スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キネイン! 

2008年の心残りといえば、結局えすとえむさんの作品の感想を書けず終いだったことに尽きます。
メールやオフでは暑苦しく萌えを語ってたのに、いざ文章に起こそうとすると難しくて下書きのまま。
タイトルのダブルミーニング性や、サブタイトルの“引用”元や“解釈”について調べ込んでいくと、
えすとさんの作品世界を超えた新発見が多数出てきて、更に調査に手を伸ばしちゃったのが敗因。
そもそも、えすとさんの造詣の深い“音楽”やら“アート”の世界は、私にとっては鬼門ジャンルだし、
悔しい現実だけれど、つまるところ私ごときが半端に手を出してどうこうできるモノじゃ無かったのだ。
でも、当時の私の“しつこさ”に、最後まで付き合って下さったハスイさんと秋月さんに大感謝デス♪
今更ですが、本当にありがとうございました!

さて、今回のえすとさんはタイトルからも察せられるとおり、映画ネタ満載のシリーズ短編集でした。
いつもより軽いテイストで、某キャンペーンCMからヒントを得て出来た、半二次作品集なんだとか。
ソレゆえか、BL指数は極端に低く、先月のトジツキさんに引き続き同人誌っぽいノリの物語でした。
但し、トジツキさんとは違って現実に同人誌で読んでいた作品という訳ではないので、楽しかった!
しかも、私もかつては重度の映画ヲタクだったので、前回は挫折した元ネタにもついていけた筈…。
BL好きよりも、(昔の)映画好きの好奇心をくすぐる青春(BL)コメディに仕上がっていたと思う。
小粋な軽い短編漫画(作品)を読みたいモードの時には特にうってつけかと…ご馳走様でした!

<作品データ>
・えすとえむ『キネイン!』(東京漫画社マーブルコミックス)2009.3
キネイン! (MARBLE COMICS)キネイン! (MARBLE COMICS)
(2009/02)
えすとえむ

商品詳細を見る

↓は、私が分かる(あくまで“予想”)ネタ一覧。
他にも、思い浮かぶネタがありましたらご一報下さると嬉しいです~♪
長く、暑苦しく、画像が多くて重いかも…。


七年目の浮気 (特別編) [DVD]七年目の浮気 (特別編) [DVD]
(2008/05/23)
マリリン・モンロートム・イーウェル

商品詳細を見る

ピンナップのマリのコスプレ。
自分に不相応に魅力的な奥様が、彼の不在時に“浮気”するんじゃないかとヤキモキするコメディ。
このスカートは、地下鉄の通気孔から吹く強風で捲りあがるんだな。
理由なき反抗 特別版 [DVD]理由なき反抗 特別版 [DVD]
(2007/12/07)
ジェームス・ディーンナタリー・ウッド

商品詳細を見る

ピンナップのジョーのコスプレ(ちょっと自信が無い)。
一瞬、「ウェストサイドストーリー」も頭を過ぎったんだけど、多分ジェームズ・ディーンが元ネタ。
ちなみに、ケンの“チャップリン”は、作品を特定するのが難しかったのでリンクはパス。

サタデー・ナイト・フィーバー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]サタデー・ナイト・フィーバー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2004/11/26)
ジョン・トラボルタカレン・リン・ゴーニイ

商品詳細を見る

take.1の“SUNDAY MORNIG PARTY”は、↑作品タイトルをモジッっている筈。
メタボ前のトラボルタ全盛(?)のディスコムービー。
プリティ・ウーマン 特別版 [DVD]プリティ・ウーマン 特別版 [DVD]
(2006/04/19)
リチャード・ギアジュリア・ロバーツ

商品詳細を見る

P3の構図引用。
コレが手こずった…えすとえむさんの表紙絵は(無理やり?)3人だったから惑わされたよ…。
絶対、このネクタイを引っ張った“ピンナップ”は作品を見ている筈だと、調べまくっちゃった。
結局グーグルの神様は当てにならず、己のカビの生えた記憶を引っ張って思い出したけれど。
一介の娼婦が、大金持ちを誑しこんで生まれながらの“セレブ”として世間を欺いていく物語。
現代版というよりは、アメリカ版のラディカルな“マイ・フェア・レディ”のパロディコメディです。
が、個人的には最初から最後までジュリア・ロバーツは一介の娼婦にしか見えないんだな(笑)。

007/ワールド・イズ・ノット・イナフ〈特別編〉 [DVD]007/ワールド・イズ・ノット・イナフ〈特別編〉 [DVD]
(2004/08/20)
ピアーズ・ブロスナンロバート・カーライル

商品詳細を見る

take.2の“Friendship is not enough.”のタイトル引用元(多分…)。
007シリーズは、父が見ている横で何本か斜めに観た気がするけど、私は思い入れが全く無い。
どのみち、↑は多分観ていない(ピアース・ブロスナン版なので)。
卒業 [DVD]卒業 [DVD]
(1999/12/24)
アン・バンクロフトダスティン・ホフマン

