スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

肉食獣のテーブルマナー 

長かった一週間が過ぎ、私は一人近藤さん祭りを実行中です。
昨日買って来た『犬と小説家と妄想癖』を皮切りに、『隣の』、そして『肉食獣のテーブルマナー』。
本来なら発売されたばかりの作品を紹介すべきなんでしょうが、こちらはその何というか…。
確かに、近藤さんのスーパーモノローグ/朗読を堪能するには、うってつけの一枚だと思います。
しかも、原作はご贔屓の高遠作品でも特に大好きな作品で、前々から楽しみにしていたのですが。
キャストも原作もパーフェクトなのに、“ドラマ”の部分というか“シナリオ”がどうもイマイチで。
物語の良さがあんまり伝わってこないというか、近藤さん演じる鮎川がかなりコミカルなんですよ。
鮎川のセルフツッコミって自虐的なソレだと思うのですが、ドラマCDではノリツッコミに近いです。
よって、全体としてコメディ色が強い演出で…悪くはないんだけど、モチーフが全く生きてないの。
あー、いやでも視聴を繰り返せばまた印象変わるかもしれません。

という訳で、今日はこっちにします…『肉食獣のテーブルマナー』。
この作品は原作は勿論、ドラマCDも想像を越えた素晴らしさでリピート率は最多かもしれません。
草間さんのキャラが、ちゃんと彼らの声で再現されている感が十分に伝わってくる完成度の高さ。
しかも、贔屓の近藤さんより福島潤さんのラストの「マコっちゃん」ボイスにノックダウンします。
四人の声優さんが皆二役を兼任していて、“声”の違いも堪能できる二倍に美味しいドラマCDです。
大好き!!

□『キス、シロップ』…水沢亮司:福島潤、岸田:平川大輔
漫画で双子は記号として分かりやすいけれど、声で双子トリックって本当に難しかったと思う。
フリトで明らかにされてますが、野島さんが福島さんの声に合わせて演技をしていらした模様。
声は似ているけれど性格の違う二人の対称性が、十分に声だけで伝わってくるから凄い。
平川さんは不機嫌オーラ全開の、やや低音。

□『肉食獣のテーブルマナー』…安藤:近藤隆、水沢聡司:野島裕史
近藤さんのビジュアルを知ってしまうと、安藤キャラが近藤さんっていうのが不思議な感じ。
「おはようございます!」の件が、微妙に亮司×安藤っぽく聴こえるのは贔屓耳故でしょうか?
野島さんの女王様はパーフェクト…出来れば同人誌収録のリバターンも声で聴きたいです。

□『ここだけのハナシ』…三田:野島裕史、大河内:平川大輔
原作読んだ時は、表題作よりもこの話のミタッキーというツンデレヲタキャラが萌えでした。
こっちは平川さんお得意のヘタレ声、受けは聡司よりはブリっとした野島さんのツンデレ声。
エロシーン皆無なのに、エロいんだよね。

□『春の指先』…津田真琴:近藤隆、達也:福島潤
何度聴いても、この話のラストでぶわっと涙腺が緩みます。
“元気”パート兼任の福島さんは、こっちでは低音ボイスでダメっ子の癖にエロくて参る。
こんな声でこんな言葉かけられちゃうと、そりゃ落ちるよね…ダメでも落ちるよね(笑)。
ワンワン泣き出す近藤さんが可愛いです!

<作品データ>
・『肉食獣のテーブルマナー』(草間さかえ・原作、INCD-2173、インターコミュニケーションズ)
 キャスト:福島潤、平川大輔、近藤隆、野島裕史、他
肉食獣のテーブルマナー肉食獣のテーブルマナー
(2007/11/30)
ドラマCD、福島潤 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[ 2011/01/29 16:57 ] CD | TB(0) | CM(0)

デコイ 囮鳥 

あれ?今まで聴いた英田さん原作のドラマCDで、一番良かった気がする。
尤も、私のドラマCDの感想はいつも何かがずれているので、どのみち当てにはならないのだけど。
そもそも聴くこと対する集中力が低いから、特に二枚組だと通しでちゃんと聴けた験しがないし…。
そんなダメな視聴者(リスナー)ですが、今回は物語を知っているのにドキドキしながら聴けました。
海外ドラマの吹き替え作品とか、良質な二時間サスペンスドラマの雰囲気を堪能できる一枚です。
正直、那岐萌えだけの為に大枚叩いたつもりだったのですが、那岐よりも安見が何か良いなあ~。
記憶を失ってしまったことに戸惑いつつ、火野という美しい同居人の強烈な個性に翻弄されつつ、
ソレでも本能で自分の“真実”を暴きたいという情熱もあり、そんな彼の危うさに心惹かれました。
あれ?あれれ?原作では、優柔不断でフラフラしたイメージしか無かった気がするんだけど…。
安見ってこんなに(カワ)カッコいいキャラだったっけ?

