スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エンドゲーム 

無理を通した割に、道理も引っ込めなかった顛末だと思う。
ヒコさんの作品はいつもBL的なお約束を踏み外しているように感じるが、今回は特に異質だった。
愛情の欠片を求めて赤い糸を手繰り寄せても、手繰り寄せてもその先の相手は不在のままである。
その糸は切れてはいないのだけど捩れたままで、その捩れを解そうとすることが誰にも出来ない。
否、ソレが出来るかも知れない唯一の人物は透なのだが、彼は最後まで己を律してソレを許さない。
透(達)の過失は決して許されるものではなく、一読者として私自身が彼らの行為を許せない。
だから、突き放して言ってしまうとこの物語は当然の帰結(エンド)だったと思うのだ。

但し、擬似親子関係を逸脱して恋愛関係の成就に固執する克哉のゲームはエンドレスに見える。
彼が諦めない限りこのゲームに終わりは無く、粘り強さに定評のある年下攻め本領発揮の場かも。
私は何度も言うように年下攻めを好まないのであるが、この話は受けが遠すぎるから大好きだ。
両者の間の溝は深く、流れている時間の壁は厚く、手に届く距離にありながら心は近づけない。
こういう阻まれ方は、不謹慎だけど正直かなり萌えるんだな(笑)。

透と克哉の、二人の道程は傍目には非常に険しい。
とはいえ、彼らの培ってきた日々の悲喜交々に対する透の最後のコメントが“正解”なんだと思う。
人の道を踏み外しても、幸せはある(知覚できる)のだという言葉が何とも眩しく何処か面映い。
終始一貫して、ビターテイストのヒコさんだった。

<作品データ>
・山中ヒコ『エンドゲーム』全2巻(新書館ディアプラスコミックス)2010.8、2011.1

エンドゲーム (1) (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)
エンドゲーム (1) (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)
(2010/07/30)
山中 ヒコ

商品詳細を見る

エンドゲーム (2) (ディアプラス・コミックス)エンドゲーム (2) (ディアプラス・コミックス)
(2010/12/29)
山中 ヒコ

商品詳細を見る


スポンサーサイト
[ 2010/12/31 03:23 ] comic BL | TB(0) | CM(0)

2010年の11月読書メーター 

また、忘れかけてた…。
今年は本当にひたすら黙々と漫画読んでますね。

<拍手御礼>
・entry101、272、329、351、791、796、1084、1107、1289、1349、1361、1367、1369、1371(12件)、1373(2件)、他に拍手ありがとうございます。
1ヶ月でログデータ消えちゃうから、他にもポチポチ頂いてるのにこの体たらく…。
申し訳ないです。

>12月11日、天国に手が届くに拍手下さったKさん
コメントありがとうございます~♪
そうです!真崎さんの時も確かに熱く語っていた気がします。
雑誌掲載分とはお話違うんですが、今回の文庫の方がまだBLぽい雰囲気ありますね。
雑誌の方は、山もありますがメインはサナトリウム文学の空気がしっくりくるかも。

>12月13日、天国に手が届くに拍手下さった名無しさん
コメントありがとうございます。
今回のエントリーは私にしてはネタバレ避けてる方だと思うのですが、あったとしたら最後かなあ?
申し訳ありませんでした。
私の感想はベットリしていて気持ち悪いですが、作品自体は清涼飲料水のように喉ごし良いです。
堪能されていらっしゃると、良いなあ。

他、特にお礼してはいませんが読メに星下さる方もありがとうございます。
たまに、え?このコメントに…みたいなユルユル発言に頂いてビックリしたりも。
12月の読メは1月1日に更新するよ!絶対。

あとは年内にマイベスト頑張りたいです。
但し、今年はブログエントリー自体が少なく特に小説の読了数もがた落ちでござりまする。
今からの挽回は、正直厳しいよね…。


[ 2010/12/28 08:44 ] 読書メーター | TB(0) | CM(0)

酷いくらいに 

ハッピー・メリー・クリスマス(イブ)!

私はクリスチャンではないし、キリスト教を人生で身近に感じたことが殆ど無い人間である。
だから、神の実存を疑うことも神の不在を嘆くともないし、彼らの信仰生活は非日常的である。
が、今回の高遠さんの作品はとてもキリスト教的と考える次第で、それ故に感想を書き辛い。
はっきりいって、逆にBLという枠内での感想は非常に遺憾ではあるが全く無いと認めざるえない。

酷いくらいに、__されたい/したい人々の物語である。
酷いくらいに、__できなかった/しなかった人々の教訓が綴られているとも言える。

(数学的に)美しい正三角関係の三人が、夫々の“聖なるモノ”を信じて裏切られるのが本編の顛末。
たとえ裏切られても、見失っても、振り向かれなくても、己の信じる道を駆け続けたのがこの主人公。
二人の七つ下の“弟”分の年下攻めであり、実の“兄”にはコンプレックス混じりの憎悪しかない。
広見が恋した年上の元・兄の恋人は、美しくて優しくて、尊くて聖なる理想化された相手である。
そんな秋に酷い仕打ちをしたと信じる兄を、ギリギリ歯軋りして拳を握り締めて、内心で軽蔑してる。
が、弟(広見)視点では見えてこない“真実”があって、その裏事情に私は深く打ちのめされるのだ。

誰が、誰の、何を信じていたかったのか?
誰が、誰を、何処で裏切っていたのか?

