スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最後から一番目の恋 

今のところ、私にとって最も再読が厳しい高遠さんの小説である。
2007年に『神経衰弱ぎりぎりの男たち』、『地球は君で回ってる』の感想を書いたにも関わらず、
以後沈黙すること丸3年……梨のつぶて……アハハハ……この現状が全てを物語っている(笑)。
本日はあえて1~2巻を再読せずに、今回の本編にしてシリーズのスピンオフについてのみ語る。
我ながらズルイことをしているという自覚はある、シリーズ一気読みの方とは違う感想になると思う。
全てと向き合うには、まだ勇気が足りない私を許して頂ける方のみ以下の続きを読んで下さい。

これは私が想像していた以上にボーイズラブな話なのかもしれない…再読して改めて震撼した。
BL的セオリーをガン無視した顛末なのに、ボーイ・ミーツ・ボーイの限りなくラブに近い関係だった。
神経すり減らしながら一途に匡紀を想う俊哉の感情は勿論のこと、匡紀の彼への憎悪も侮れない。
むしろ、匡紀のホモフォビックな残酷な態度こそ、それが殆ど恋に近い執着心だったように見える。
ちなみに、初読時の私は匡紀の情緒面に意識を集中する余裕は無かった、まるで無かった…。

この作品も、先日の平喜多ゆやさんに引き続き双子のモチーフが作品に根強く横たわっている。
互いの母親が双子の従兄弟にして、父親が同じなので異母兄弟という残酷な宿命を帯びた二人。
二代、三代に渡って彼らの孤独と憎悪と執着とある種の狂気が引き継がれていく怖ろしい寓話。
(今唐突に気づいたんだけど、樹なつみさんの朱鷺色三角シリーズと非常に近いモノを感じるな…)
この負の因子を断つのが、高遠さんにしては珍しいポジティブ気質な本編の主人公の七瀬である。
が、ソレはまた別の話で、今回は彼の恋人・匡一の過去の因縁そのものを扱ったスピンオフの方。

その昔、私は深夜枠で放映されていた『ツインピークス』という海外のテレビドラマに夢中だった。
当時流行ってたサイコサスペンスの典型で、FBI捜査官が連続殺人事件を捜査していく物語である。
犯人は大胆不敵にクーパー捜査官に勝負を挑み、新聞投稿のチェスに沿って凶行を繰り返す。
対するクーパーはチェス名人に、勝てなくても良いから極力コマを失わない勝負をするように依頼。
ちなみに、クイーンはクーパーそのもので、実はやおい的に色々と妄想の余地を残す顛末だった。
…それはさておき、このシリーズの苦しさは、あのチェス勝負の厳しさに通じてるように思うのだ。
瀕死のクイーンを残すため、ゲームプレイヤーは少ない手持ちの駒を駆使して勝負に挑み続ける。
それは、この作品に関わったものの業である…どんなに苦しくとも、最後まで勝負は投げられない。
だから、生まれたばかりの匡一ですらクイーン(俊哉)のコマとしての人生を余儀なくされる…。

それにしても、哀しいである。
『愛と混乱のレストラン』シリーズや『楽園建造計画』と同じ舞台装置で、顛末は真逆という…。
桜の魔性に魅入られてしまったのは、残酷な天使の業なのか冷酷な美しい悪魔の所為だったのか。
世界一近い他人が恋人同士になれない不幸な巡りあわせに対して、未だ言葉をうまく紡げない。
また、別の機会に別の新たな発見が得られる物語なんだと信じている。

<作品データ>
・高遠春加『最後から一番目の恋』(東山紫稀・画、二見書房シャレード文庫)2001.6
最後から一番目の恋―神経衰弱ぎりぎりの男たち〈3〉 (二見シャレード文庫)最後から一番目の恋―神経衰弱ぎりぎりの男たち〈3〉 (二見シャレード文庫)
(2001/05)
高遠 春加

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[ 2010/02/28 22:13 ] novel BL | TB(2) | CM(0)

ねこになりたい 

今日は久々に偏頭痛を患い、アンニュイな気分を引きずったままの一日だった。
そしてふと、ここ数年間この“偏頭痛”こそが私の春の風物詩になっていることを今思い出した。
人生山あり谷ありとはいえ先々のことを考えると、本当に目の前が暗くなっていく一方なんだよね。
保険料も上がるしな…気候の変化は勿論のこと、私の場合は誕生日が刻一刻と近づく時期だから、
メンタル面でも気鬱になることが多いのだ…年末年始の慌しさは平気なのに、年度始まりは嫌い!

