FC2ブログ

世界の果てで待っていて~天使の傷痕~  

さて、本日はCDバージョンの方で…発売日が丁度この作品の舞台と同時期なんですよねえ…。
小説自体は確か、2年前の晩夏~初秋の発売だった筈ですので数え3年、色々感慨深いです。
そういえば、この作品の舞台であるかの地は私にとって実はかなり馴染み深い場所なのですが、
何故かこの小説を最初に読んだ時も、今回CDを聴いた時も珍しく同地から離れた環境にいる。
これまた不思議な巡り合わせ…ほんの数ヶ月前なら、毎日のようにあのスクランブル交差点も、
歩道橋も、警察署も毎日のように眺め渡り歩く場所だったんですけどね(笑)。

さてさて、本題に入ります。
実は私、このドラマCDには殆ど期待しておりませんでした…つまり、目当ては高遠さんのSSのみ。
これは、演じられていらっしゃる役者(声優)さんの能力がどうというレベルのお話では全く無くて、
この作品…いえ、高遠さんの作風は、音媒体で聴いてもその雰囲気が伝わり難いのではないかな、
という予測という名の偏見があったのですヨ(苦笑)。

ドラマCDを小説以下のモノと侮っていたわけでは無いのですが、この著者の独特な文章捌きは、
(いつもお世話になっている秋月さんの言葉を借りますと、『感覚的な文章』ということなんですが)
カギ括弧内の会話文が台詞ではなくて、あくまで小説枠でのみ映える呟きのようなモノなんです。
それを声や音で再現してみても、登場人物の心は殆ど見えてこない仕掛けが随所に施されている。
で、この著者の作品の主人公達の心の断片は、文章と文章の隙間に意味深に隠されていたり、
地の文で執拗に描写される花の色や香り、雨の匂い、石の冷たさに象徴化されたある種の予兆
そこから読者は想像力を駆使して、彼らの心とそれに伴う行動を予測することしかできません…。

そんな訳で、数多のドラマCD作品群の中でも特に難しい部類に入る作品だったのではないかと。
が、聴いてみたらコレが、かなり原作に忠実な丁寧な作品に仕上がっていたので逆に驚きました。
演技面でも演出面でも不満が全く無いわけでは無いのですが、ココが限界なような気もします…。
メインを当てられた声優さん方も、演じるのが大変だったとのコメントも残しておりますしね(笑)。
ドラマCDという媒体で、出来る限りを尽くした作品に仕上げたという意味では高く評価したいです。
大好きな原作がとても大事に慎重に扱われてきたことを伺えるのが、このCDの醍醐味かもデス♪

・『世界の果てで待っていて~天使の傷痕~ 』(高遠琉加・原作、雪舟薫・画、CPCD-1089、サイバーフェイズ)
 キャスト:黒田崇矢、鳥海浩輔、他




[ 2007/06/02 20:28 ] CD | TB(2) | CM(2)

ちんつぶ2 

今週は、微熱と偏頭痛の体調不良の日々を過ごしてたのですが、萌えの方は充実しております。
特に、本日紹介するこのCDは、ヤヴァイくらい何度も聞き返しては身悶えてます、本当に幸せ~♪
が、今日の感想は言論表現上では最大の危機…どうやって乗り切ったら良いモノやら…。

てことで、『ちんつぶ2』です!正式タイトルは…イヤ、参ったな、流石にスパム来そうなので割愛。
ええ、まんまです、『××この××やき2』デス(やっぱり、伏字で難関を突破することにしました)。
可愛い絵柄に似合わずナニな言葉が全開の作品です!が、実は原作の方を読んでいません!
どころか、CDの1の方も未聴です…本日はそんな付け焼刃な人間による半端な萌え感想です。

今回のCDはBL(ボーイズラブ)というよりは、下ネタ全開のBL風ギャグコメディというのが正解。
男性声優陣がここまで執拗に何度も、てらいも無く「ち×こ」ワードを連発するのが何よりスゴイ。
ネタが小学生並みのソレなので、逆にエロコードは形を潜め、まるで大学コンパの宴会芸の感。
何だか声優さん達も、実に楽しそうに演じているように聴こえてくるから私も末期です(笑)。

ストーリーは、いきなり2から聴いてしまったコトもあって解説が難しいのですが、要するにアレだ。
「転校生」の男×男バージョンと言いますか、互いのち×こが入れ替わってしまった高校生の喜劇
(メインカップルの方は、意識不明重体の攻めの取手が受けの綾瀬のち×こに取り憑いちゃう設定)
メインは綾瀬@宮田さん、取手@置鮎さん、神谷@櫻井さん、岩淵@遊佐さんの4人なんですが、
実は、神谷と岩淵の入れ替わったち×こにも人格ならぬちん格(?)があって、これがよくしゃべる。

しかも、微妙に本体と分身でキャラクタが異なっているので、声優さんも声質を変えて2役を熱演。
コレが文字通り2倍に美味しい状況なんですよ、基本的にはへたれメガネの岩淵×ツンデレ神谷。
が、本体を更に硬くした(←笑)岩淵の分身と、本体より甘めの可愛い子ちゃん系の神谷の分身が、
本体の煮え切らない関係に突っ込みいれたり、発破をかけたりとキューピッド役として奮闘します。
つまり、↑のパターンに加えて更に、岩淵と神谷’、神谷と岩淵’、岩淵と岩淵’に神谷と神谷’と、
組み合わせのバリエーションも豊富で、飽きません!本当に楽しいドラマCDとなっております。

