるので、昔の作品もまじってます…。 むかしは、小説マンガあわせて10作品とか選んでた。 すごいなあ、昔の私(笑) 今は優柔不断で決められない。 2005年版 2006年版...
[2010/01/13 20:29] 雪月花
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。