でも、ふみはそんな哲滋の誕生日を心から祝ってくれるんだよね…。
なまじ自分の誕生日と重なっているものだから、こんな些細なエピソードにすら心奪われてしまう。
てか、どうにも心がグラグラ状態だったから、正直に言うとボロボロに泣いてしまったんだけどね。
高校生って、未熟で自由で不安定で間抜けで…だから、眩しいばかりに偉大だなあ、なんて(笑)。

という訳で、本日は私が一日千秋の思いで待ち焦がれていた平喜多ゆやさんの初コミックス。
感無量…今年のマイベストでほぼ確定!(と言いつつ、4月の館野とお子さんが引っくり返すかもw)
この方はネームが良い!独特の青臭いビート(リズム)がね、ズンと私の心臓に入ってくるんだな。
当ブログで何度も繰り返しているけれど、私のBLの萌えの原点に近い場所にいる作家さんなのだ。
今となっては本当に貴重で稀少で、私の為のBLが残っていることがホントーに嬉しくて堪らない。
多分、落ち込んだ時にこれからも何度も何度もしつこく読み返す私の常備BL本になっていくと思う。
ただ、シンプルに私が好きで好きでしょうがない作風なんだけれど、多くの方に読んで貰いたいな。
私の言葉がどの程度信頼して頂けているのか皆目見当つかないけれど、心から本気でオススメ♪

□今度のにちよう日
ふみ→哲滋
□ねこになりたい
ゆき→梓
□またたき、ふたつ
梓×ゆき→哲滋×ふみ→梓×ゆき
□あめあがり
哲滋→ふみ

双子の高校生シリーズ。
見た目はそっくりだけど、気質はプラス⇔マイナスで逆ベクトルを向いているツインズの恋の話。
落ち込んでいる相手に、元気の素を双子同士や恋人同士で分け与えて恋がすくすく成長していく。
そんなやさしいスクウェアな関係に、年甲斐もなく心がギュッと痺れるんだな。

□恋するブックワーム
麗人掲載だそうだ。
面倒くさそうな黒髪メガネツンデレっ子の中身を、トロトロに溶かしちゃう話だな~♪
この作品に限らず、平喜多さんのネームは必ずパートナーにとっての地雷キーワードが出てくる。
その彼のテリトリーを侵して尚“好き”を貫くのだ…つまり、私が大好きな潮騒シチュなんだよね。

□the hollowing out
著者デビュー作で、多分このブログで感想書いている筈。
攻めよりも、ややメタボリック体型な当て馬がBLじゃ珍しいタイプだったので、印象的だった。
彼の存在が…というか、彼との一夜があったからこそ次の恋愛ステップ進める展開が何とも痛快。
投稿作だったらしいけれど、確かにこの作品からも今に繋がる光る個性が感じられる一品。

□Wデート
梓+哲滋→ゆき+ふみ
なんちゅーか、双子がラブラブしてる(笑)。

ご馳走様でした!

<作品データ>
・平喜多ゆや『ねこになりたい』(幻冬舎バーズコミックスルチルコレクション)2010.2
ねこになりたい (バーズコミックス ルチルコレクション)ねこになりたい (バーズコミックス ルチルコレクション)
(2010/02/24)
平喜多 ゆや

商品詳細を見る


[ 2010/02/25 22:20 ] comic BL | TB(1) | CM(4)

ディアプラス 2010年3月号 

男子フィギュアが無ければ、昨日アップできた筈なのにね…。

諸事情により、先月号も購入済みなのですが殆ど未読状態という体たらく…。
今月号はペーパーを申し込まなくてはならないので、その為にアンケートも書かねばならないので、
取り急ぎ読み込みました…以下、出先でアンケ葉書を書けるように備忘も兼ねた個別雑感です。
薄々お気づきの方もおられるかもですが、実はCRAFT以外の感想はアンケ用の備忘録だったり。
そんな極個人的で(割と)辛口な雑感なんですが、興味のある方は続きからどうぞ~♪

<作品データ>
・「Dear+」2010年3月号
Dear+ ( ディアプラス ) 2010年 03月号 [雑誌]Dear+ ( ディアプラス ) 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/13)
不明

商品詳細を見る

[ 2010/02/18 20:01 ] magazine&anthorogy 感想 | TB(0) | CM(0)