という訳で、どうも私は安見役演じる近藤隆さんの役作りの上手さにハマッてしまったみたいです。
火野@子安さんや那岐@鳥海さんのような癖のある声じゃなくて、ごくフツーの青年の声なのに、
惹きつけられる!勿論、子安さんや鳥海さんがバイプレイヤーに徹してるトコロもあるんだろうけど。
加賀谷@三宅さんも含め、4人が綺麗なスクエア関係になっていて安見@近藤さんが霞まない。
こう言っちゃなんですが、ある意味で原作以上のクオリティに仕上がっていると思います。

ちなみに、原作との最大の違いは濡れ場が殆どカットされているトコロだと思われます(笑)。
本気で“人間”ドラマの局面で勝負していて、4人+αの緊張感溢れる心理劇に徹しているのです。
だから、BLCD初心者でもとても聴きやすい構成なんですが、逆に“喘ぎ”を聴きたいと思ったら、
かなりボリュームを上げなければ聴き取れないw…しかも、直ぐにフェードアウトするので短いっ!
てか、確実に一線を越えているはずの火野×安見よりも、現時点ではネチッこいチューしかない、
加賀谷×那岐の方がまだBLっぽい雰囲気を感じます。

あと、コレはサイバーさんのCD全般に言えますがBGMが良いですよね~♪
“ヴァルキリー・プロファイル”の桜庭サウンドを思い出しました…ちょっと宗教音楽ぽくて…。
フィルムノワール的で。

原作を読んでいるので話の顛末を知ってるのに、続きが早く聴きたい!!
また、購入予定CDが増えました(笑)。

あ!唯一の不満点を一つだけ言わせて下さい。
ミキシンさんはシークレットじゃなきゃ、意味が無いだろ!!

<作品データ>
・『デコイ 囮鳥』(英田サキ・原作、奈良千春・画、CPCD-1125、サイバーフェイズ)
 キャスト:近藤隆、子安武人、鳥海浩輔、三宅健太、三木眞一郎、小西克幸、他

[ 2009/05/01 20:10 ] CD | TB(1) | CM(0)

交渉人は黙らない 

昨日はありえない人込みを掻き分けて、某大型チェーン店のAの本店に直行。
あの消防法違反スレスレとしか思えない小狭い階段を息せき切って、7Fまで一気に駆け上がる。
なのに、目的のCDが見つからないっ!絶望に打ちひしがれつつ、(男性)店員さんに在庫確認を。
ありました!良かった♪

てことで、予告どおりに『交渉人は黙らない』のドラマCDをサクッと購入。
実は平川大輔さん以外のキャスティングもレーベルも全然知らないまま、勢いだけで購入しました。
しかも、芽吹@平川さんも兵頭@子安さんも、鵜沢@安元さんも微妙に私のイメージでは無かった。
特に途中までは、安元さんと子安さんはキャスティング逆の方が合ってないか?とか思ってました。
が、最後まで聴くとこのキャスティングはこのキャスティングでアリだなって感じました、大満足~♪
“原作”とはシチュエーションごとに私の“解釈”とは別の演出で進むんだけど、そういう“裏切り”が、
逆に新たな“発見”に繋がっていき、小説では気付けなかった“魅力”が見えてくるのが良かったな。
また一歩、音(声)媒体の魅力に近づけた気がします。

主役陣もさることながら、脇役陣の演技も安定していて、より一層作品に入り込むことが出来ました。
原作だとただのこまっしゃくれたガキに過ぎなかった智紀が、梶さんの声だと妙に可愛いらしいし、
(この“可愛い”声の頭の切れる美少年が、芽吹にナチュラルにやり込められる掛け合いが楽しい♪)
台詞は殆ど無かったのですが、キヨ役の日野さんの声は不思議美青年系のイメージにぴったりだ。
更に、芽吹ネゴオフィスのミス・レモンことさゆりさんの江戸っ子ぶりが炸裂していて楽しかったです。

そして、主役の平川さん。
私はそれほど多くのドラマCDを聴いていない所為もあって、実は“受け”で聴くのは初めてでした。
芽吹はバシバシ早口でまくし立てるイメージだったのですが、平川さんの物腰柔らかい口当たりは、
逆に交渉相手に“安心感”を与えて油断させるんだろうなと思うと、この“温厚さ”が性質悪い感じで、
はーこさんが仰っていた芽吹の“猛禽”ぶりが加味されている感じがして、小気味良かったですね。
私は平川さんの声が“萌え”ではない筈なんですが、たまに発揮される不思議な色気に魅了された。
何だ、コレ?通常の抑制の効いた演技に、たまに微エロスイッチが発動している…気がする…。
所謂濡れ場じゃなくて、予想外の局面で艶っぽい“何か”が出てきて聴き手がドキドキしちゃうね。
私はもう少し、平川さんを研究するべきかもしれない…(笑)。

