スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ナルシストの憂鬱 

西江さんが初BBNという事実に、心底驚きました。
私は年に2~3回ペースでしか「小説ビーボーイ」は買っていないのですが、何度か読んでますよ。
てっきり、自分がたまたま買っていないだけで、既にノベルスも出している方だと思い込んでました。
要するに私は“読者”としては殆どBBNに思い入れがなくて、著者の個別化も出来てなかったのだ。
実は、作風も文体も全然違うのに萩野シロさんと西江彩夏さんを混同してた時期もありました(笑)。
お二人とも雑誌で読んだら割と私の心に残る、程ほどに余韻を感じる“好きな”作家さんだったので。
作家買いまでは行きませんが、たまたま買った雑誌に掲載されてたらワクワクする名前なのです。
けれど、「シャレード」や「ディアプラス」程マメに買ってた訳じゃないから、記憶が混線してしまい…。
最近はブログで少しずつ感想を書き溜めているから、そんな勘違いも大分マシになった筈ですが。

さて、西江彩夏さん。
今までの既読作品は、いつも“受け”がちょっとエキセントリックでどーしよーもないキャラでしたが、
今回“アク”が強かったのはナルシストな攻めの方で、相変わらず風味の強い味付けをされてます。
この作風を“美味しい”と感じられるか否かは、読者の反応が両極に分かれそうな予感がしますが、
今までの雑誌掲載作に比べると幾分マイルドに、分かりやすい美味しさで勝負してきた気がします。
文章は読みやすいですが、前文を否定したり、訂正したり、補完したりする後文が入る構成なので、
少しテンポが遅めというか、同じ場面の心理描写を行きつ戻りつさせるので、ちょっとクドイかも…。
誤解を恐れずに言うと、“JUNE”の原点からは遠く隔たった後期のJUNE掲載作風に感じました。
即ち、初期の英田サキさんとか、吉田ナツさんと似た文章…じゃなくて空気を感じるのだ、何となく。
まあ、だからボーイズラブ化されたJUNEとでも言ったらいいのかなあ…ちょっと懐かしいテイスト。

とはいえ、物語は私がハマりやすいタイプの恋愛小説に仕上がっていて、弱点突かれちゃいました。
ハハハ、高遠琉加さんの『犬と小説家と妄想癖』と同レベルで好きなタイプと言えば、伝わります?
あるいは、山田ユギさんの『俺は悪くない』でも良いんですが…二人のささやかな日常風景の中に、
ジワジワと“恋愛”感情めいたモノが生じてきて、ラインを越えようか越えまいかでウロウロと迷い、
勇気を出して一線を越えたら越えたで、ソコを越えても次の壁が見えて躓きそうになる二人の話。
大きな事件も障害もないけれど、小さな齟齬であっけなく壊れそうな二人の“関係”を守る物語。
理想的な“恋愛”の条件とは何かなんて一概に説明できるモノじゃないけど、そこで悩み考え続け、
悪戦苦闘し、右往左往し、二人ならではの未来志向な関係を構築していく緩やかな時間の流れが、
愛しいのだ!…“恋愛”に対して、常に“誠実”な二人の姿に途方も無い“憧憬”を感じるんだな(笑)。

ともすれば“愛される”ことに夢中で、人を“愛する”ことを忘れがちな私(達)の戒めになる一冊かと。
たとえ自分が思い描くようには愛されなくても、自分なりに誰かを愛し続ける人間でありたいな、と。
本来は、そういう生き方そのものこそが“薔薇色の人生”と評するに値すると思うんだけどなあ~。
どっかの無神経(少なくとも私の癇に障る…)で陽気な妊婦コメディに爪の垢煎じて飲ませたい…。
あーあ、またまたどっかの誰かさんのルサンチマンで感想を〆ちゃった(笑)。

<作品データ>
・西江彩夏『ナルシストの憂鬱』(金ひかる・画、リブレ出版ビーボーイノベルス)2009.5
ナルシストの憂鬱 (B-BOY NOVELS)ナルシストの憂鬱 (B-BOY NOVELS)
(2009/05)
西江 彩夏

商品詳細を見る



攻めはツンデレというより、オレサマ乙男攻めになるのかな~?
根が真面目だから、辛いんだろうね…家族すら味方になってくれなかった辺りが切ないなあ。
金さんイラストの山田がキリっとしてればしてるほど、胸がチクリと痛くなります。
しかし、流石に山田にルビはいらないような…?

<拍手お礼>
・entry3、1119、1121に拍手ありがとうございます~♪

今朝方までは具合が悪かったのですが、ようやっと風邪の症状が落ち着きました。
職場のマイテリトリーにFAX&郵便物が山積みなんですが、全くチェックできてません(笑)。
ついでに、ルチル文庫の追加取るのも忘れてた…というか、昨日休んじゃったから取れなかった…。
遠野さんが全くもって足りていないのは分かっていたけど、意外にも小川さんが売れきれたヨ!!
そして、きっと来週から私の風邪が職場で蔓延するんだろうな~。
しかも、みんな私と違ってこじらせる…(私は2、3日安静にしていたら、大体完治するタイプ)。
[ 2009/05/16 19:52 ] novel BL | TB(2) | CM(2)
あねこしゃん、ブログのコメント放置で本当にゴメンなさい。
ツィッタ見ていただければお分かりの通り、ここんところリバに熱中しててダメ人間の加速度上がっている今日この頃です。
あーそうか、私には憧憬だけど若い人には新鮮なのかもですねー。
畳の匂いを懐かしいと感じるか、新鮮と感じるかの差みたいなものかもしれません。
西江さんは来年1月も発売予定が立っていますので、是非チェックしてみて下さいな。
ではっ!
[ 2009/11/23 12:52 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんはー!

>誤解を恐れずに言うと、“JUNE”の原点からは遠く隔たった後期のJUNE掲載作風に感じました。

あああ、わかる!
BL創成以前のJUNEというか。
恋愛の些末なことで右往左往したり葛藤したりが主軸だったりしたあの頃の感じですね。

>“恋愛”に対して、常に“誠実”な二人の姿に途方も無い“憧憬”を感じるんだな

これも、この作品が他と異なる要素ですね。
JUNEを知る者には憧憬、知らない者には新鮮みとしてうつるのかも。

必殺TBさせていただきまっす!
[ 2009/11/20 02:08 ] あねこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1122-4d27bce8

la aqua vita ナルシストの憂鬱
[2013/04/22 14:00] sac louis vuitton
今日は打ちのめされたり舞い上がったり落差が激しくてちょっと疲れたあねこです。 グラチャンバレー男子、初戦ポーランドに勝ちましたーーー...
[2009/11/20 02:01] 日々是BL
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。