2010年3月購入予定 

3月舐めてました…2月の反動なのか購入予定が多い(あくまで私的にw)。
しかも、オオフリも発売予定との声がちらほら聞こえております…。
とはいえ、私のいつもの参照元には情報上がってなかったので、今回は割愛。
追加情報が上がっていたら修正…は、例によってしないでしょう(笑)。

3/1 雁須磨子『猫が箱の中』(大洋図書ミリオンC)
〃  〃 『こめかみひょうひょう』(〃)
3/4 岩代俊明『PSYREN』10巻(集英社JC)
3/5 華藤えれな『聖痕のダモイ』(高階佑・画、講談社X文庫WH)
3/10 あき『A・D』(リブレ出版ゼロC)
〃  〃 『花祭』(〃)
〃  いつき朔夜『スケルトン・ハート』(あじみね朔生・画、新書館ディアプラス文庫)
3/18 小林典雅『なぜあの方に恋したかと聞かれたら…』(山本小鉄子・画、白泉社花丸文庫)
3/23 一色まこと『ピアノの森』17巻(講談社モーニングC)
3/25 ユキムラ『人に言えない間柄』(徳間書店キャラC)
3/27 高村薫『レディ・ジョーカー』上・中・下巻(新潮文庫)
〃  五百香ノエル『FALCON(仮)』(有馬かつみ・画、徳間書店キャラ文庫)
〃  夜光花『不浄の回廊』2巻(小山田あみ・画、徳間書店キャラ文庫)
3/29 中村明日美子『あなたのためならどこまでも』(芳文社花音C)
〃  SHOOWA『ジンと猫は呼ぶと来ない』(〃)
3/下 かわい千草『101人目のアリス』4巻(新書館ウィングスC)

こうなってくると、『ピアノの森』はいつものように発売延期であって欲しい(笑)。
ノベルスはいつもの如く情報不明…少なくとも、クロスとBBNは買わない。
てか、ぶっちゃけ買う余裕が無い!何とも、同作家の複数刊行が多い月だなあ…。
どうせ夏のフェアで散在させられるキャラは、極力スルーの方向で。
ああ、でもこの3月はキャラ、花丸、ダリアは確実にフェアがあるので要注意です。
私はスルーの方向で。
あと、4月情報ちょっとだけ…館野とお子さんのダリアと水原とほるさんのルナが楽しみ!

次は、またも延び延びの拍手御礼をば(1ヶ月分…)。


[ 2010/02/06 18:22 ] お買い物 | TB(0) | CM(4)

好きで好きで好きで 

大好きな高遠さんの、本音を言えばあまり読み返したくない作品…。
高遠さんじゃなければ、このいかにも切なく甘ったるそうなタイトルじゃ買わなかったと思う。
読んで衝撃的だったのは、内容はタイトルそのままなのに激しいダメージを心に受けたコト。
“恋愛”観念/イデオロギーをまるで信じていない私が、彼の失恋で足元からグラっとくるのだ。
私もフィクションならば、手続きさえ踏まえれば恋愛は成就するモノと何処かで錯覚してた模様。
ははは、もう完膚なきまで高遠さんのナイフで読者@私の心はグッサリ…心臓一突きだ…。

攻めの堂島がまた、意地悪でもツンデレでもなくて単純に度量の少ない男だったりする訳で。
そこも踏まえた上で、主人公の三浦は堂島相手に好きで好きで好きでの片恋感情を貫くのが凄い。
そして、堂島はそんな彼の感情を受け止めるキャパが無くて、ナチュラルに最低な受け答えをする。
堂島の安定指向は常に自己完結していて、結局は己のコトしか考えていない自己チューの裏返し。
彼の行動のアイタタタ…な部分は、彼を貶めれば貶めるほど読者@私にダイレクトに返って来る。
さよう、堂島とはありえたかもしれない、否、むしろありのままの読者@私の“鏡”なのである。

三浦の感情と堂島の行動を通して、己の私生活を省みざるを得ないから読み返したくないのだな。
無意識の他者に対する驕慢な態度が、私の“寂しい”現実と密接に繋がっているのは間違いなく…。
三浦同様コチラ側のもう一つの心の声は封印してきた筈なのに、この作品で完全に露見してしまう。
この作品の感想を書けば書くほど、まさに“語るに落ちる”のだよね。

結論。
私にとって、自分を見つめな直さなければならぬ局面で、読み返さなければならない1冊だと思う。
でも、平時は極力目を背けたかったりする(小声)。

<作品データ>
・高遠琉加『好きで好きで好きで』(六芦かえで・画、角川書店ルビー文庫)2010.2
好きで好きで好きで (角川ルビー文庫)好きで好きで好きで (角川ルビー文庫)
(2010/02/01)
高遠 琉加

