スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

扇舞う 1巻 

幻狼ファンタジーノベルスは、創刊当初から駒崎さんの“予告”を見かけた気がするのですが…。
まあ、今月ようやく無事に発売されて楽しく読むことが出来たので、不問に付しますけどね(笑)。
ところで、全くの余談になりますが、同月発売の荻野目悠樹さんのお名前も実は気になってます。
てか、無能ドイツ貴族×誘い受け日本人(元諜報員)の腐れ縁バディモノを書いてた方だよね?
いや、カップリングはお前の腐-脳内の話だろと言われればその通りですが、でもアイツらさ…。
あのシリーズの続編を待っているのは私だけなのかな?絶対に続きがあると思っていたんだけど。
しかし、何処のノベルスだったっけ?徳間だったかな…?

最近、私の読書メーターがいよいよカオス化していて申し訳ない気持ちでいっぱいです。
リンク下さった方はこちらも問答無用で逆リンクしてますが、不快だったら遠慮なく外して下さい。
私は少年漫画も青年漫画も、少女漫画もBL漫画も、萌え系漫画も無節操に読むタイプなので。
活字はBLかBL臭のするフィクションか、ノンフィクションしか読まない偏った傾向の人間ですが。

<作品データ>
・駒崎優『扇舞う』1巻(高山しのぶ・画、幻冬舎幻狼ファンタジーノベルス)2009.6
扇舞う 1 (幻狼FANTASIA NOVELS K 6-1)扇舞う 1 (幻狼FANTASIA NOVELS K 6-1)
(2009/06)
駒崎 優

商品詳細を見る



いや、本気で時代小説風味だったので、登場人物名を把握するのにとても苦労しました…。
視点が切り替わるごとに「お前は、一体何処の誰だ?」と混乱し、一覧で再確認を繰り返しました。
主人公ですら例外なく、1章ではまるで名前を覚えられなかった愚か者がここにいるのです(笑)。
同じ名字の人がいっぱいだし、養子縁組やら、婚姻政策やらで姻戚関係の把握も困難を極めた。
兎に角、普段こういうジャンルに接して無いのがバレバレでお恥ずかしい限りですが、辛かった。

但し、ストーリーの方は外しません!
駒崎さんの作品は、歴史ファンタジーにおける“歴史性”を大事にしてくれるのがお気に入りです。
別に史実に忠実であれという意味じゃなくて、歴史を紡ぐ“糸”に配慮しているコトが重要なのです。
単純にヒーローが“鬼”退治してめでたしめでたしの話ではなく、鬼を鬼たらしめてる社会背景や、
領主と民の関係、本国と隣国の関係、経済の動向、生産の動向、人の移動にまつわるあれこれを、
冷静な視点で叙述することで、その世界のリアリティを読者に体感させるスタイルが好きなのだ。
下手な言い訳や、味方(主人公側)に寄り過ぎた偏見が存在しないので、その公正さが心地よい。

今後もこの主人公は今回以上に様々なモノを奪われていくんだろうけど、だから成長できるのだ。
彼も“守る”為に自らの手で奪っていくのだろうし、彼が諦めないから家臣も海賊も後に続くのだ。
先代や先々代が培ってきた“人脈”も大きな武器だし、彼自身も新たな関係をもたらしていくハズ。
彼が果敢に前進する限り歴史は動くし、その変化が社会の活性化に繋がり、未来の土壌となる。
扇ひさぐその時が、ついぞ訪れるんでしょうな。

…とはいえ、応義家側にも血生臭い不穏な動向が初っ端から見え隠れしてますよね。
仁義無き戦いは、この世界で破滅をもたらすのは想像に難くないから、血気盛んな若者の行動が、
今後当主の未来の妨げになっていきそうな不安も残る…次回はどうなっていくことやら…?

メインキャラに軍師が据えられているので、幻水ファンとしては血が滾る物語でした(笑)。
海上戦の天晴れな完勝ぶりも、主人公が序盤逃げまくりなのも、幻水の流れと同じだしなあ。
早く、続編が読みたいな。

[ 2009/06/27 20:20 ] novel 非BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。