スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NINAGAWA 十二夜 

公式サイトはコチラ(※TOPページがちと重い…携帯からの閲覧は厳しいかも)。

昨日は、以前から楽しみでしょうがなかった蜷川舞台を観に行ってきました。
私にとっては、恥ずかしながら通算で人生三度目の生舞台体験になります。
(ちなみに、他は劇団四季の『クレイジー・フォー・ユー』と花組芝居の『百鬼夜行抄』デス)。
今回の演目は、シェークスピア喜劇の中でも個人的に特にお気に入り作品である『十二夜』。
歌舞伎演出なので役者は全員男性、主役の双子は早替りトリックで兼役と伺い更に興奮。
以前から観たい、観たいと思っていたのですが、そうしたら今回の凱旋公演が決定との由。
早速妹に頼んで、チケットを手配してもらいました(笑)。

まずは、開幕直後の“鏡”演出に度肝抜かれました。
舞台は全面“鏡”で覆われており、客席が鏡写しに丸写しな状態で舞台の幕は開けるのだ。
我々観客もまた、舞台の一部であることを過剰に認識させられ、自ずと“世界”へ誘われる。
元より、この“鏡(合わせ)”の取り違えの顛末というのが、この作品のメインテーマである。
双子の兄妹、男女、賢者と愚者、更にこの舞台においては役者と観客までもが反転するのだ。

セバスチャンとヴァイオラとヴァイオラが男装したシザーリオが、一人の役者で演じられる。
ソレは折り込み済みでしたが、マルヴォーリオと道化までもが兼役だったことにも驚かされた。
現代劇の下手/上手のみならず、歌舞伎の花道も行ったり来たりで舞台空間の奥行きも違う。
原作のシナリオ構成をかなり弄っていた為に、芝居内容がギュッと凝縮されてて飽きがこない。
歌舞伎として観ても、シェークスピア劇として観ても、逸脱ギリギリの絶妙な濃さが素晴らしい。

しかも、この原作は腐的視点でも美味しいのだ♪
双子の妹が男装して公爵の小姓となり、“使い”として公爵の片恋相手のオリヴィアに出会う。
オリヴィアは、この美少年の聡明さに一目惚れ(絶対に、この人ショタコンだ!!)するのだ。
あれよこれよと展開するウチに、公爵×妹、兄×オリヴィアの二組のカップルが成立しますが、
そもそもオリヴィアが惚れたのは男装の少女で、公爵が惚れ直したのは小姓の真実の愛です。
登場人物達の愛情ベクトルの行方は、聡明で美しいヴァイオラ/シザーリオの両義性に向かい、
見方によっては百合的であり、BL的な物語な訳で、だから私が愛してやまないモチーフなのだ。
しかも、兄は兄で寝食を共にした海賊に何故か永遠の忠誠を誓われていたりで、更に美味しい。
シャークスピア時代も歌舞伎同様、全てのキャスティングが男性だったことも萌えの宝庫。
誰が、誰に、真実の愛を誓って受け入れたのか?この可能性を考えるだけで、胸がいっぱい。
ああ、楽しい~♪

そういえば、原作だと存在感が薄い(…気がする)お兄ちゃんが、今回は出張っていた気がする。
舞台演出上の双子トリックに、大きな比重をおいたからなんでしょうが…。
いずれにせよ、貴重で充実した一日でした!





観劇後は、某戦国居酒屋で飲み食い。
ネタ的な楽しみは多いですが、お値段ががやや高いなと思っていたら“量”も豪快で…(笑)。
もうちょっと、女子向けの量と値段で提供して下さった方が、女性客の喰い付きが良いような?
味は(そんなに)悪くはないけど、全てが割と大雑把な料理だったな。

<拍手お礼>
・entry1134(12件)に拍手ありがとうございます~♪
ここまで、リアクションが大きいとはちょっと想像していませんでした。
むしろ、大半の方から顰蹙/反感を買う内容と覚悟して書いた記事だったので…。

>aさん
こちらこそ、お久しぶりです~。
本編未収録分の付加価値を、どの程度のモノと判断するか難しいところです。
私も時には踊らされるし、喜びを感じるコトも多いので、企画自体がミステイクとは思いません。
本当にいずれの決断を選ぶにしても、ソレはやはり作者/版元次第で良いと思うんですよー。
ただ、その決断は多分殆ど苦渋の結果であって、決して当たり前のモノではないということ、
そのことに気付いて欲しくてエントリー書きました、はい。

>Nさん
あわわ、こちらにまでコメントありがとうございます!
 >しょうがないじゃん、あきらめなよ、といいたいのが本音。
私もそう思うんだけど、そう思わない人が何らかのアクションを起こした結果なんでしょうねー。
ルールを守ることが全てじゃないし、私もルールを侵犯することも正直度々あります(笑)。
でも、マイルールと社会的ルールは全く別物なのに、そこに全く気付けない人がいる訳で。
「ここまでなら、良いよね?」的な自己正当化の行為を、問い糾したくてこの記事を書きました。
少しでも、問題の隠れている部分が見えやすくなっていると良いのですが…。

>wさん
共感して頂けたようで、書き手としてありがたく思います。
でも、大抵の人が“未来の”ファンであって、元からのファンであるコトの方が稀だと思いますヨ。
私も年間3桁のBL作品に接していますが、今も新しい作家/作品との出会いが尽きません。
購入のタイミングというのも、出版社や作家に踊らされること無く自分で決めたいですしね。
(コレは、コメント頂いた霜月うまれさんのブログからの受け売りなんですが)
とはいえ、過去に参加しなかったお祭りに参加する“権利”は誰にも平等に無いはずです。
知らなかったで通るなら、それこそ社会的なルールそのものが無用の長物だと思うんです。
“世間”のモンスター化に対する、一つの提言の契機になればと思っています。

[ 2009/06/11 21:11 ] movie | TB(0) | CM(2)
こんばんは、はーこさん。
『十二夜』は、原作と映画(←激しくツマラナイ…)と、あとは片桐はいりさんがマルヴォーリオを好演している『女だけの十二夜』をテレビで観てますが、基本的にお兄ちゃんは最後に登場して美味しいトコロを掻っ攫っていく白雪姫の王子様的な存在感しか無かった…と思う。
冒頭の嵐のシーンは、そもそもヴァイオラの回想@独白で始まるし(原作のシナリオだと)。
ただ、原作は実家だから詳しくは比べられなくて、私の記憶で語ってます。
あと、今回の公演はロンドン版の二幕構成なので、はーこさんがご覧になった演出より“短く”なっているんじゃないかなあ、多分。
コレも原作の記憶だけで語ってしまいますが、エピソードの(順番)入れ替えも激しかったと思う。

あ!そういえば、ウチの妹が歌舞伎なのにカーテンコールがあってビックリしたって言ってました。
私は歌舞伎に疎いんですが、普通はカーテンコールって無いんですかね?

では!
[ 2009/06/11 22:02 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは~。

私、原作読んでいないのですが、原作だと兄の存在って薄いの?
まあ、この劇は菊之助の早変わりがウリだから、兄の出番も増えるってものですよ。
私が観たのって2年くらい前なので、演出とか変わっている可能性は高いのですが、評判がいいのか、何回もやってますね。もう一度見たいのですが、他の歌舞伎公演を観るのにイッパイイッパイで、こちらに手が回りません。
福岡でまたやってくれたらいいのですけどね~。
[ 2009/06/11 21:45 ] はーこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。