スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夜に舞う薄紅の花 

お友達のYさん風のサブタイトルを付けるなら、“三度目の初夜♪”でしょうか?
今は無き版元の作品で、挿絵に惹かれて古書店で仕入れたのでデカイ口は叩きたくないのですが、
本日は久しぶりに(激)辛口感想かと…。

という訳で、私のカウントミスでなければ“初夜”だけで三回あるんですよ、この作品。
三度目の正直であるクライマックスの“初夜”は、読者@私にとっては心底どうでも良い流れでした。
大体、受けの一葉の言葉を信じるなら、各々の初夜の間にも二桁では済まない“夜”がある訳で、
その夜毎の秘め事を克明に追っているのでは無いのですが、クライマックスまでに致すこと数回。
コレがギャグかコメディなら私もアリだと思うけれど、狙っている方向がシリアス風味なんだよね…。
「三度もヴァージンロードを歩けて幸せ~♪」と涙に咽ぶ、花嫁の結婚式に出席してしまった感じ?
真崎さんの小説は文章もプロットも破綻が無くて、薄口ながら手軽に読めるのが魅力なんですが、
昨日読んだ小説が、濃縮コーヒーか度数の高いお酒のような作風が魅力の華藤さんだったから、
余計に真崎さんの甘いアメリカンコーヒーが、疲労感を増幅させるのかもしれませんが、疲れた。
普段の私は、アメリカンコーヒーでも美味しく感じる人間なんですけどね。

この作品の主人公である一葉は、健気受けに分類される筈なんですがイマイチ感情移入し難い。
彼のようなタイプが、お友達のYさんが“苦手”と仰るセンシティブ系の受けなのかもしれないな…。
私には、どちらかと言うと鈍感で、大切な身近な相手に配慮できない困った受けちゃんに見えた。
確かに、一葉選んだ…否、一葉選んだ攻めの宏晃は三十路オーバーの癖に大人気が無くて、
自制心も効かないし、大事なことを言葉で伝えることもロクに出来ないヘタレたアホだとは思うよー。
一葉の置かれたシチュエーションも可哀想だと思うし、気の良い養父を失った悲しみにも同情する。
言葉で心を伝えられないからといって、身体でコミュニケーションを取ろうとする攻めはサイテーだ。
怒って良いし、抵抗して良いし、詰って良いし、先日の華藤さんのように陰嚢潰したろうかくらいの、
そんなトンチキ気丈な態度を示したって決して罰は当たらないと思う(笑)。

でも、“健気”受けはあっさり受け入れちゃうんだよね…身体を。
私がイラっとするのは、身体は受け入れるのに相手の本意を考えない彼の怠慢さにあると思う。
若い(未熟だ)から仕方ないのかもしれないが、自分の境遇で精一杯で宏晃の劣情については、
アサッテな可能性しか思いつかないのが、もどかしい…てか、実は宏晃にあまり興味が無さそう。
攻めの必死のボディランゲージも途中で意識飛ばしちゃって、何がなんだか分からない一葉君。
こんなに鈍感なのに、“純真なヒロイン”アピールだけは忘れないから感情移入の余地が無い。

梅の情景描写とか、華藤さんとは傾向の違うサラリとしたノスタルジックなシーンは心地良い。
真崎さんの作品は、この作品に限らずいつも“萌え”ツボを掠めるのに、肝心な部分で避けられる。
ソコで登場人物を奈落に落としてくれれば、私のような安直な読者は絶対に釣り上げられるのに、
そういう地点をするりとアッサリ回避しちゃうのは、小説としてとても勿体無いことだと思うのです。
要するに、一番絶頂ポイントで網を張らないから作品からカタルシスが感じられないのだ。

この作品も、クライマックスが文字通りの“初夜”だったらさぞかし美味しいBLだったことでしょう。
が、残念ながら“初夜”だけで三回、それ以外にも数回…何度も出されたらそりゃ飽きるだろう…。
美味しいものは最後まで取っておかないと、ロマンチックなムードも台無しだなあ、と思いました。

<作品データ>
・真崎ひかる『夜に舞う薄紅の花』(高久尚子・画、リーフ出版リーフノベルス)2005.6
夜に舞う薄紅の花 (リーフノベルズ)夜に舞う薄紅の花 (リーフノベルズ)
(2006/05/30)
真崎 ひかる

商品詳細を見る



それにしても、高久先生のカラーが美麗でクラクラする。
私は普段、作家さんの敬称に“先生”は付けないのですが、高久先生だけは例外(笑)。
某ギャグエッセイ漫画の影響で、先生がキャラクタライズ化されちゃってるんだよね。

<拍手お礼>
・昨日に引き続き、entry1070(3件)に拍手ありがとうございます~。

[ 2009/03/02 19:55 ] novel BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1073-2074e49f

la aqua vita 夜に舞う薄紅の花
[2013/04/22 14:29] sac louis vuitton
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。