スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

犬と小説家と妄想癖 

春眠暁を覚えず…の陽気な季節とはいえ、昨日の私は流石に寝過ぎだ。
また、一つ歳を重ねてしまった日でもあったので、近くのケーキ屋さんで数年ぶりにケーキを購入。
イチ君が雅紀君の誕生日に作ったケーキを買おうと思っていたんだけど、名前を思い出せず(笑)。
どの道チョコ系はあんまり好きじゃないというコトもあって、店頭オリジナルとレアチーズにしました。
ついでにフラフラ桜を見に行こうかと思いましたが、そういえば土曜日だったと気付きサクッと断念。
ははは、引き篭もりライフ万歳!

とまあ、うららかな日和に反してテンションの低い私は、高遠琉加さんを読んで一日を過ごしました。
なので、本日は高遠さんの作品の中でも特にお気に入りな『犬と小説家と妄想癖』をご紹介します。
というか、この作品で高遠さんにハマッて既刊+雑誌を追いかけるファンになったんですよ、実は。
これまでも何本か著作を読んでいましたが、当時は普通~好きの間くらいの座標軸だったんです。
私の萌えバロメーターが振り切れたのは、本作以降デス(笑)。

何度も何度も読み込んでいて、もう初読の興奮/感動をお伝えすることは適わないのが悔しいな。
この作品が大好きな理由は挙げだしたらキリが無いけれど、中でも特に大きい要素が下記の二つ。

1)作中の登場人物達の年齢が私とほぼ同い年(発行年基準で)。
2)三島由紀夫の『潮騒』の“焚き火”のシーンを越える“エロ”を私は知らない(笑)。

1)は解説するまでも無いけれど、やっぱり同世代っちゅーのはキャラに親しみが沸くんですよね。
BLにハマるきっかけとなった雁須磨子さんの『いちごが好きでもあかならとまれ。 』もなんですが、
身に覚えあり過ぎな回想シーンや言葉や流行が、同世代の空気で充満していて心地良いのです。
(ついでに、雑誌掲載の時点で計算すると件のレストラン本も同世代なのでシンパシーが強いです)

別に世代論を焚き付けるつもりは無いのですが、そもそも“BL”は私世代がターゲットだったらしく、
ジュネもヤオイも通らずにBLが好きと公言する層というのは、現在のアラサー±10らしいんですよ。
(やおいもジュネも興味が薄いのにBLが好きな層に限定するなら、±5まで絞って良いのかも…)
私よりちょっと上はやおい→BL、更に上の世代はジュネ→BL(やおいは無視)と前段階があって、
逆に私より下の世代はBLじゃなくてやおい、ケータイ小説、ドリーム小説が主流になるのだとか…。
そして、毎年もう流石に自分と同年齢の“受け”はメインで登場しないだろうと覚悟してるのですが、
今年もまだまだ自分と同齢の受けは登場してくれそうで、嬉しい反面、ちょっと不安になるのです。
年齢の上限を上げ続けちゃうと、新規に“若い”読者が参入できる“入口”が塞がれてしまいそうで。

何だか本筋とかけ離れましたが、要は私がまだ20代半ばで梅雨の時期に読んだ作品だというコト。
当時は取り立てて高遠さん贔屓じゃなかったので、購入動機は金さんの挿絵と“タイトル”でした。
何かで落ち込んでいた時に平積みされていたのを見かけ、景気付けに購入したら大当たりだった。
二人の関係にはコレといった障害は無いという意味では、取るに足らないありふれた日常の物語。
だけど、二人のスローな8年間はかけがえの無い思い出と、他愛の無い会話と、親密な空気があり、
何より白紙の誓約書が二人の関係を特別なモノにしていて、私にはソレが理想に見えたのです。
いや、今でも理想です…利己的な打算で他者を測りがちな“私”の戒めになってくれる作品であり、
一方で、リアルが苦しい時の心の拠り所になっている物語であり、特別で尊くて愛しい二人でした。
“ゆっくり”に意味があることに、とても勇気付けられるのですよね。

次いで、意味不明の2)。
換言するとこの物語、8年後に攻めに“焚き火”を渡らせる許可を出した受けの話なんですよ(笑)。
この焦らしプレイを耐え抜いた実直な攻めは優しいのか、ヘタレなのかは判断が分かれるトコロ。
それ以上に、そこまで攻めを焦らし抜いて“俺は悪くない”の態度を貫くメガネツンデレ受けにこそ、
読者の判断は判れるトコロで、この作品の評価を真っ二つに分かつ深刻な原因になっている模様。
私は前述の通り、二人の曖昧な関係(友情以上恋人未満)の8年間に価値があると思っているので、
“焚き火”のシーンに到るまでに8年かかろうが20年かかろうが、“受けは悪くない”と思う読者です。
“セックス”如きで二人の人間関係の“価値”は揺るがないと思っているし、その根っこの普遍性が、
この作品の最大の萌え♪なので。

と、理想論張りつつ小声で叫ぶと、焦らしに焦らしぬいた上での“焚き火”のシーンは圧巻なのだ!
三島さんも高遠さんも、この作品が著作の中で特にセクシャルなシーンが濃い訳では無いのにね。
私の妄想力が変な方向に増幅されちゃうらしくて、もの凄くエロいシーンに思えて仕方ないのです。
最後の最後で己の煩悩に率直な話をすると、この作品が朝チュンでなかったから萌え尽きたのだ。
いや、万が一そのシーンが無くても大好きな作品には違いないのだけど…(←言い訳がましいw)。
とまあ毎度、高遠さんの作品に関しては“萌え”が暑苦しくてすみません!

