スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

センチメンタルガーデンラバー 

人生初めて、“ねこのあな”さん…じゃなくて、“とらのあな”さんを利用しました。
微妙に乙女ロードからは離れていて(遠いわけではない)、ちょっといかがわしい通りにあるのね…。
しかも、アニメイトやまんだらけと違って、若い男性客(学生さん?)が多くてちと躊躇ってしまった。
でもね、今回はどーしても小椋ムクさんのペーパーが欲しくて、場違いと知りつつも頑張って入店。
勇気を出して良かった~♪小椋ムクしゃんの新刊はまたまた可愛いBLでキュンキュンするわー
J庭でもお急がしそうだったのに著者の好意に甘えてサインを頂いてしまいましたが、大好きです!
一生ついてきますっ!!(←ウッゼー)

□センチメンタルガーデンラバー
□アットホームホリデーラバー
□I'm home!
センチメンタル~が猫(フジ)×人間(比呂)、アットホーム~が人間(滝)×猫(シマ)の2組です。
えーと、私はぶっちゃけるとリアルタイムで「ねこ・ねこ・幻想曲(ファンタジア)」世代なんですが、
いずれも、満月(or星)に願いを込めたら半分人間になっちゃった猫達のリリカル・ファンタジー♪
もっとも、高田エミさんの「ねこ・ねこ~」の方のカップリングは猫同士で、人間同士なんですけどね。
でも、ネコ達のドジっ子天然で愛くるしい様子とか、自分探しや飼い主に対して一生懸命な姿とか、
雰囲気があの古き良き、そして私にとっては懐かしい「りぼん」に通じるものがあって楽しかった!
エロもトンチキも電波も好きだけど、やっぱり私はストレートな可愛いロマンスに弱い人間です(笑)。

□こころから
斜に構えたヤンキー(?)×天然本屋さん。
あ、ピュアラブだー!!ヤンキー少年は、これから活字の魅力の虜になっていくんでしょうね(笑)。
それは、君にとって紛れも無い“革命”なのだ…本人は未だ無自覚だろうけど。

□右のてのひら左のてのひら
これは、私のテンション的にフツーでした、しいて言うなら弟×兄?
BLっちゅーより、“ブラコン処方箋”というラインの物語に見ましたが、はてさて…。

□そうして好きになってゆく
このメガネはあまり(アイテムとしては)うまくないメガネでした。
かいやたつみさんや上田規代さんの非常に贅沢なメガネBLを既読の為、どうしてもフツー判定に。
ただ、小椋さんは変則技じゃなくてストレート勝負な作風なので、可愛いBLのラインとしては十分。
というか、小椋さんのキャラクタのメガネは珍しいから、それだけでドキドキと胸が高鳴りました(笑)。
商業デビューとしては上々なんじゃないでしょか?絵柄は、申し分なくパーフェクトにきれいです♪

□いつもわらっていてほしい

オレサマ社長×ツンデレ秘書。
今回の短編集の中で、一番荒唐無稽なコメディかな?組み合わせが激萌えなのは、今更ですな。
秘書が社長の首に縄かけて、最後まで手綱を握っている関係が小気味良いですね!

<作品データ>
・小椋ムク『センチメンタルガーデンラバー』(東京漫画社マーブルコミックス)2009.1
センチメンタルガーデンラバー (MARBLE COMICS)センチメンタルガーデンラバー (MARBLE COMICS)
(2008/12/18)
小椋ムク

商品詳細を見る



実は今回、タイトルが長くて覚えられなかった…。
少しだけ、伊坂幸太郎の“ゴールデンスランバー”に似ていると思うのは私だけでしょうか?
タイトルが…というかタイトルの英語表記が。

それにしても、小椋ムクさんのBLは絵本っぽいなあ。

↓は、ねこ・ねこ幻想曲のリンク。
表紙眺めてるだけでウルッと来ます!特にパパの子供時代編で当時大号泣した記憶があります。

ねこ・ねこ・幻想曲(ファンタジア) (1) (集英社文庫―コミック版)ねこ・ねこ・幻想曲(ファンタジア) (1) (集英社文庫―コミック版)
(2000/12)
高田 エミ

商品詳細を見る

ねこ・ねこ・幻想曲(ファンタジア) (2) (集英社文庫―コミック版)
ねこ・ねこ・幻想曲(ファンタジア) (3) (集英社文庫―コミック版)
ねこ・ねこ・幻想曲(ファンタジア) (4) (集英社文庫―コミック版)
ねこ・ねこ・幻想曲(ファンタジア) (5) (集英社文庫―コミック版)
ねこ・ねこ・幻想曲(ファンタジア) (6) (集英社文庫―コミック版)
ねこ・ねこ・幻想曲(ファンタジア) (7) (集英社文庫―コミック版)
ねこ・ねこ・幻想曲(ファンタジア) (8) (集英社文庫―コミック版)

<拍手お礼>
・entry882、899、972、991に拍手ありがとうございます~♪
久しぶりに、BL関連の感想に拍手頂きました、ありがたいことです。
今週のページランキング見てると、このブログは何のブログなのか自分でも分からなくなります。
最近、ノンフィクションメモの“社会学の名著”がページ上位にくるのは何故なんだろう?
個人的には、どちらかというと“宗教学~”の方がオススメなんだけどなあ(笑)。
[ 2008/12/17 21:22 ] comic BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。