スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

明け方のオマエに愛を告げる 

ルビー文庫は、私とは最も縁の薄いBLレーベルの一つだと思います。
このレーベルの“縛り”というか“独自のカラー”が基本的に合わなくて、読むと凄く疲れるのです。

この特徴ってBLレーベルのルビーに限らず、少女小説レーベルのコバルトにも共通するのだけど、
もっと言えば富士見FT他の少年向けラノベや、“花とゆめ”系の少女漫画も含まれてくるのですが、
読者と視点キャラ(@主人公≒ヒロイン≒受け)の距離が妙に近くて、私には大変読み心地が悪い。
自己紹介から始まって、己の心情の些細な変化に自問自答したり、読者に心中を打ち明けたり…。
そんな私@読者にとって激しくどうでも良い情報に関しては、詳細をしつこく提供してくれる反面、
肝心の物語がおざなりだったり、ご都合主義的だったりで、私が求める醍醐味が得られないのだ。
何より、オレサマな読者である私に対して主人公がフランクで馴れ馴れしいのが、とても辛い…。

じゃあ、私にとっての物語の醍醐味って何かと問われれば、言葉で説明するのは難しいのですが、
複合的複眼的で、混線的確信的で、多層的多重的構造を帯びた作品にあるんだよね。
最近読んだ花郎さん、松田さん、華藤さん、SHOOWAさん他の当たりBL作品に共通する萌えは、
この辺りにカタルシスの“ヒント”があって、私が万年大好きな高遠琉加さんに期待値が大きいのも、
多分ソレが理由かと…私が物語に、小説に、漫画に、映画に、ゲームに求める要素はココのハズ。
が、ルビーは“若い”読者に小説に対する親しみを持たせるためか、この“”を予め抜いてしまう。
だから、私はこのレーベルに関しては、初っ端からある程度割り引いて読むことしかできないのだ。

いやあ、本気で前置き長っ!!

さて、という訳で今回の高野真名さんの作品なんですが、総じて欠点の少ない面白いBLでした♪
最近の私は桜城ややさんの挿絵に弱いので、半分は挿絵買いで残りの半分がアラスジ買いです。
主人公の旭は、前作で某オオフリの泉君的な小粒でもピリリと辛いヒロインの親友だったのかな?
↑で愚痴ってたルビーコードを割り引いて読めば、割とオトコマエで裏表の無い性格の少年かと。
対する攻めの梶原は、ヘタレというか乙男チックというか、ルビーなのに凡庸な三枚目キャラ…。
例によって、男じゃなくて君だから好きという告白のキメ台詞が出てきて、やや閉口しましたが。
まあ、彼のセクシャルアイデンティティなどどうでも良いんだけどさ…あえて、一言ツッコミ入れると、
彼の女々しい乙男行動は旭よりよっぽど受け受けしいし、時折言葉がオネエちっくなのが笑えた。
CP的には逆の方が萌えるとまでは言いませんが、二人がリバってくれたら完璧だったかな?
私が桜城さんの挿絵に弱いのは、受け⇔攻めの反転が成立しそうな雰囲気を感じてるからだし。

もう一つ、のだださん的な指摘をすると、偏見という単語を軽んじて使われていたのが不愉快。
偏見が無いからダイジョーヴって、偏見を知らない無神経な人間だって言ってるように見えるな…。
そういうキャラクタがいても良いけれど、そんな人物を肯定的に描写することに違和感感じました。
いや、単純に思い違いの青春BLとしては面白かったし、受けがノリノリなエロは萌えましたが(笑)。
ココだけの話、私は受けが美味しそうに口で含むあの描写が好物なんで、ソコは大満足してます。
モチベーションが続けば、次回のエントリーも立て続けに高野さんかな?