とりあえず、今のところやっぱり私の一番お気に入りの高遠さんの“完結”作品です。

<作品データ>
・高遠琉加『犬と小説家と妄想癖』(金ひかる・画、ビブロス出版ビーボーイノベルス)2004.6
犬と小説家と妄想癖 (ビーボーイノベルズ)犬と小説家と妄想癖 (ビーボーイノベルズ)
(2004/06/16)
高遠 琉加

商品詳細を見る



↑作品も、旧ビブロスの単行本(未)収録作品も“予定”はあるという噂は伺っているのですが…。
『世界の果て~』も含めて、いつ頃どのタイミングで何処から出して頂けるのでしょうかね。
“レストラン”の方は今月末に読めるとして、その後の作品情報が流れてこないから心配デス。

<拍手お礼>
・entry31、806、1093(2件)、1094(3件)に拍手ありがとうございます♪
1093に反応が良くて、ちょっとビビッてます。
雑談のつもりで長くなってしまったのですが、もうちょっと体裁整えた記事にすれば良かった。
来月以降は、もうちょっと簡略化して見やすいメモに気をつけます。

>1093に拍手下さった方
あー!!そうです、日夏さんの方です。
己の記憶だけでテキトーなコト書いていたら、案の定作者名を間違えているし…。
カズユキさん+リンクスの作家さんという認識があって、日夏さんと桐嶋さんを混同してました。
お察しの通りです…そして、私がリンクスにもアルルにもあまり興味ないことがバレバレだあ。
すみません!後で修正します、ご指摘ありがとうございました。

以上、2009年4月5日の記録


<作品データ>
・高遠琉加『犬と小説家と妄想癖』(金ひかる・画、海王社ガッシュ文庫)2010.7
犬と小説家と妄想癖 (ガッシュ文庫)犬と小説家と妄想癖 (ガッシュ文庫)
(2010/06)
高遠 琉加

商品詳細を見る


てことで、ガッシュから新装版出ました。
以前から、(BBN以外から)新装版のご予定を伺っておりましたが、まさかガッシュだったとは!
完全書下ろしは、不破視点の『手の中の瑠璃』(42P)…私の予想を遥かに上回る量でした。
BBN版を読んだ時から、この作品の不破視点を読むことが私の長年の夢でした!本当に、嬉しい♪
しかも、BBN版からの改稿/加筆の量も半端無かった(両作品、合わせて読み返してみた…)。
読んでてここまで印象が異なるのは、えれなさんの『花の檻』の雑誌掲載⇔ノベルス以来のこと。
本当は追記するつもりは無かったのですが、嬉しかったので改稿箇所をちらっと解説してみる。

・全体的に、改行/句読点位置、文章の入れ替えが行われていた(特に、犬~)。
・「みたいに」「ような」といった、以前高遠さんが多用されていた“表現”が大幅にカット。
・鮎川の不破に対する呼称の一部が「お前」だったのが、全て「不破」に統一されている。
・全体的に鮎川の物言いが自分のズルさに自覚的で、不破への配慮が感じられるようになった。
・淫靡なシーンが微増?(これは人によって感じ方違うかも…鮎川がやや素直になっている)。
・沖屋さんに対する人物描写が、更に鮮明で一筋縄ではいかない印象を醸し出している。
・犬~における、春の情景描写は完全加筆(元々の設定は3月下旬と表記アリ…猫~の方)。
・猫~において、鮎川はBBN版じゃそもそもケータイを持っていない。
 ⇒よって、電話ボックスの“寂しい”情景シーンがまるまるカットされている。
・二人の年齢が1歳若返っている(笑)。
・民主主義→個人主義、葛木夕香→葛木ゆか、に変えられている。
・猫~における電車の描写(窓ガラスに写る“表情”)も完全加筆。

あとは、私見ですが。
一般的な読者の鮎川に対する好感度は、“改稿”によって少し高まった気がする。
また、グラス/ガラス/窓に写る顔/表情の描写や、箱の中の猫に絡めた比喩が増えてるような?
よって、視点の鮎川の“文学性”が高まったとも言えるのかも知れない。
全体的に、(余分な…無くても意味が通じる)文章は削ぎ落とされてよりスマートになっている。
でも、私はこの作品に対する思い入れが強すぎるので、BBN版の方が馴染み深いのデス。

以上。
[ 2010/06/26 20:36 ] novel BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。