スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不浄の回廊 

今年のフェア用に温存していた、夜光さんのキャラ文庫~♪
3年目にして、ようやくフェア用に購入した小説を存分に楽しむ事ができました。
ご馳走様です!!

という訳で、コチラでは小冊子オレンジの感想というか…。
実は2年前の同フェアで購入した小説が菱沢九月さんだったのですが、何故か未だに読了できず。
文章が合わず、どうにも読み進むコトが出来ないままだったのですが、今回理由が判明しました。
菱沢さんも、殆ど一人称のモノローグなのに視点を三人称にして客観化しているパターンでした。
私はどうにもこのテクニックが致命的に苦手みたいで、特に沙野さんがいつも読み難いんだけど、
菱沢さんは逆に読み難くは無いんですが、何となくこの“視点”のすかした態度が鼻に付くわ(笑)。
てか、このタイプの“小説”は今後も極力避けたいけれど、パッと見じゃ気づき難いから困るなあ。
いや、もうコレは文章の巧拙という話じゃなくて、私の“好み”の問題です。

…あと、何となく年下攻めぽかったから、余計にヤな気持ちになったのかもしれない。
菱沢さんのファンの方には、大変申し訳ない前置きで失礼しました~。

<作品データ>
・夜光花『不浄の回廊』(小山田あみ・画、徳間書店キャラ文庫)2008.11
不浄の回廊 (キャラ文庫)不浄の回廊 (キャラ文庫)
(2008/11/22)
夜光 花

商品詳細を見る



えーと、今流行のブサカワ系ヒロインか?
今更の感想なんだけど、“不細工特集”に心ときめく方は特に萌える設定だったように感じます。
エロは夜光さんだから“濃い”んですけど、BLよりもホラーよりもコメディの印象が強かったです。
那州雪絵さんの『魔法使いの娘』シリーズとか、“拝み屋横丁”シリーズの面白さに通じると思う。
つまり、霊能力の高いヒロインの父親(代わり)がとても胡散臭くて、いかがわしいんだよね(笑)。

ゆちゅ♪さんが最近は食育系BLに当たりが多いと仰ってましたが、この作品もブームの一端か?
ドジっ子ヒロイン唯一の得意分野が、“料理”と後々効果を発揮し出す感度の良い健康な“身体”。
病は気からの諺に倣って、持ち前のナチュラルスマイル駆使して攻めに取り憑く“影”を祓う話デス。
ドジッ子なので逆に取り憑かれて危機一髪の展開もありますが、ちゃんと克服できるので大丈夫♪
攻めの西条君はこの上なく分かりやすいツンデレキャラで、天然受けの歩と二人三脚の良いコンビ。
まさに、ボケとツッコミ。

私としては、ラブラブバカップルのトンチキお祓いシリーズとでも銘打ってどんどん続けて欲しい。
夜光さんの書く天然ヒロインって“あざとさ”を遥かに通り越えて、4コマギャグ漫画ちっくだと思う。
このアサッテ方向への“超越”ぶりを、私はとてもとても愛しく思っています。

月末のサイン会も、楽しみだー。
[ 2009/07/12 22:44 ] novel BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。