スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エマニア~月の都へ 英国妖異譚(20) 

10年近くそれこそ学生時代の頃から愛し続けてきたシリーズが、とうとう完結してしまいました!
思えば、このシリーズが無ければライトノベルにもBL小説にも手を出さなかったかもしれないなあ。
当時私が底無しにはまっていた幻水関連サイトで、幻水同様に絶賛されていたのが『十二国記』で、
だから私も手を出してみようかなと思ってラノベコーナーに立ち寄ったのが、運命の出会いでした。
かわい千草さんの『エスペランサ』が大好きだったので、惹かれたのは表紙絵だったのですが(笑)。
正直、今更少女小説に手を出すのは私の中でとてもとても抵抗があって迷いに迷ってたのですが、
イラストの抗いがたい誘惑に負けて購入してみたら、大当たり♪あっという間に、既刊も揃えました。
ちなみに、小野不由美さんは一般小説(?)が全く合わなくて、『十二国記』は未だ読まずじまい…。
運命の“女神”さまの采配は、こんなところでも密かに活躍してるのですねー。

という訳で、最終回だったのですがソレほど感慨深い境地には達さなかったなあ。
決して面白くなかった訳ではなくて、私の思い描いていた大団円の真逆の結果に呆然としちゃって。
しかも、別(or新?)主人公の大学生編が用意されているらしく、正直全く終わった気がしないのだ。
だって、今回アシュレイもシモンも隆聖さんも手をこまねいて経過を見守っているだけなんだもん!
最後の最後でメインの多くを掻っ攫っていったのは、シリーズ途中から登場のオスカーだったしね!
以前も書いた気がするけど、オスカーがユウリに守られるドジッ子ヒロインの座を返上しないのです。
だから、ユウリが最終的に手を取る“役”が必然的に彼に廻ってくるんだよなー。

それは兎も角、夢見る中世史家シンクレアの末路がまさにインディ・ジョーンズ的でしたよね(笑)。
ある意味で、彼を餌に使うのは“本命”を直接奪うよりも結果が直裁的で猶予が無くて、危険だよ。
ドゥーティー家の呪いというか宿命というか、彼の“血筋”はユウリと違って血生臭いんだからさー。
彼に仇なすと、身に降りかかる災いはユウリの比では無いんじゃないのかな、と思ってみたり。

よって、全体的に伏線回収率は低めで、最後のアシュレイ薀蓄もかっ飛ばし気味の最終話です。
そういえば、アシュレイの領域に近づきたくてたまたま読んだこのメモが意外にもリンクしていたな。
私としても、ユウリの領域には近づきようが無く、シモンの領域には全く興味関心が沸かないから、
必然的にアシュレイの方向から近づくしか無いのですが…次はインド哲学に向き合ってみるかな?
『リグ・ヴェーダ』関連も、もともといつか読みたいテーマの一つでしたが…。

とまれ、お疲れ様でした!
次の魔法書探求編も待ち遠しくて仕方ないです♪

<作品データ>
・篠原美季『エマニア~月の都へ 英国妖異譚(20)』(かわい千草・画、講談社X文庫ホワイトハート)2009.6
エマニア~月の都へ 英国妖異譚(20) (講談社X文庫 しD- 25)エマニア~月の都へ 英国妖異譚(20) (講談社X文庫 しD- 25)
(2009/06/05)
篠原 美季

商品詳細を見る


※以下、6月14日追記アリ


サイン会に行きたい…。
整理券取れるかな?たとえ取れたとしても、今からじゃ仕事休めないじゃん!
こういう予定は、せめて一ヶ月前から告知して欲しいなあ…って、来週末なの?

お仕事早退して、ギリギリのタイミングで行ってきました!サイン会~♪
しかし、並ばされた階段は当然の如く冷房が無く、立ってるだけでじっとり汗ばむ暑さでした。
先生はイメージどおり(?)に、聡明な雰囲気を身に纏うおっとりした女性でしたー。
ある意味、長年の夢が適ったとも言えるかな?何はともあれ、本当にありがとうございました。
これからのご活躍も、陰ながら心密かに暑苦しく応援してゆきたいと思います。



<拍手お礼>
・entry1130(3件)、1131(6件)に拍手ありがとうございます~。

以下、読書メーターの記事に対する拍手コメントレスです。
>Kさん
早速の情報ありがとうございます~♪
やはり、鈴木カタナさん=Sさん(私が名前出して良いのか分からないので伏せます)なんですね。
SさんのHPに行ったら分かるかなあと思ってみたら、会員限定だったので詳細不明だったのです。
Sさんファンのお友達が、この情報にとても喜んでいましたよ!
私もね、ハンジャルが未だ気にはなっているのですが(笑)。

>pさん
あ!ガッシュの新人さんはレーター買いだったんですねー。
こういう情報は頂けるととても嬉しいです~♪このエントリー書いていて、本当に良かった!!
そして、私は梨とりこさんの挿絵には特に何も思わなかった…こういう嗅覚の鈍さがダメですね…。
何となくBLよりもラノベ系の絵に見える…かな…?カズアキさん系のような気がするかもです。
ガッシュは先月のメガネは表紙絵でコレは当たるかもなあ、というのはあったのですが(笑)。
もうちょっと、勉強します。
[ 2009/06/03 22:56 ] novel 非BL | TB(1) | CM(2)
こんにちは!あるとさん。
私も最近、読者メーターで人様の読書記録&コメント読むのが楽しみな日課の一つになっています(笑)。
でも、たまに人の本棚を勝手に覗いているような微妙な気持ちにもなるのですが。
『エマニア』は、このシリーズの伏線回収率が低めでしたよね!
終わらないまま放置されるシリーズのことを考えると、エンドマークが付いただけマシと言えばマシなんですが…。
大好きなシリーズだったので一抹の寂しさを感じつつ、次のシリーズがまた楽しみです。

ではでは!
TBもありがとうございます。
[ 2009/06/11 09:54 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。
こちらのサイト様、そして読書メーターの方でも、
また、他サイト様でのコメント、
いつも拝見させていただいて、素晴らしい感想やコメントに、
ため息をつかせていただいております・・・

私の感想など、感想とも呼べないようなものですが、
同じ作品の感想でしたので、とっても恥ずかしいのですが、
TBさせていただきます。
「全体的に伏線回収率は低め」というところ同感です!

これからもtatsukiさんの記事を楽しみにしています。

by あると

[ 2009/06/09 16:18 ] あると [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1132-7aa02f8e

◆拍手ありがとうございます ♪ エマニア~月の都へ 英国妖異譚(20) (講談社X文庫 しD- 25 ホワイトハート)(2009/06/05)篠原 美季商品詳細を見る 大...
[2009/06/09 16:18] Pursuit of Love
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。