スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太陽を曳く馬 上巻 

1890円もしたのに、1日足らずで読み終えちゃった…あああ。
下巻読むまでちょっと間が空きそうなので、私的覚書メモ。

・映画におけるモンタージュよろしく、4000Mのビルと2.4Mの死刑囚の落下が対比されてる。
・落ちていくことに対する眩暈感覚と、灰色の空から降ってくる暗い雨が身体に浸透してくる感じ。
・穴、洞窟、窪み、虚ろ(空ろ)を体内(脳内?)に掘り続け、そこに最終的に何を埋めるのか?
・“洗脳”も重要テーマの一つか?
・「排泄のような分娩」の一行に震撼を感じたのは、私@読者が所詮一個の“女”だからか?
・これがホラーだったら嬰児の意思を受信した某が殺害を実行した、という解釈もありかもしれない。
・プラトンの洞窟の比喩とも繋がっていくんだろうか?
・“体内回帰”とか、そういう類の発想はフロイト的で陳腐か?
・誰かを殺害することに同意する6000余名の“署名”が、何だか気持ち悪い。
 →9.11事件に対する世論の“熱狂”にリンクしていく感じ。
・被害者の共通点は、“頭でっかち”であったことか?(←私の推理故、的外れかも)
・結局、司法は福澤秋道という“金槌”を処刑したということになるまいか?
・そして、金槌(ハンマー)のイメージはハイデガーを想起させる。
・“身体”に対する執拗な拘りは、メルロ=ポンティ的。
・“眼球”と言えばバタイユ(←作中に既出)。
・語りえぬ世界の~うんちゃらは、ヴィトゲンシュタイン(←作中に既出)。
・西洋の現代思想による汚染/解釈がそこここに散りばめられて、読者を煙に巻こうとする。
・現代社会に対する一貫した(合田の)異和感が、事件解決の鍵になっていくのだろう。
・KY現代っ子の吉岡が可愛い(笑)…そして、私の感覚/言語は多分彼に一番近い。
・何気に個別の僧侶達に対する取調べのシーンは王道ミステリ的で、ワクワクする。
・衆人環視の状況下で、「誰も見ていない」と証言する彼らの“嘘”と“実”は何処にある?
・暗闇の中の“光”の正体を見定めなければ、我々もいつか(今)何かを間違うor見失うのだろう。
・パフォーマンスorヴィジョンorアートの鮮烈or過激さ、静謐さ、視覚の刺激に騙されてはいけない。
・人間が人間と対峙し、人間の“間”を彷徨うこと、生きていることの意味が問われていそう。
・あー、あと何となく華藤えれなさんの得意とするモチーフと似ているように感じた。

<作品データ>
・高村薫『太陽を曳く馬』(新潮社)2009.7
太陽を曳く馬〈上〉太陽を曳く馬〈上〉
(2009/07)
高村 薫

商品詳細を見る



下巻読了された方は、私の勘違いっぷりを笑ってやって下さい。
後日、レビュー書けると良いな。
[ 2009/08/26 23:03 ] novel 非BL | TB(1) | CM(4)
こんばんは!yさん。
再コメントありがとうございます♪
そして、レスポンス悪すぎで本当に申し訳なく…。
今日、下巻買って来ました。
まだ、ちょろっとしか読んでませんが、萌え転げそうな一文が早くも出てきて異常なテンションになっています(笑)。
レビュー書けるか分かりませんが、読み終えたら何らかのリアクションが取れればなーと思っています。

あと、『モンスター』。
私はずーっと雑誌で立ち読みだったんですが、最終回だけどうしても雑誌が何処の本屋/コンビニでも見つからなくて(今思えば、最終回だったから完売が続出してたんだろうなあ)、最終巻だけ買ってしまった苦い(?)思い出があります。
そして、もの凄くやおい的としか言いようがないオチに愕然としましたヨ(笑)。
あと、連載中の大半は私も学生だったものですから、当時のゼミの先生周辺がようやっと出揃ってきたばかりの東欧/旧ソ連のナマ資料をどうやって手に入れたんだろうとか、ブレーンは誰だ?とかそんな話で盛り上がっていた記憶があります。
以上、ちょっと昔話でした。

ではでは!
続き読み始めます。
[ 2009/09/05 21:11 ] tatsuki [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/08/28 17:04 ] [ 編集 ]
こんばんは!yさん。
ええ、やっぱり我慢できなかったです(笑)。
てか、何が一番怖いってコレをきっかけに福澤家三部作まで手を出しちゃいそうな自分が怖いです。
何とか、理性で踏みとどまれますように。

そして、分からないことは差し当たって分からないままで良いんじゃないかな、と思います。
私も芸術方面の固有名詞はせいぜい奈良美智とアンディ・ウォーホルくらいなもんでした(笑)。
仏教哲学も、以前松岡正剛さんを読んだ時に思考放棄したままだし、そのツケが今回廻って来ちゃいました。
このタイプの書物は一読で全て把握するものでなくて、コレをきっかけに関心の幅が拡がれば良いんじゃないのかなあ。

私は多分yさんほど、というか一般的な高村薫作品のファンほど合田というキャラに思い入れが無かったりするのですが、自分の中で彼は世相を眼差すナビゲーターみたいなポジションにいるからなのかなあ、と考えてみました。
どちらかというと、夫々のシリーズで合田がターゲットに決めた相手(犯罪者?)の個性というか人間性に魅力を感じます。
一方で、義兄は中学の時の初読から一貫して、何処か根本的にオカシイ“変人”というイメージです。
いや、合田も十分にオカシイんだけど、マークスの頃はまだ何処か健全なモノがあった気がします。
でも、義兄はずっと変わらずに不健全な、我々の側の腐的因子を帯びたキャラに見えます。
この作品における合田がどちら側に与しているのか今のところは分かりませんが、でも何だかんだで義兄の存在が救いになっているんだろうな、と彼の短い文面から察してみてはいるのですが。

作品と深く関連付けられた某2つの事件に関しては、思うところが無きにしもあらずですが、でも私のそれらに対する態度は吉岡が一番近いだろうから、合田にとっても高村女史にとっても、私のような人間は宇宙人みたいなものなのかもしれません(笑)。
とまれ、早く下巻が読みたいのですが、己を戒めて先にずーーと溜め込んでた宿題(?)をまとめてから、下巻に移行しようと思います。

コメントありがとうございました♪
そうそう、余談ですが私の青年漫画のベストは『ドラゴンヘッド』……の一巻ですね(笑)。
全くもって読み返したい作品ではございませんが。
少年漫画なら『うしおととら』、少女漫画なら『BANANAFISH』…結構コテコテです。
[ 2009/08/27 19:45 ] tatsuki [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/08/27 00:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1222-5ea92aef

la aqua vita 太陽を曳く馬 上巻
[2013/04/22 16:40] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。