スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

たかが恋だろ 

今更の話ですが、『セブンデイズ』はBLでは非常に珍しい原作付き漫画の成功例だったんだなあ。
ルチルの高岡ミズミ×古田アキラのタッグも良かったけれど、共通するのはBLとしてアッサリ系で、
原作者(小説家)の作風が、何処か懐かしい少女漫画テイストだから上手くいったんじゃないかな?
というか、そもそも小説家に必要な技能と原作者に必要なスキルってまるで別物だと思うのですよ。
どんだけ一流の小説家&漫画家揃えたところで、根本的な相性っていうものも立ちはだかるし…。
多分、どちらかが悪いんじゃななくて“企画”としてそもそも成功率の極端に低い代物なんだと思う。
確かに一流同士の強力タッグだから“売れる”とは思うけれど、ファンの評価が下がりそうで心配だ。

実は本作品雑誌掲載時からちょこちょこ読んでいて、何だか旨くない漫画だなあと思っていたのだ。
ただ、ボリュームが多すぎるHERTZだから、あんまり深く作品について考えてこなかったんですよ。
私の体験から言えば、ルチルの原作付き漫画の大半の方が正直言って全く面白くなかったので、
アレに比べたら、流石に山田ユギさんは頑張って物語を紡いでいるなあ、とは思って読んでました。
でも、やっぱり多分他の山田ユギ作品に比べると弱いし、その原因が英田さんにあるのでも無い。

ストーリー展開もキャラクタも、いかにも英田さんらしくてつまり私好みのエピソードなんですよ。
が、漫画としては失敗しているというか、漫画の魅せ場をまるで活用出来ていないのが残念だ…。
英田さんのキャラクタって非常に闊達によく喋るんだけど、そしてソレは小説の中では映えるけど、
漫画だと、主人公の無言の表情や背景だけで読者を惹きつける場面が必ずあると思うのですが、
この作品にはソレがまるでなくて、登場人物が前倒し前倒しで読者にネタをバラしちゃうんですよ。
想像力の余地が無くて、展開がスピーディを通り越して奔り過ぎなので感情移入しにくいです。

せめて、たかが恋の部分だけでも最後まで手の内を見せないでストイックを貫いて欲しかったな。
てか、フツーに英田さんが小説を書いて、ユギさんが自由にコミカライズするスタイルで良いじゃん。
一流作家同士の夢のタッグなのに、どちらも遠慮がちにギクシャクしているのが見えすぎちゃって、
一ファンとして物語云々より、そんな水面下の状況にハラハラしちゃって作品に入り込めないの…。
多分、高津戸って本当はへタレっちゅーかダメンズ系の攻めなのに、そういう部分も見えてこない。
英田さんのパターンから言って、この手の攻めは絶対に私好みだと分かっているだけにもどかしい。

あーあ、やっぱり辛口になっちゃったよ…。

<作品データ>
・山田ユギ『たかが恋だろ』(英田サキ・画、大洋図書ミリオンコミックス)2009.7
たかが恋だろ (ミリオンコミックス  Hertz Series 61)たかが恋だろ (ミリオンコミックス Hertz Series 61)
(2009/07/03)
英田 サキ山田 ユギ

商品詳細を見る



デコイ&交渉人小冊子が届いたので、コレから読み始めます~♪
てか、「さくら」ってタイトルが何とも言えない…今は芝桜の時期すら過ぎた、梅雨の7月だよっ!

今回は多分ネタバレしてない(≒物語に触れていない)筈なので、↑で。
続き以下に感想書くと決めると、上段の前振りに困るから文が乗らない時は従来のままになりそう。
自分、不器用なもんで…しかも、今回は文句ばっかりだよ…。
[ 2009/07/03 19:43 ] comic BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。