商品詳細を見る

[ 2010/02/02 22:53 ] novel BL | TB(0) | CM(0)

王道設定バトン 

世界の果ての本棚(yoriさん)のブログから、頂いてきました。
こういう妄想充バトンは大好きデス(笑)。

★ルール
貴方の嗜好に併せて、攻め派か受け派かを答えてください。
好きCPを当てはめても構いません。

■昔から共に生きてきた主人と従者。主は?
■相方をかばった怪我が原因で記憶喪失に。記憶を失ったのは?
■敵に操られ仲間を攻撃!操られたのは?
■新任の先生と入学したばかりの生徒。先生は?
■出会ってしまった民間人と王族(もしくは貴族)。民間人は?
■傷ついた天使(妖怪など人外の者でも可)を保護した人。人は?
■小学生を預かることになった専門学生。小学生は?
■追う立場の探偵と追われる立場の怪盗。探偵は?
■霊感もなくいきなりその存在を知った人と新参者な(守護)霊。人は?
■雨に濡れたペットを拾ったご主人様。ペットは?
■自分が側に居ない時に事故に遭い意識不明に。眠り続けているのは?
■前世で結ばれていた二人。その記憶を持つ者と持たぬ者。持つ者は?
■ある店で共に働くホストとバーテンダー。ホストは?
■冤罪を晴らすために逃げる賞金首と賞金稼ぎ。賞金稼ぎは?
■死刑囚または終身刑犯罪者と看守。看守は?
■最後に:貴方がこのアンケートに答えて欲しいと思う方五名は?

以上、テンプレートどうぞ。
マイ回答は続きからどうぞ~♪

BL作家ソート 

BL小説家216人ソート

1 高遠琉加 シャレード
2 月村奎 ディアプラス
3 華藤えれな リンクス
4 英田サキ シャイ
5 榎田尤利 シャイ(クリスタル、BBN)
6 萩野シロ BBN
7 夜光花 ラヴァーズ
8 谷崎泉 シャレード
9 水原とほる ピアス
10 小林典雅 シャレード(花丸)

11 いつき朔夜 ディアプラス
12 藤代葎 シャイ
13 烏城あきら シャレード
14 砂原糖子 ルチル
15 五百香ノエル ディアプラス
15 高岡ミズミ ルチル?(WH、キャラ)
17 凪良ゆう 花丸
18 李丘那岐 ルチル(BBN)
19 かわい有美子 BBN
20 花郎藤子 花丸

21 須和雪里 ホリー?
22 松岡なつき キャラ
23 ひちわゆか BBN
24 小川いら ルチル
25 真崎ひかる ルチル
26 可南さらさ シャレード
27 神江真凪 シャレード
28 海野幸 シャレード
29 和泉桂 リンクス
30 橘紅緒 シャイ

31 木原音瀬 ホリー(BBN)
32 久我有加 ディアプラス
33 Unit Vanilla (和泉桂、岩本薫、木原音瀬、ひちわゆか) BBN
34 椎崎夕 シャイ
35 うえだ真由 ディアプラス
36 渡海奈穂 ディアプラス
37 沙野風結子 ラヴァーズ
38 高野真名 ルビー
39 玉木ゆら BBN
40 伊郷ルウ ダリア?(プラチナ)

40 早瀬亮 シャレード
42 高尾理一 BBN
43 椹野道流 WH(シャレード、アズ)
44 渡辺ゆい ルビー
45 火崎勇 キャラ?
46 久能千明 リンクス
47 遠野春日 シャイ?(BBN)
47 義月粧子 リンクス?(プリズム)
47 神奈木智 ルチル?(キャラ)
50 緋夏れんか ルビー

ほぼ作家買いすると呼べるのは、30位くらいまで?
でも、4位の英田さん以降100%作家買いしている作家さんはいないと思われる。
作家名の後に、その作家さんのメインレーベルと私が勝手に思っているレーベルを併記してみた。
何が言いたかったかと言うと、いかに私がシャレード贔屓なのかという現実をば。
ちなみに、多分菅野彰さんと西江彩夏さんは選択肢になかった。
あれば、少なくともこの二人はランクインすると思う。
以上。

次は、途中で寝かけて選択ミスが立て続いたBL漫画家ソートをば。

*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。