スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽を曳く馬 

当ブログをザァッと眺めて頂ければ一目瞭然ですが、私はBL以外の小説を殆ど読まない人間です。
今年から積極的に記録するようになった読書メーターでは、更に私の読書“傾向”は顕著かと(笑)。
今回久しぶりにハードカバーの小説を読んで改めて思ったのは、やはり極力読みたくないな、と…。
殊に読書に関しては自制が効かないので、ハマると寝食を忘れて一気に読み耽っちゃうからダメだ。
ノンフィクション(教養/専門書)は、酒のつまみのようにチビりチビり箸を休めつつ読めるのですが、
続きが気になって気になってしょうがない“面白い”小説は、ノンストップで限界までイっちゃうので。
つまり、今回の高村作品も私にとっては紛れも無く“面白い=小説@物語”だったという話です。

『英国妖異譚』で妖精が語る、「持続して考え続けることでエネルギーが満ちてくる」を思い出す。
アプローチ方法が違うだけで、本質は篠原美季さんやM.エンデのファンタジーと同じように見える。
ひたすら“他者”を眼差し、諦めずに沈思熟考する主人公を通じて、彼らと読者は真理に辿りつく。
真理という単語は語弊を生じると言うなら、フィクションにおけるカタルシスと言い直す方が的確か?
開かれたステージor地平に到達する開放型エンディングなので、読後は大変気持ちが良い作品。
過程の苦難が決して解消されるわけでは無いけれど、可能性の“光”を見失わない結末だった筈。
そうでなければ、物語で問われ続けられた、語り続けられた“生”の根底が崩れ落ちてしまう。

彼の“涙”は、『唇にキス、舌の上に愛』で理人がレストランで流したソレと同じ味がした…気がする。
よりによってそこかと思いつつ、そのシーンはその瞬間にしか立ち現れようがないだろうと知りつつ、
ウィトゲンシュタインが語りえないと判じ、バタイユが不可能なものと定義した“愛”の局面だよね?
アンアンとかキャンキャンとかスイーツ層とかが、嬉々として簡単に口にするソレとは違うけれど…。
さりとて、私もその違いを直観的に認識できたところで、それを説明する気力と論理は見失っている。
そういう意味では同じ穴の狢だし、私の内面にもスイーツやらモンスター某に通じる暗い穴はある。
ソレはオウムやらニヒリズムやらペシミズムにも通じていく、“ルサンチマン”という名の穴である。
私(の存在)だって脆く、崖っぷちの立ち位置でギリギリのバランスで世界に辛うじて繋がっている。

真の意味で危ういのは、精神バランスの失調ではなくて、己の穴を見据えられない弱さであろう。
真の意味で貧しいのは、他者の穴の先にあるかもしれない光の可能性を見ようとしないことだろう。
現代の刻印を帯びた私は、何処までも他者に無関心で冷酷で、不寛容で不誠実だったと猛反省。
まさに、汝自身を知れ、だな(笑)。

<作品データ>
・高村薫『太陽を曳く馬』上・下巻(新潮社)2009.7

太陽を曳く馬〈上〉
(2009/07)
高村 薫

商品詳細を見る


太陽を曳く馬〈下〉
(2009/07)
高村 薫

商品詳細を見る




やおい(腐)読みすると、福澤彰之がモテモテの話だった。
確かに、最後の最後まで息子に恋文のような手紙を綴り続けた彼の真摯さは惚れ惚れする。
でも、彼は何処までも理性的でフェアな人間だから、彼の特別な誰かでありたい者にとっては、
何処までもその期待に応えることが出来ないという意味では、酷な人間だったとも言えるのかな?
彼の背景を読んでいないので、この辺りはやや私の妄想が入っている。

このステンレス包丁のような中途半端な切れ味が嫌いだ。錆びない代わりに磨かれもしない中途半端な清潔さが嫌いだ。(下巻P35)



嫌い嫌いと言いつつ、案外妙な愛着を覚えている描写に見えませんか?(笑)
そして、吉岡は吉岡で変な人と認識しつつ、この上司を意外と嫌いじゃないと思っている気がする。
吉岡のような人間は、接続出来ない相手に対してはもっと明確にシャットアウトするイメージなので。
というか、私が吉岡タイプだという自覚があるんだ。
意外と良いコンビだと思うのですが、いかが?
[ 2009/09/07 22:36 ] novel 非BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。