子安さんは子安さんで、いつ何時どんな役で聴いても子安さんでした(笑)。
彼の声を聴くたびに不当な“笑い”がこみ上げてくる私でしたが、クライマックスで陥落しました…。
元々“へたれ”ポジションを引き受ける攻めに弱いってのもあるのですが、改めて兵頭という男は、
過去がどうあれ、理想的なカッコいい3枚目だったんだなあ…と思うと微妙に心がグラっときます。
お説教モードの芽吹の話をちゃんと真面目に聞いてる“元不良”の“ヤクザ”が妙に可愛いし(笑)。

今年はドラマCDはさっぱり購入していなかったのに、ココにいたって聴きたい作品がちらほら…。
とりあえず、原作でも大好きだったSASRAの第2弾だけは購入予定に入っています。

<作品データ>
・『交渉人は黙らない』(榎田尤利・原作、奈良千春・画、CPCD-1096、サイバーフェイズ)
 キャスト:平川大輔、子安武人、他


[ 2008/11/04 01:20 ] CD | TB(0) | CM(0)

吸血鬼と愉快な仲間たち 

昨日と今日は、2日連続で棗さんとデートしてました~♪
私のアホっぷりは棗さんが報告してくれる筈なので、私は今回のツアーの戦利品の感想をば…。

えーと、今年初めてドラマCDを買いました!ずっと、気になっていた木原さんのラブリー吸血蝙蝠♪
ちゅーか、私の場合は例によってアル@平川さんじゃなく、暁@緑川さんが主目的でした、ハイ。
棗さんからのお土産も加わって、只でさえ私の手元に多かった緑川さん受けが更に増殖しましたヨ。
私は決して緑川さんが好きな声優さんという訳ではなく(いえ、別に嫌いな声というんじゃないです)、
私好みのツンデレ受けキャラを、何故か大概緑川さんが受けているだけだと思ってたのですが、
緑川さんの甘くてエロい声が、エロ無し原作の受け声演じてくれるとテンションが急上昇するみたい。
要するに、萌え声なんだナ!うん、自覚した!緑川さんのドエロいツンデレ受けは、大好きだ。

なので、アホみたいにエンドレスで吸血鬼のドラマCD聴いてます♪暁@緑川さんがステキ過ぎる!
ちなみに、棗さんからのお土産では緑川さんがオヤジキャラとワンコ奴隷プレイしてたよね?ね?
今月の新刊の沖田@銀魂ばりの、ドSでドエロい女王様(未亡人)役で可笑しくて、堪らんかった。
いや、あちらの作品はシリアステイストだったんですけど、犬がオヤッサンの声にしか聴こえなくて、
変態(調教)プレイしているようにしか、聴こえなかったんだ、私…妄想が酷すぎる…ね…。

本命@中村悠一さんよりも当て馬@井上和彦さんよりも、山オヤジの声の犬のインパクトが強い。
ステキに楽しいお土産もありがとうございました!

今日の私はいつも以上にヤバイ!津野以上に脳内暁たんで妄想補完を楽しんじゃった…。

<作品データ>
・『吸血鬼と愉快な仲間たち』(木原音瀬・原作、下村富美・画、LACA-5766、ランティス)2008.4
 キャスト:平川大輔、緑川光、森川智之、遊佐浩二、根本温子、千葉進歩、真殿光昭、他
UnSweet「吸血鬼と愉快な仲間たち」ドラマCDUnSweet「吸血鬼と愉快な仲間たち」ドラマCD
(2008/04/23)
イメージ・アルバム平川大輔

商品詳細を見る

[ 2008/07/06 00:02 ] CD | TB(0) | CM(2)

I'm not your pet 

本日、ドラマCD「エス-裂罅-」の全サオリジナルCDが届きました♪
ミニドラマは、ドラマCD版の英田さん書下ろしのオリジナルショートストーリーを再現したモノ。
キャストは椎葉@神谷浩史さん、宗近@小西克行さん、そして鹿目@中村悠一さんの3人です。
本編では決してお目にかかることができない、三段オチのショートコメディでとても楽しかった!

ただね、8センチCDはウチのPCで聴くことが出来ないの…仕方が無いのでPS2で聴きました。
普段ほぼ全く音楽を聴かないから、CDプレイヤーなどという贅沢品は持ってないんですよ(笑)。
PS2でも聴く事が出来るから良いんだけど、テレビ画像が何も映ってないから何か物足りない。

そうそう、原作ありのドラマCDが最後のエピソードまで作られるのってとても珍しいらしいです。
ってか、そもそも英田さんって無茶な長編シリーズ化を行わないですよね、カチッと終わる感じ。
そんな著者の作品姿勢も、私が大贔屓にしている理由の一つかもしれません…。

何はともあれ、今月末の“残光”が待ち遠しいなあ。
↓は証拠写真。
[ 2007/11/06 21:42 ] CD | TB(0) | CM(0)
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。