スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

40男と美貌の幹部  

海野幸さんの小説は、デビュー当時から一貫して文章が読みやすいです。
先日読んだばかりのあの作品の苦労を考えると、この洗練された文章はそれだけで大満足~♪
今回の作品は、これまた海野さんが得意とするスマートでちょっぴりシニカルなコメディBLです。
同じシャレードデビュー作家の小林典雅さんとは、ノリも文体も方向性も全く違う“コメディ”です。
一概にどちらが優れているかという比較は難しいけれど、海野さんはクスっと笑わせるジワジワ系、
典雅さんはドカンと突き抜けた笑いと、饒舌すぎる登場人物達の台詞や古風なテイストが持ち味。
濃い口の連ドラ系なら典雅さん、洗練された上品な映画系を好むなら海野さんが良いのかな?
無論、読者のモチベーション&コンディションを整えれば、どちらも美味しく頂けると思いますが。

さて今回は、40男(部下)×ツンデレ女王様(俄か上司)の階級逆転(下克上)型ロマンス♪
高級化粧品を専門とするブランド企業が舞台なので、我々女性読者には良くも悪くも馴染み深い。
この手の営業方針は、一歩間違えるとクロサギさんにやり込められても仕方の無い部分があり、
街で出くわすキャッチセールスも何となく彷彿させるので、マイナスイメージがどうしても付きまとう。
彼らがシロであることを証明する条件はただ一つ、即ち価格に見合った化粧品を提供し続けること。
まずは自社の商品を心の底から信頼しなければ成り立ちませんし、知識&情報が営業の要です。
本人自身がどんなに興味がなくてもね(笑)。

そんな訳で、美貌の幹部候補生に引き抜かれた40男が、女王様の忠実な僕として大奮闘します。
女王様は特別な権力を行使できる立場にあるものの、実はソレは時限付きな背水の陣でもある。
そんな実力主義社会で、孤高に生きるコトを余儀なくされてきた篠宮に惚れ込んでしまった宗一郎。
引き抜かれた当初は戸惑うばかりだった彼も、女王様の“本気”に対し永遠の忠誠を誓うようになる。
無論、彼には打算も合って、ツンデレ女王様のたまに見せる心の脆い部分に上手くつけ入る(笑)。
プライベートではオボコくて清純派の篠宮に更なる思いを募らせ、仕事では彼の手となり足となり、
自身の持ちうるあらゆる魅力(惑)的な“武器”を使って、妙齢の女性達のホスト役に徹する宗一郎。
結果、篠宮の思惑どおりに営業成績は向上し、彼のエリートコースの道も磐石なモノになっていく。

気になったのは、シリーズモノとして引っ張るなら、篠宮はあっさり落ちない方が良かったような?
意外にもこの作品は雑誌掲載時のような二本立てで、シリーズモノの様相を呈していたんだよね。
いや、シャレードお得意のシリーズ化でも構わないのだけど、その割には綺麗にまとまっていて、
否、綺麗に手堅くまとまり過ぎている作品で、次回への“引き”や“伏線”がないのが逆に不思議…。
シリーズを狙うなら、(濡れ場は兎も角w)恋愛局面ではデキ上がらない方が戦略的に良いような?
海野さんの小説は起承転結がカッチリ纏まっていて上手いんだけど、“隙”が無さすぎるのです。
“隙”が無いってことは読者が妄想する余地も無いので、今後の展開も気にならないってことになる。
続きを読みたい気分にさせない作品って潔いんだけど、コレは意外と“短所”なのかもしれないな。
因って、シリーズ化を狙っているなら海野さんの手堅さが逆に仇になっているような気がするなあ。

<作品データ>
・海野幸『40男と美貌の幹部』(佐々木久美子・画、二見書房シャレード文庫)2009.3
40男と美貌の幹部 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 う 3-3)40男と美貌の幹部 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 う 3-3)
(2009/02/23)
海野 幸

商品詳細を見る



今年に入ってから、BL小説の感想ってさほど多くない筈なんですけど。
もう既に、佐々木久美子さんが挿絵を手がけている小説が二本目デス(笑)。
今年もぶっちぎりで挿絵のトップ記録を更新しそうな予感大。

<拍手お礼>
・entry426、866、1066に拍手ありがとうございます~♪

明日から、怒涛の購入ラッシュが続くかと…。
何か予定より買う本が多い気がするのは何故なんだ?
しかも、ドラマCDも予約しちゃってるし(笑)。
[ 2009/02/25 22:51 ] novel BL | TB(1) | CM(2)
こんばんは!ゆちゅ♪さん。
コメント&TBありがとうございます~♪
昨日のうちにレスするつもりだったのですが、木原さんのエントリー書いているウチにどんどん具合が悪くなっちゃって出来なかったです…。
だから、『WEED』の感想は日本語がいつも以上に危険水準で、私は調子悪いと言葉選べなくなるから、硬い文章になっちゃうんだなあ。
ちょっと行きすぎな解釈になっちゃってるけど、作者や読者や登場人物に“配慮”する余裕の無いレビューになっちゃった。
まあ、コレが所詮自分のクオリティなんだなと思って今は開き直ってますが。

さてさて、海野さん。
本当にカラッとしていて、気持ち良い小説なんだけど、ちっちゃくまとまっちゃってるのが物足りない感じですよね。
もっと、たがを外したトンチキ設定にも挑戦し頂きたい気もします。
あーでも、そういう意味じゃ、花屋は一番ぶっ飛んでましたけどねー。
脇役が(笑)。
機会があったら是非コチラも挑戦して見てください~。
パールなので小一時間で読み終わっちゃいますが…。

ではでは!

[ 2009/03/15 18:11 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん こんにちは!

>“隙”が無いってことは読者が妄想する余地も無いので、今後の展開も気にならないってことになる。

うわ、なんかズバリ自分もやもやの核心をつかれた気分です!
海野さんて、読みやすいし、一読して面白かったなー、と思いはするんですけど確かに後をひかれないんですよね…。
余韻に浸るとか、このキャラでもう少し読みたい、ってのがないんだなぁ。

そこらあたりはtatsukiさんがご指摘の通り、作者さま本人のキャラへの愛着の薄さ、なのかも。

思い入れが強すぎてクドクドしいのも閉口しますが、元がお上手な作家さんなのでいつかキャラ萌えが加われば化けるかもしれませんねw

ではではTBもいただいていきますので、よろしくお願いします♪
[ 2009/03/13 15:15 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1067-494e8e41

40男と美貌の幹部 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫) JUGEMテーマ:読書 皆様からオススメいただいておりました40男平社員本をよーやく読めました。 すみません、松田さんは読んでから日にちが開いちゃったんでもっぺん読んでからにする…(T∇T) はー?...
[2009/03/13 15:16] 水中雑草園
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。