商品詳細を見る

P30の構図引用。
余談ですが、私はBLorやおいネタとして“卒業”ネタが大好物。
しかし、本編はダスティン・ホフマンとキャサリン・ロスなので、ビジュアル的には厳しいものが…。
アン・バンクロフトの方が、役どころ的には美味しいんだよなあ。
えすとさんのは、ジョー@ガクランがエロくて更に◎
恋人たちの予感 (特別編) [DVD]恋人たちの予感 (特別編) [DVD]
(2008/08/22)
ビリー・クリスタルメグ・ライアン

商品詳細を見る

P39のマリとジョーのやりとりが、ありがちなんだけど↑の作品内シーンを髣髴させた。
この作品については以前何かの折に語った気がするけど、3度目の正直で好きになった映画です。
中学生の時には、この二人の長台詞の応酬(男女関係の“皮肉”)が全く意味不明だったんだよな。
2001年宇宙の旅 [DVD]2001年宇宙の旅 [DVD]
(2008/09/10)
キア・デュリアゲイリー・ロックウッド

商品詳細を見る

P48含む、ケンの部屋の扉のポスター。
スケールのでかい挿入映画デス(笑)。
映画の半分近くは、が親指P的なモノリスを崇めたてているシーンばかりで、面白くは…無い…。
現在見返せばまた印象が変わるのでしょうけど、3時間強の長丁場に耐える忍耐が無いのでパス。
ローマの休日 [DVD]ローマの休日 [DVD]
(2006/12/14)
オードリー・ヘップバーングレゴリー・ペック

商品詳細を見る

ローマの休日
take.3はタイトルもP55の表紙カットも元ネタが分かりやすい。
3人がべスパに乗っている画像も拾えたので、一緒にリンクを張っときます。
個人的に「ローマの休日」は、ヘップバーン主演作品の中では3番目に好きです。
ちなみに、1番は「尼僧物語」で2番は「シャレード」…多分、世間の“評判”とはずれています。
007/私を愛したスパイ〈特別編〉 [DVD]007/私を愛したスパイ〈特別編〉 [DVD]
(2004/08/20)
ロジャー・ムーアバーバラ・バック

商品詳細を見る

私の愛したゴースト
take.4の“The alien who I loved.”はタイトル引用元がイマイチ特定できない…。
↑二つとも、英語の原題じゃニュアンスにズレがあるので、どちらも外している可能性が高い。
むしろ、ここは素直に「エイリアン」の方を引っ張るべきだったんだろうか?
E.T. スペシャル・エディション [DVD]E.T. スペシャル・エディション [DVD]
(2004/07/07)
ヘンリー・トーマスディー・ウォーレス

商品詳細を見る

P87の表紙絵は、まあまんまですな(笑)。
「E.T.」は私が初めて観た映画なのですが、正直怖くて怖くてたまらなかった…。
8歳かそこらだったと思うのですが、父がハシゴして見ていた「ジョーズ」の方が平気だった(笑)。
私はサスペンスは平気なんだけど、今も昔もオカルト要素の強いネタが苦手なんだよなあ。
ロッキー・ホラー・ショー (2枚組特別編) [DVD]ロッキー・ホラー・ショー (2枚組特別編) [DVD]
(2008/03/19)
ティム・カリー

商品詳細を見る

あとがきイラストその一。
何気に機会が無くて、見ていないんだな(笑)。
スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション [DVD]スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション [DVD]
(2006/09/13)
マーク・ハミルハリソン・フォード

商品詳細を見る

その2。
私的には神がかりに偏愛していて、シリーズ累計100回以上は軽く観てます(笑)。
そして、実はえすとさんは自画像をR2D2に、華藤えれなさんをレイア姫に喩えて描いていたり…。
SWもえすとさんも華藤さんも大好きなので、キモファンの一人としては嬉しくてちびりそうです(笑)。

<番外>
プラトーン (特別編) [DVD]プラトーン (特別編) [DVD]
(2008/10/16)
トム・ベレンジャーウィレム・デフォー

商品詳細を見る

カバー裏ネタ(語呂合わせ的な)。
この作品は怖すぎて途中で挫折した苦い思い出があります。
キャンディ [DVD]キャンディ [DVD]
(2003/12/21)
エヴァ・オーリンマーロン・ブランド

商品詳細を見る

カバー裏ネタその2。
マリのTシャツに“I WANT CANDY”と書かれてあったので、一応(無関係かもしれないが…)。
フリー・セックス時代の象徴的な(?)下品なエロティックコメディ。
“エロ”というよりは“バカ”枠のコメディで、私は意外と好きな作品です~♪

ブログで初めて、映画についていっぱい語れたよ~♪
し・あ・わ・せ~
[ 2009/02/18 13:36 ] comic BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/1060-6396677b

月曜日に同人誌に埋もれてしあわせいっぱいだった つけがまわって大忙しです。 けれどそういうときに同人誌、特にマンガ(のだいたい)は 薄いから手が伸びやすくて助かりますね。 47冊中30冊を読み終えたので、マンガは今週中に 読み終わってしまうことでしょう。…...
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。