FC2ブログ

言ノ葉パラドックス 

昨日の続きです(笑)。
先に立たないから後ニ悔ムものと知りつつも、前編より先に続編を読んじまった自分に大後悔
覆水(時間)盆(元)に還らずですが、前作を先に読んでいたらどういう感想を抱いていたのかなあ?
“言ノ葉”パラドックスの解法が書かれていない現実に、腹を立てていたような気がするんですよね。
という訳で、頭ン中がこのパラドックスの疑問でいっぱいで苦しいので、己の脳内を垂れ流します!
本当はいつものお友達にメールしようかと思ったけれど、どうみても私の思考回路がウザいので、
今回は腹を括ってオンライン上で公開しちゃいます(笑)。

てことで、信頼できない語り手である余村の“語り”から、私@読者は何を引き出したら良いのか?
余村が“人の声”だと判じる彼の頭の中に響く“音”の正体って、結局のトコロは何だったのかな?。
私にはソレが特殊なテレパシー的な能力で余村が“受信”している“声”かどうか、判断出来ない。
余村の“幻聴”かもしれないし、もっと言えば余村が関わることで逆に相手の“心”を操作している、
という可能性も捨てきれない…このシリーズは、その特殊(?)能力に“意味”を与えていないから。
余村の語る解釈が“正”だとしたら、物語は寓話@“教訓”が無ければバランスが悪いと思う訳で。
だから、私はあまり作中の余村の判断を信じていない(むしろ、“弱音”に見えて仕方が無い…)。

万が一、ソレが超-人間的な能力だとしても、彼の逸脱は人の心を受信することにあるのではなく、
人の心に介入→支配することができちゃう可能性をまずは疑うべきだし、悩むべきだと思うのだ。
えーと、私が大好きな某SWの台詞&設定を借りるなら、“Force”の暗黒面っちゅーヤツですな。
続編は実はそこがポイントになっているのですが、余村は己の能力にそういう意味では無自覚で、
己のコトしか考えられないという意味で視野狭窄的で自己中なので、危なっかしくて仕方が無い。
余村の“疑心暗鬼”がきっかけで、無意識のうちに現実に“鬼”が召還されているかもしれない訳で、
悩むにしても、怯えるにしても、私ならむしろそっちの“可能性”の方がよっぽど怖いです。

能力の有無に関係なく、人間は相手の口先の情報だけを鵜呑みにしない動物だと思うんだよね。
表情とか、相手の“癖”とか、そういう微細な情報を無意識に読み取って相手の心を察するのが、
人間@社会的動物で、ソレが面倒だったり不得手な人は自ずと対人関係のストレスも生じやすい。
逆に、陰口だとか噂話だとか、望んでいないのに聴こえてしまう雑音的な“声”も日常茶飯事だし、
そんな人の心を傷つける声だってありふれたもので、我々は局面局面でその“刃物”と戦っている。
我々はそんな世間と言う名の戦場を渡り歩いて、克服しているから“人間”だと思うのですよね。

余村は人の“刃物”には敏感なのに、自分の手持ちの飛び道具的な“刃物”に鈍感なんだよなあ。
自分の言ノ葉だって、もしかしたら相手を傷つけているという可能性には思い至らないモノなのか?
『言ノ葉ノ花』だけだとそこが曖昧なまま、教訓も痛い目も無いままに幕を閉じるから違和感が残る。
この作品を先に読んでいたら、やっぱり私はこの物語の顛末に納得出来なかっただろうなあ(笑)。
そして、余村の悩みが若宮@『WEED』とは症状が違う現代人の贅沢病に見えて仕方無いんだな。

シックス・センスでもムシの知らせでも、作中に出てくるコールドリーディングでも結局は同じコトで、
見え難いだけで、バタフライ効果とか風が吹けば桶屋が儲かる式の“理論”が構築可能なハズだ。
余村や仮原は、その微細な変化を読む(聴く)力が平均的な人間より高いだけなのかもしれない。
だから、その“能力”は使い方次第じゃ大儲けできるし、他者を幸せにすることも可能なんだと思う。
その“能力”を何処で何に利用するかは彼ら次第であり、仮原の方が己の“能力”に自覚的な分、
読み手(私)は安心して作品に没頭出来る。

と、とりあえず中断…答えが見つかりそうだったのに、また見失った。
風呂入って、考え直してきます。


スポンサーサイト



[ 2009/03/23 20:16 ] 未分類 | TB(1) | CM(6)
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*