スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ディアプラス 2009年7月号 

もう二度と買わない、とかほざいていたのは割と最近のことだったような気がするけれど…。
よくよく見てみたらフリーペーパーが中村明日美子さんだったので、あっさりさっくり購入です。
いや、私もモノによっちゃ踊るんですよ!今日は、郵便局にデッドロック小冊子取りに行ったし。
本末転倒のおまけ目当てで雑誌を買っちゃいましたが、今回は粒揃いだったので本誌も満足♪
トリ(一歩手前)の平喜多ゆやさんが良過ぎだ!!

□真山ジュン『蜜月すら略奪の果て』第一話
気のせいかもしれないけど、(義理の)父親の七光り的な(元)エリート警察官の女王様受けって、
真山さんの作品でもう5~6回は読んでいるような?今までの作品と、どっかでリンクしてるのかな?
悪趣味なのはどこぞの変態プレイじゃなくて、マフィア攻め(?)のチャイナドレス(?)の方だと思う。

□扇ゆずは『レオパード白書』第7話
あの富豪刑事みたいなことを平然と口にしていた話のスピンオフなのかな?
そもそも、何がリンクしているんだろ?うーん、私は扇さんの作品はシュミじゃないかもしれない。
何だか“チャンピオン”的な喧嘩漫画だった。

□中村明日美子『春の画』
ちっちゃい安藤君が、可愛すぎて堪らないよー。
“春の画”を残して、二人のちっちゃなロマンスが始まるんだなー。

□松本花『苺王子』第1話
元ネタ全然知らないお話だったんだけど、キュートでポップで可愛いコメディでした~♪
バカワンコ×クールビューティーメガネってことで良いんだよね?

□三池ろむこ×渡海奈穂『カクゴをきめて』最終話
コレは、単行本まで待って読まなければ良かった。
多分、“面白い”お話なんだと思うけど、最終話だけではキャラクタ把握できなくて勿体無かった。
三池さんの絵(線?)がちょっと変わった気がする。

□門地かおり『生徒会長に忠告』第49話(←多い!)
このシリーズ、まだ続いていたんですねー。
コレは何かの後日譚?一時期のどす黒い展開とは一線を画した明るいコメディに戻ってるのかな?
単行本で追いかけていないから、詳細が全くちんぷんかんぷんなシリーズなんですけどね。

□依田沙江美『AMETORA―雨寅―』第6話
これだけじゃ、何も分からない話だな。
しかも、いつぞやのように原稿が完成されていないように見えるなー(減ページなのもそうだけど)。

□クワナ涼『係長ケーキ』
新人さんなのでこなれていないのも、あんまり面白い感じがしないのも仕方無いんでしょうな。
絵が夏目イサクさん系ですね。

□二宮悦巳『ももいろ倶楽部にようこそ』第18話
このシリーズは割と好きだった気がするんだけど、何だか波乱の展開になっていてついに脱落。
一体、何(誰)がどうなったんだ?

□印東サク『願わくば側に』
印東さんの漫画は、無理にベッドシーン入れなくて良いと思うんだよね。
最後がどうしても駆け足展開になってしまうから、すごく勿体無い。
“お仕事”シーンとキャラは魅力的なんだから、そういう長所を生かした作品に仕上げて欲しいなあ。
そして、何より何か企んでいそうな攻めのニンマリスマイルが、私は大好きだ!!

□真行寺ツミコ『リヒテンシュタイン博士の魅惑の無人島漂流に関するレポート。』前編
コンセプトが下品なギャグ漫画なんだろうけど、正直さっぱり面白くないなあ。

□梅太郎『もう君を待てない』
このシリーズは内容は覚えていないんだけど、前回読んで非常に腹を立ててた記憶があったので、
今回は完全にスルーしました…梅太郎さんの作品自体は、決して嫌いじゃ無いんですけどね。

□九州男児『愚者の恋』第5話
九州男児さん、ペンを換えたのかな?やけに線が荒々しいような?
これってアレなのかな?佐々木倫子さんの“バカ枠”入社と引っ掛けてあるのかな?
ギャグだと思うんだけど…今のところ、露骨にギャグ漫画という感じがしないなあ。

□こいでみえこ『骨まで愛して』
スルー。

□窪スミコ『踏雪』
残念ながら、今回の私的ベスト3からは落ちちゃいましたがニアピンの萌えの4番手です。
窪スミコさんの可愛い絵柄は、例のBL的シーンが過剰にエロいよ!!きゃああああ。
是非ともリバって頂きたし。

□やしきゆかり『僕のお巡りさん』
今月のベスト2(明日美子さんが単独トップだと思ったら、最終レースで3位に落ちちゃったよ!)
何が嬉しいって、年下が受けだったのがサイコーに嬉しかったよー、逆だと思っていたから。
性格に一癖ある田舎の駐在さんにちょっかい出されて、マジ惚れしちゃう半端者の学生の話。
てか、やしきさんは逆に2000年頃から基本的な絵が全く変わらないなあ、端整で美しいや。

□平喜多ゆや『泣いちゃえベイビー』
年下攻めが、おバカワンコで本当に良かった!!
手の内見せない年上のお兄さんがさー、不意打ちに弱いところみせてくるからさー。
鬼の霍乱の“涙”って反則だよ!一本取られたわ。
平喜多さんもそろそろ、ディアプラスかルチルで単行本が発売されても良いような?
文句なしのベスト1です。

□南野ましろ『なんとなく大丈夫第8.5話
なんとなく、平喜多さんの余韻がまるで台無しだ…(笑)。

番外:桃山なおこ先生のモエパラ☆
このリーマンカップルで一話まるごと描いちゃって下さい~♪
男同士の相合傘~、短髪黒髪のツンツンへたれが堪らない~。
このまま、桃山さんの既刊を買い揃えそうなアホがここにいるよ(笑)。

・「Dear+」2009年7月号(新書館)
Dear+ (ディアプラス) 2009年 07月号 [雑誌]Dear+ (ディアプラス) 2009年 07月号 [雑誌]
(2009/06/12)
不明

商品詳細を見る

読む前から一部の方に愚痴ってしまったけど、今月号のディアプラスは当たり打率高いです。
特に平喜多さんとやしきさんは、私が大好きだった頃の懐かしい匂いがする良いBLでした。
Nつめさんが言うところの、可愛いBLってヤツです(笑)。




拍手お礼&コメントレスは、明日コチラに。
後手後手でスミマセン。


<拍手お礼>
・entry1132、1134(4件)、1137に拍手ありがとうございます!

>1134にコメント下さった方
申し訳ございませんでした。
正直、ご指摘されるまでそこがネタバレだという事実にすら気付いておりませんでした。
ただいま、アンケートでネタバレの是非についてもご訪問者に伺っております。
何処までがネタバレなのかというのも難しい問題なので、慎重に検討していきたいと思います。
ただ、当ブログに関しましては向こう5年はお芝居関係のエントリーが上がることは無いでしょう。
今回の件は出会い頭の事故ということで、ご寛恕頂けると幸いです。
[ 2009/06/14 23:35 ] magazine&anthorogy 感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。