彼らが信じる理想化されたソレは、彼らが“人間”であるからこそ醜悪なモノに見事に反転していく。
オセロゲームのように白から黒へ、黒から白へ、そしてまた白から黒へとどんでん返しが連続する。
人間の真価は常に遍く黒の局面で問われるし発揮されるが、誰しも出来れば黒の局面を避けたい。
黒を回避する為に、あるいは克服したり向き合う為に、人は保障/保険を求めるのかもしれない。
彼らが“洗礼”を受けたり、“婚約”したり、“約束”を交わすのはそういう理由だったのかもな、と。
こんなことを考える私は、彼らの行動を上から冒涜/批判してるんじゃないかという迷いもある。
グルグルと悩んでしまって、私は上手く言葉が紡げない。

更に戸惑ったのは、書き下ろしの「ひとの望みのよろこびよ」の方。
今度は年上受けの秋視点によって紡がれる告解というか懺悔というか信仰告白、なんだろうか?
彼の信仰心を試しているとしか思えない“試練”が、偉大なる神によって改めて課されているようだ。
克至がかつて彼に向けた“失言”によって順風満帆だった人生の大半が奪われていったのと同様、
秋は己が広見に対して発した“失言”によって、全てが崩壊しそうになるまたも手強いエピソード。

改めて実感したのは、高遠作品を前に油断は禁物だな、と。
そして、私は今まで以上にお兄ちゃん編スピンオフ実現の夢に駆られるのだ。
是非、次は彼の“受け”としての勇士を拝みたい(笑)。

<作品データ>
・高遠琉加『酷いくらいに』(麻生ミツ晃・画、海王社ガッシュ文庫)2011.1
酷いくらいに (ガッシュ文庫)酷いくらいに (ガッシュ文庫)
(2010/12)
高遠 琉加

商品詳細を見る


以下は、改稿についてちょろっと。
この文庫版しか読んでいない方は、読まない方がよろしいかと~。

[ 2010/12/24 09:48 ] novel BL | TB(0) | CM(2)

天国に手が届く 

物語の初めから終わりまで、ずっと涙が止まらなかった。
あんまりこういうことは言いたくないし、ましてやコレを根拠にオススメしたくはないのだけれど。
私の弱点、即ちずっと“独り”であることの孤独感を思い知らされる山岳BL小説だったのである。
己が今も独りであることに悔いは無いし、それは私個人の宿業だと思って私は今も生きている。
この件に関しては誰かに責任を転嫁するつもりは無いし、それをミステイクだとは思っていない。
が、某義兄さんの台詞じゃないけれど、本音を言えばやはり寂しいし不安と無縁ではいられない。
そんな感情を人生の逃げ道にはしたくない意志を持って生きていると言えば、少しかっこいい。
だが、実際の私は他者の人生のリスクを背負う覚悟もない只のチキン野郎なだけである(笑)。

この作品は、恋愛感情よりも無二のパートナーを得るリスクへの葛藤に心理的比重を置いている。
たとえ独りでも、挑戦し続けるコトが人生の一部になっている二人がパートナーを組んで山に登る。
それは臨場感や達成感を共有できるというメリットと、危険が二倍になるデメリットを意味してる。
二人で協力して更に高い難易度の山に挑戦できるものの、責任と心理的負担は当然倍増する。
二人で山を登り続けることを選び続けることは、常にその覚悟と向き合うことなのでもある。

されど山は…山頂からの景観は、いつも残酷なまでに美しい。
征服欲を掻き立てられ、魅せられ、畏怖を覚えつつも彼らは彼方を目指すことを諦めきれない。
そんな二人の心理的変遷と山々の情景描写が圧巻で、とても新人作家さんの作品とは思えない。
私が長らく追い求めていた山岳BL小説の完全版に出会えた心地で、本当に感無量なのである。
その代わり、BL指数が極端に低いんだけど…。

「登りたい山を見つけて、登りたい登りたいって思っている時の、じりじりわくわくしてたまらない感じが好きです」


この主人公の台詞が、物語の発端であり、二人を結びつけるキーワードであり、結末である。
ラストの切り上げ方の潔さには戦慄を覚えた!フォルティッシモなのに、そこで止めるとはっ!!
心から、より多くの方に体感してもらいたい小説だった(断じて、泣ける/たからではない)。

<作品データ>
・夕映月子『天国に手が届く』(木下けい子・画、新書館ディアプラス文庫)2010.12
天国に手が届く (ディアプラス文庫)天国に手が届く (ディアプラス文庫)
(2010/12/09)
夕映 月子

商品詳細を見る

[ 2010/12/09 01:43 ] novel BL | TB(2) | CM(0)
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。