スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

FREEZER 

単行本に“1巻”と表記されてあった場合、続巻を期待したくなるのは私だけじゃないですよね?
2003年3月ということは、今から6年前に世に出た作品なんですが、未だに続巻の噂を聞かない。
てか、雑誌の連載自体は2002年がメインで、実は当時の私は「BIRZ」をほぼ定期購読してました。
今は発売日が月末ですが、当時は10日頃で、レジに並ぶ同族の雰囲気を有した女性客の大半は、
小脇にマガビーとガスト(※ガッシュじゃない!)を抱えており、彼女達をチラチラと横目に眺めつつ、
「BIRZ」と「ネムキ」を購入していた腐女子がココに…。

という訳で、密かに雑誌連載からこの華門さんの作品を追いかけてましたが、続きが未だ出ない。
なまじ作品が面白いから、キャラクタ達が魅力的だから、続きが読みたくて読みたくてしょうがない。
そういえば竹美家ららさんの『チョーク。』も未完の気がするけど、私が諦めきれないのは華門さん。
確かに、シリーズ短編だからいつ終わっても仕方が無い構成なんだけど、流石に短命過ぎだろう。
古すぎて、表紙画像も出ないし…。

華門さんはBL小説の挿絵も手がけており、系統的にはヤマダサクラコさんとか琥狗ハヤテさん系。
私がガシガシ系と名付けている好きな画風で、線が太くて荒い青年漫画風のやおいテイストの絵。
著者は間違いなく、某ゲーム関連のやおい畑の方だと思うので、私の指摘は失礼に当たらない筈。
元々、「BIRZ」は斎藤岬さんにしろ冬目景さんにしろ東城和美さんにしろ、こういう濃い絵柄なので、
そういう意味ではいかにも「BIRZ」系の作家さんという気もする(※私の作家データはかなり古い)。

物語は、お堅い出版社の“窓際”ホラー専門誌編集部のオカルティック・コメディというかミステリー?
個性的な編集部の面々に若干引きつつも、“へたれ”克服の為に孤軍奮闘する新米社員の成長譚。
長髪美人の霊能者(?)の不知火不動に振り回されつつ、彼の明晰な“推理”が作品を引き立てる。
夫々の“事件”自体に目新しい要素は無いものの、編集部面子のキャラが立っていて魅力的デス。
女性キャラもいるけれど、電波系占い師と隙の無い“鉄の女”なので、変な恋愛フラグは立たないし、
気兼ねなくへたれ×女王様(華門さん的には逆かもしれん…)でやおい妄想も可能で、美味しい♪
本に挟まっている広告ちらしも、遠慮なくBLのリンクスとルチルを宣伝しているのも流石デス(笑)。

てか、同人誌で続いていたらどうしよう…。
続いていても良いんだけど、お願いだから商業単行本に再録して欲しいな。
バーズはコレが初めてでも最後でも無いけれど、尻切れトンボな未完のシリーズが多すぎる~。
時間ばかりが、どんどんどんどん流れていきます。

<作品データ>
・華門『FREEZER』1巻(幻冬舎バーズコミックス)2003.3
FREEZER 1 (1) (バーズコミックス)FREEZER 1 (1) (バーズコミックス)
(2003/03)
華門

商品詳細を見る



華門さんといえば、もう一つネタがあります。
コチラは完全にBL誌のインタビュー記事だった筈ですが、以下の下ネタが忘れられません…。

「(古典の)あながち→穴が血→無理に」

やおいネタが古典の勉強に役立つ類稀な覚え方ですよね(笑)。
しかし、このネタが掲載された雑誌が何時の何だったのか全く思い出せないんだよなー。
ポストカードのピンナップを描かれていて、その裏側にコメントインタビューが掲載されてたような?
うーん。

