スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日曜日に生まれた子供 

『田園少年』は本棚にちゃんと収まっているのに、『SALVA ME』は見当たらない…。
買っていない筈は無いので、買った後にどうしたのか…きっと、近日中に再購入するんだろうな、私。

てことで、本日はお久しぶりの紺野キタさんのBLコミックです、BLっちゅーかシニアラブ
綺麗なお兄さんオジサンは好きですか?的な、珠玉の“年上受け”モノ中~短編集でございます。
ご承知の通り、年下攻めにあまり(←控えめ表現)関心が無い私ですが、紺野キタさんは別腹
オジサンもかつては稀代の美青年で、美少年で、“祝福された子供”だったことが想像できる物語。
彼らの“姿”は月日を経た見かけの変化に過ぎないだけで、本質は今も昔も変わらずに美しいのだ。
ノスタルジックな回想シーンを挟みながら、二人は共に在ることをを選ぶことで“幸い”を手に入れる。
出来る範囲で社会の現実と折り合いをつけつつも、肝心なかけがえの無い相手には妥協しないし、
遠慮しないし、侮らないし、そんな互いに尊重しつつ手に手を取り合う二人の“関係”が尊いのです。
特に、自業自得で今日も今日とて“孤独”を生き抜く誰かさんの、荒んだ心にはよく沁みます(笑)。

BLを読んでると“若い”って良いなって単純に羨ましく思うことがあるけれど、紺野キタさんの場合、
老いも若きも関係なく、可愛くて、明るくて、気立てがいい子供の延長の大人も幸せになるんだよね。
日曜日に生まれた子供は先天的に“祝福”されているのではなくて、“出生”の顛末をものともせず、
自身にとって一番大切なコトを見失わないし、守り続けるから、真の意味で幸福を手に入れるのだ。
人生の全てをかけがえの無い相手(≒恋人)に賭ける“勇気”が、我々読者の魅了するんですよね。
誰かさんに彼らのツメの垢でも煎じて飲ませたくなるような、爽やかでハートフルな珠玉の作品集。
ご馳走様でした!

Monday's child is fair of face,
Tuesday's child is full of grace,
Wednesday's child is full of woe,
Thursday's child has far to go,
Friday's child is loving and giving,
Saturday's child works hard for a living,
And the child that is born on the Sabbath day
Is bonny and blithe, and good and gay.

やっぱり、マザーグースで正しかったのね。
「CRAFT」の感想では自信が無かったにも関わらず、ロクに調べもせずに放りっ放しでした(笑)。
今回は、ちゃんと調べた。

加えて、「日曜日のピュ(Sunday's Children)」(1993)という映画も下敷きになっているっぽい。

<作品データ>
・紺野キタ『日曜日に生まれた子供』(大洋図書ミリオンコミックス)2009.4
日曜日に生まれた子供 (ミリオンコミックス 37 CRAFT SERIES 27)日曜日に生まれた子供 (ミリオンコミックス 37 CRAFT SERIES 27)
(2009/03/28)
紺野 キタ

商品詳細を見る




マザーグースといえば、英語の授業で↓がテストだったことがあります。
20秒以内に、噛まずに暗誦できなければ何度も何度もやり直しさせられるの…つ、辛かった。

Peter Piper picked a peck of pickled peppers.
A peck of pickled peppers Peter Piper picked.
If Peter Piper picked a peck of pickled peppers,
how many pickled peppers did Peter Piper pick?

<拍手お礼>
・entry120、450、464、1080、1089(2件)に拍手ありがとうございます♪

>1089にコメント下さったIさん。
こんばんは!そして、再びコメントありがとうございます。
ラノベに不信感しか抱いていなかった私が『英国妖異譚』を読み始めたのは、挿絵の所為です。
当時、かわい千草さんの『エスペランサ』に嵌っていたので、読まずにはいられなかったのです。
そしたら、大当たりで篠原美季さんの作品も追いかけるようになってしまいました(笑)。
このシリーズは、感想は書いたり書かなかったりなんですが、最新作はかいている筈です。
よろしければ、エントリーが少ない非BL小説カテゴリーから巡ってみてくださいませ~。
次回が最終巻だそうで、楽しみで待ち遠しくて仕方ないです。
あと、小説ディアプラスの次回予告の煽りが失笑笑っちゃいますよね、どうしたんでしょうか?
でも、この雑誌も予告通りなら次号も楽しみです~♪

昨日は、妹から借りて半年以上経つ『夏目友人張』を流石に読もうと思い立って読み始めたら…。
1巻の第2話で爆睡…漫画読んでて睡魔に負けたのって思えば『蟲師』以来だわ(←似た路線w)。
前途多難。


[ 2009/03/28 21:20 ] comic BL | TB(1) | CM(2)
こんばんは!ゆちゅ♪さん。
こちらこそ、春は忙しく無いけど(笑)常時睡魔発動中でブログ更新が停滞中デス。
ゆちゅ♪さんはゆちゅ♪ぴんの入学式で、準備やらお祝いやら(お祝い返し)でバタバタする時期ですもんねー。
どうぞ、お気遣い無く~。

私は何曜日生まれなのかなあ?
平日なのは間違いないのですが(陣痛起こした母がお昼に病院へ駆け込んで、普通に外来扱いだったからw私は予定日より2週間以上遅く生まれた子供だったので、予定日前日に入院しても陣痛も何も始まらなかった母は、翌日そのまま退院していたのです)、自分の生まれた曜日って気にしたこと無いなあ。
そして、マザーグースは殆ど言葉遊びみたいなものなので、あんまり内容は気にしなくても良いと思いますよ(笑)。
実家に谷川俊太郎・訳の絵本がたまたまあったので、私はちょびっと知っていただけです(あとはアガサ・クリスティのミステリにしょっちゅう出てくるくらいの知識しかないです)。
他は、後段の英語の授業が辛かった思い出しかないや。

キタさんのファンタジーは、私も読もう読もうと思って読んでいないんですよねー。
BLなら迷わないんだけど、少女コミックと思うと途端に財布の紐が硬くなる己の腐性がかなしいです。

ではでは!
[ 2009/04/05 20:59 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん こんにちは~。
すっかり出遅れて申し訳ないです…。
春はなかなかに私事も会社も忙しくて~(←言い訳)

私はキタさんはシニアにつられての初読みだったんですが、これからどんどん既刊を読みたいな~♪と画策中。
しかしブクオフではただの一冊もみつかりませんでした…人気あるんですね!

マザーグースは全然私門外漢で、ロッカバイベイビーくらいしか歌えませんが(英語で書けない…)(しかも歌うのかよ!)、はーこさんがあまりのひどさにショックを受けたと言うし、自分が何曜日生まれか調べようかなあw
あ、ちなみにゆちゅぴんは土曜日生まれですよ(笑)がんばれ!

ではではTBいただきましたのでよろしくお願いします!
[ 2009/04/03 14:08 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1091-cc47d53b

日曜日に生まれた子供 (ミリオンコミックス 37 CRAFT SERIES 27) 紺野 キタ ──君は拒めない 私は主人だから ダーラム家の主ローランドの恋人は、父の跡を継いだ若き執事エリックだ。 けれど、ふたりの間には厳然たる身分の差異が存在しており......。 階上と?...
[2009/04/03 14:00] 水中雑草園
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。