スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

銀魂27巻 

前回の感想は17巻だったみたい…(笑)。
いい加減惰性買い過ぎてギンタマも潮時かなあ、と思っていたらクるんだんよな、ヤヴァイのが!
久々に登場したコンドーさんは、殿方のデリケートな部分であるアレがまんま剥き出しで登場。
同じく久しぶりのヒジカタさんは、何かのプレイの真っ最中だった模様で首輪を装着していました。
二人とも裏のギンタマ世界ではよく見かける格好なんですが、本編で見かけるとちょっと動揺する。
唯一残念だったのは、二人が同じエピソードで同時に登場してくれなかったことくらいでしょうか?
相変わらず、コンドーさんがステキゴリラ過ぎて漫画のキャラなのに登場するとドキドキしてきます。
そんな彼の魅力は俺だけが分かっていれば良い的な、ツンデレ恋女房@ヒジカタとセットで大好き♪
次の巻の予告によると、オールスター総出演的なドタバタ展開がある模様…ヤマザキもガンバレ!

そういえば、先々週のジャンプを買い逃してショックだったんですよね…。
久々の銀魂キャラファン投票の号だったからさ…誰か、私の代わりにコンドーさんに清き一票を!

ちなみに、この漫画は友人達にはとてもオススメしにくい…。
大変高尚で難解なス○トロジカルなギャグが満載だったり、モザイクを多用している漫画だからさ。
複数の殿方達のあられもない部分が全開の漫画って、各種ゲイ雑誌かBL誌くらいじゃないか?
逆に女性キャラは、全くサービス(orお色気)シーンが見られない大変ストイックで健全な漫画デス。
心と萌えのキャパシティが、果てしなく広い方のみご鑑賞くださいませ~。

それにしても、誰かさんの何かを挟んだ結果の3滴はマジで悶絶死するかと思ったわ(笑)。

<作品データ>
・空知英秋『銀魂』27巻(集英社ジャンプコミック)2009.2
銀魂 第27巻 (27) (ジャンプコミックス)銀魂 第27巻 (27) (ジャンプコミックス)
(2009/02/04)
空知 英秋

商品詳細を見る


以下は、銀魂とは無関係のイニシャルトーク。
何かを囀っていますので、当ブログの常連さんのみ読んでくださいませ。


スポンサーサイト

PSYREN 1巻 

三十路を迎えても、相も変わらずジャンプコミック買い続けてます…。
しかも、あの『みえるひと』を描かれていた岩代俊明さんの新シリーズは、予想以上に面白かった!
太蔵ペンギンが連載終了して以来、私もジャンプ本誌の方は流石に殆ど読んでいません(笑)。
まあ、たまにバッグヤードに誰かの私物ジャンプが転がってるので、雑誌を開いてはみるのですが、
勇者学以外は続き物なので読んでも分からないし、唯一読める勇者学はとてもツマラナイしで…。
だから、今回の『PSYREN』は文字通りコミックス化されてから初めて読んだ作品なのです。

目下、続きが待ち遠しい♪

えーと、『漂流教室』とか『ドラゴンヘッド』とか、ゲームなら『ペルソナ』シリーズがお好きな方なら、
まず外さないかと!都市伝説を絡めた少しレトロ感覚の近未来(orディストピア)型ファンタジー。
腕っ節だけが取り柄のお調子者で人気者の主人公が、ツンデレメガネ美少女を助けに異世界へ。
まあ、厳密には彼らの移動空間ではない方なのですが…ネタバレになるので明言は避けます。
荒廃した異次元世界でサイレンの合図と共に現れる不気味な“敵”をかわしつつ、ゴールを目指す。
この血生臭い“ゲーム”の目的は、1巻だけじゃ見えてこないので、続きがとっても気になりますね。

それにしても、ツンデレメガネの美少女ヒロインが超電波キャラなのがさすが岩代さんです!
彼女は、物語の核心に纏わる何かを受信しているキーパーソンですが、一筋縄ではいかない子。
一応少年漫画で定番の幼馴染設定も踏まえているのですが、かなり付き合いにくいタイプです。
普通なら周囲にちやほやされるポジションの筈なのに、今のトコロ彼女の場合はちょっと違います。
“カワイイ”よりも“ヤバイ”認識されて、主人公にもライバルキャラにも距離をとられちゃうんだなあ。
一昔前のカルト系テレビドラマ『NIGHT HEAD』に登場した、あの電波ヒロインに近い怖さがある。
その壊れっぷりは、新たな萌え属性として定着するのかな?少なくとも、私は激萌え♪でした(笑)。

兎も角、個人的には久々に大満足の少年ジャンプの新シリーズです!
唯一の不安要素は、このマニアックテイストが雑誌購買層にも受け入れられているのかどうか。
正直、岩代さんの作風は少年ジャンプよりもジャンプスクウェアとかウルジャン系だと思うのですよ。
でも、前作よりは少年受けしやすい真っ直ぐな主人公設定なんですけどね(笑)。

今度こそ、連載が満了できる作品になることを心より祈っております!

<作品データ>
・岩代俊明『PSYREN』1巻(集英社ジャンプコミックス)2008.5
PSYREN-サイレン 1 (1) (ジャンプコミックス)PSYREN-サイレン 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2008/05/02)
岩代 俊明

商品詳細を見る


P2! 

面白いです!が、ジャンプ本誌では低空飛行連載中…。
画風が可愛らしいけど、地味めなのがネックでしょうか?
何とか、主人公が卓球を始めるまでは続いて欲しいなあ…。

<作品データ>
・江尻立真『P2!』①~②巻(集英社ジャンプコミックス)
P2!-let’s Play Pingpong! 1 (1) P2!-let’s Play Pingpong! 1 (1)
江尻 立真 (2007/03/02)
集英社
この商品の詳細を見る

銀魂17巻 

そろそろ、銀魂萌え熱も収まってマイブームも終わりかなあ…と思っていたのですが…。
また、新たな燃料投下されていて正直、萌え死にそう…久々に堪らない展開でした。

<作品データ>
・空知英秋『銀魂』17巻(集英社ジャンプコミックス)2007.3
銀魂 第17巻 (17) 銀魂 第17巻 (17)
空知 英秋 (2007/03/02)
集英社
この商品の詳細を見る


以下、完全腐脳ネタ注意!

メゾン・ド・ペンギン 

今月は、ジャンプコミック購入お休みの月の予定だったのに…。
この薄っぺらいギャグ漫画をついぞ購入してしまいました。
正直、この漫画を買う奴なんているんだろうかって思っていたのですが…、
買ってる奴って自分のコトでしたね。

ペンギンシリーズの方はジャンプで大体読んでおりまして、
面白いような面白くないような微妙な感じの漫画なのですが…。
このコミックに収録されている「モグリ陰陽師SAYMAY!」がドツボにはまりまして、
気づいたらレジに持っていってしまいました。
しかもこの作品は前編のみの収録で、後編は2巻に収録予定だとか。
手口が姑息でイヤラシイですね、そもそもが薄っぺらいコミックなのに…。
でも、多分2巻も買ってしまうのでしょうね。
この陰陽師のお話こそ、シリーズ化して欲しかったなあ。
多分、月ジャンの「ギャグ漫画日和」とネタかぶりしそうだったから、
シリーズ化出来なかったのではと邪推しているのですが…。
あちらも安部晴明ネタあったような気がしますしね。
(あ!「ギャグ漫画日和」も実は好きなんですよ、誤解しないで下さいね)

<作品データ>
・大石浩二『メゾン・ド・ペンギン』1巻(集英社ジャンプコミックス)
  ISBN4-08-874297-4


*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。