<拍手お礼>
・entry1076(2件)、1081(4件)に拍手ありがとうございました~♪

>WEEDに拍手下さったnさん。
あんまり褒めちぎられても何もお返しできないのですが、過分なコメントありがとうございます。
確かにこの作品は境界上の作品だと思うのですが、他の方の感想は割と皆さん冷静ですよね。
どうも、『FLOWER』がキッツイみたいで、そちらに比べると読後の印象が弱い方が多いような?
『FLOWER』読めるのかなあ、私(笑)。
小冊子が萌え過ぎたので、たとえ読めなくても買ったことを後悔したりはしませんが。

>セントエルモス~に拍手下さったyさん
こんばんは!こんなトコロで事後承諾もなんなんですが、リンク張らせてもらいました。
最近は面倒で殆どリンクを弄っていなかったのですが、yさんの記事が楽しくて、楽しくて~♪
コチラこそ、俄かファンなのでよろしくお願いします。
セントエルモス~は幕の引き方がハッピーエンドでは無いので、読者の反応は分かれそうです。
でも、JUNE派の方は割と肯定的に捕らえていらっしゃる方が多いのかな?
私は岩館さんの少女漫画と対比してますが、この種の暗さとソレを引き受ける強さみたいなのは、
やっぱり独特の余韻があって、ジーンと痺れてきますよねー。
事前の情報を全く調べずに読み始めたのが功を奏したみたいで、良い読書体験になりました。
たまには、こういうBL小説も良いですよね。
あ!解釈の方は“我流”なんで話半分、冗談半分に読んでおいて下さいな~。
[ 2009/03/17 00:04 ] comic 非BL | TB(2) | CM(4)
こんばんは!
再コメントありがとうございます~♪
私はブログ初めて3年ほどですが、未だに限られた小数の常連さん&お友達しか来ない辺境ブログなので、ウチのリンクから遊びに行かれる方はごく少数…てか、私だけかもしれません(笑)。
そんな感じですけど、よろしくお願いします。
[ 2009/03/20 19:44 ] tatsuki [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/03/19 00:40 ] [ 編集 ]
こんばんは!はーこさん。
コミック未収録はあったような気がするんだけど、もう記憶の彼方過ぎて思い出せません!
何となし、館野さんの『長い間』並に中途半端なところで終わってそのままだったような…私の幻?
私も『羊のうた』の頃はちゃんとバーズを読んでて、この最終回は雑誌を叩き付けたい衝動を我慢した記憶があります。
…だから、記憶喪失モノはいやなんですよねー、『G線上の猫』もだけど引っ張るだけ引っ張ってそのオチ?って言いたくなるパターンが多くて(笑)。
そして、華門さんを私が最後に見たのは某ラーメンの“具”的なもしくはテニスの二次アンソロだったような気がする。
2004年の末か2005年?この記憶もあやしいなあ~。
今は何処かで描いているのかな?PN変えられていたら、それこそ気付かないかもしれない。

ではでは!
こんな古い作品の続きを待っているの
って私くらいかと思っていたのですが、はーこさんと秋月さんも待っててくれているみたいなので、実は密かに“同志”が多いのかもしれませんね。
[ 2009/03/18 20:37 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは♪

私、このマンガも「チョーク」も持ってますよ…。
そして、続きをどちらも待っているけれど、無理なんだろうな…とあきらめています。
私は、雑誌の方はチェックしてなかったのだけど、コミック未収録の回とかあるの?「チョーク」はコミック未収録の回があったような気がするのだけど、記憶が曖昧。
「羊のうた」が連載していたころは「BIRZ」立ち読みしていたのですけどね~。
っていうか、華門さんって、今どこかで描いてます?
ヤマダサクラコさんの作品を初めて見た時、てっきり華門さんがペンネーム変えたんだと思ったり…。
[ 2009/03/17 23:16 ] はーこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1083-9916ef7a

la aqua vita FREEZER
[2013/12/15 15:27] モンクレール ダウン
la aqua vita FREEZER
[2013/04/22 14:53] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。