<作品データ>
・高野真名『明け方のオマエに愛を告げる』(桜城やや・画、角川書店ルビー文庫)2006.10
明け方のオマエに愛を告げる (角川ルビー文庫)明け方のオマエに愛を告げる (角川ルビー文庫)
(2006/09/30)
高野 真名

商品詳細を見る



読書メーターにもちょこっと書いたけど、ルビー以外の高野さんが読んでみたいな~。

<拍手お礼>
・entry1076(2件)に拍手ありがとうございます~♪

>nさん
アツいコメントありがとうございます~♪
私の解釈はまたも我流のオレサマ読みなんですが、花郎さんの他作品を調べてみると、
因習モノのファンタジー系も手がけていらっしゃるみたいで、自分の読みへの確信が深まりました。
セックスが当たり前のBL世界で、当たり前の理由じゃなく行われていたのが意味深でしたね~。
しかも、レビューでは触れる余裕が無かったけど、花郎さんのソッチ系の描写が実に私好みで(笑)。
心は虚だけど、身体は快楽に弱い流され系Mというどーしよーもない受けが美味しかったです。
そんな受けに翻弄されてしまうとはいえ、不動もへたれじゃなくてカッコいい攻めだったと思います。
想像以上に骨太で、テーマが深くて90年代のBLの水準の高さに改めてビックリしましたよー。
他にもオススメありがとうございます~♪今、すごく他の花郎作品が読みたいのです!
「セントエルモス~」も同人誌あたりで、スピンオフとか番外編があったりするのかな?
たまには、こういう本格派BLが読みたいですよね。
[ 2009/03/08 22:37 ] novel BL | TB(0) | CM(2)
こんにちは!のだださん。
私、友達少ないないから(←笑)、こういう馴れ馴れしい人は友人カテゴリーにいたことが無いなー。
人の話聞かない(聞くのが苦痛な人間だ)から、この手のお話(相談)聞いて欲しい~というタイプは近くに寄ってきたためしが無いです。
でも、小説だとこちらが望んでいないのにこういう心情べらべら語りかけてくるタイプがいて疲れますね~。
ベタベタしてない(石田衣良のIWGPとか)タイプとか、突き抜けた電波タイプ(サリンジャー的な?)だったら、こういう手法も面白いんだけど。

高野さんは、文章はサクサクしていて読みやすいんですけどね。
少なくとも、昨年読んだ同レーベルの渡辺ゆいさんとか榛名悠さんよりは遥かに読みやすいですし、藤崎都さんとか水城薫さんの小説よりは物語展開も普通の範疇で、決して嫌いではないのですが。
(ただ、“個性”と言う意味では渡辺ゆいがルビー的じゃない要素があって面白い)
BLじゃなくても良いので、ルビーじゃない小説だったらもう少し好きになれるかもしれないな、と思うのですが。

そして、スピンオフって知りつつも私も1巻は買ってません。
アラスジ読んでも、全然ピンと来なかったから(笑)。
しかも、次も高野さんと宣言しつつ別の作品読み始めちゃったし…。
骨が無いのがあらかじめ分かっているので、何かやっぱり立て続けに読む気にならなかった。

あ!エロシーンは何気にお気に入りです。
他は総じてフツーかなあ。
ではでは!
[ 2009/03/11 12:55 ] tatsuki [ 編集 ]
どうもー。こんばんは、tatsukiさん。こちらではお久しぶりです。

>読者と視点キャラ(@主人公≒ヒロイン≒受け)の距離が妙に近くて、私には大変読み心地が悪い
>主人公がフランクで馴れ馴れしい

ありますね~w
でもこういう人友達にも一人はいる感じです^^
ドリームな主観に同意を求めてくる、とか。聞き流しますが。

>偏見を知らない無神経な人間だって言ってるように見えるな

これもあるあるって感じです。そもそも「偏見があるかないか」は自分が決める事じゃないので自己申告されましても・・・とw
でも、多分この指摘って「のだだ的」と言うか、たとえば「はてな」のクィアブロガーさんなどには共通認識な気がします。

それはともかく、「そういうキャラがいてもいいけど肯定的に描くのは違和感」に本当同感です。むしろ差別主義者がどれだけ出てきてもいいけれど、肝心なのは描き方だと思うので。そういう点で、たまに木原さんは立場を逆転させてたり色々面白いv


で、この作品は受け攻めの体格差が好みなので読みたいのだけど、私の記憶が確かならばこれってシリーズもので別カップルのスピンオフだったような・・・。別カプは大して好みじゃなくて手が出しづらい(笑)
スピンオフってこういうとき困りますよね;;

とは言え、面白かったのならいつか古本屋で見つけて買おうかな、と思います♪
[ 2009/03/10 20:36 ] のだだ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。