そして、もうバレバレでしょうが私のお気に入りは櫻井さんが好演しているツンデレ神谷デス♪
先日、職場の同僚と究極のツンデレキャラは誰かという話題で盛り上がってしまったのですが、
私は究極のツンデレキャラよりも、神谷程度のへたれ具合を併せ持つツンデレの方が萌えますネ。
うっかり隙をみせて、攻めに蹂躙されちゃうようなユルさを垣間見せるタイプの方が大好きです。
現状、神谷は幸運にもへたれツンデレにしては無傷なのですが、それは岩淵がヘタレ過ぎるから。
でもって、この二人のじれったい関係に萌え死にそうな腐女がここに一人…ご馳走様でした♪

<作品データ>
・『ちんつぶ2』(大和名瀬・原作、MACY-2133、ムービック)2007.1
 キャスト:宮田幸季、置鮎龍太郎、櫻井孝宏、遊佐浩二、小野大輔、他
Dramatic CD Collection ちんつぶ2 Dramatic CD Collection ちんつぶ2
イメージ・アルバム、宮田幸季 他 (2007/01/26)
ムービック
この商品の詳細を見る

[ 2007/05/10 21:22 ] CD | TB(0) | CM(0)

エンドレスバカラック 

ただ今、無性に音楽が聞きたくて仕方ないモードが発動中です。
が、私ってば本当に普段音楽を聴かない人間なモノですから、手持ちのCDが↓しかないのです。
仕方なく、ここ3日ほどエンドレスでこのアルバム聴いているのですが、流石に飽きてきました。
バカラック大好きだけど…大好きなのは間違いないんですけど、他の音楽も聴きたいんだよ!
せっかくだから、数年振りに音楽CDでも買おうかなと計画してるのですが、何買えばいいんだろ?

何となく、昼間の喫茶店で聴いた「TAKE FIVE」の面白いアレンジがあれば聴きたいような…。
いや、別の曲でもいいんだけどさ…ジャズが良いのかな?フュージョン?イージーリスニング?
あー、でもヴォーカルがのっかってる曲の方が聴きたいかも…でも、下手なのはイヤだなあ。
てか、こんな客が来られたらHMVもタワレコもツタヤも困るだろうなあ…。

すいません、変な記事で…もし、オススメの音楽CDありましたら、情報お待ちしております。

One Amazing Night One Amazing Night
Burt Bacharach (1998/11/17)
N2K
この商品の詳細を見る

[ 2007/04/29 20:55 ] CD | TB(0) | CM(2)

BL探偵2 

先週某所で購入して以来、ほぼ毎日聞いてました…が、いつも斜め聞きだったのですよ…。
本日、ようやくちゃんと聞き終えましたので感想を!第2弾も相変わらず楽しいドラマCDでした。
まずは、ご馳走様です♪

今回は、ヤスとよっちんは勿論メインキャラなんですけど、物語的にはサポーターに徹してます。
で、ストーリーの重心は、キムタツと御園生先生の淡くて少し哀しい関係にシフトしております。
御園生先生は前作だと只のちょっと妖しい救急救命医だったのですが、今回はシリアスですヨ。
中村悠一さんが好演しているのですが、実は昨日『大きく振りかぶって』のアニメを見てしまって、
ええ、この方私が愛する阿部君の声も当てていらっしゃるものですから、実はとても困ったことに!
…まあ、私の個人的な勝手な腐脳内の話なんですが、イメージがダブっちゃうんですよねえ~。
いえ、とても美味しいんですけど…萌えるんですが…ダメだ、変な笑いがとまりませんナ。
(キムタツ番外編は勿論のこと、近日中に『美男の殿堂』のドラマCD買っちゃいそうデス!)

そして、今回ゲストの岸尾大輔さんが濃い!他のキャストはコメディなのに、彼だけギャグですヨ。
BL探偵シリーズはドラマCDバージョンだと、(漫画やウェブラジオと比べて)シリアスなんですが、
ただ一人、ラジオバージョンノリの濃いテンションで…まあ、狙っているんでしょうけど笑えますネ。
ちなみに、私的に岸尾さんの受け声はかなり理想的な部類に入ります、要するにお気に入りの方♪
まあ、今回の役だと例え受けだとしても強烈な電波が入っているので、攻めが苦労しそうですが…。

私はあまりドラマCDを聴きこなしていないので、比較できる材料が乏しくて申し訳ないのですが、
それでも強く思うのは、この作品はドラマとしてのシナリオ構成のクオリティが非常に高いコト。
普段私は、元々原作が大好きでそれが高じてドラマCD買っちゃう人間だから余計なんでしょうが、
やっぱり大好きな原作に比べると、ドラマCD版はシナリオの精度が落ちるというか何というか…。
かなり上手くまとめてられている作品が多いのでも事実ですが、多少の不満は常に残る訳で。
それらに比較すると、元々ドラマCD用の尺で物語が作られているので聴き甲斐があるんですよ。
各声優さんの演技もさることながら、シナリオ自体が上手く練られて安定感があると思うのです。
小説や漫画内じゃ到底味わえない、声(or音)のトリックも随所に仕掛けられていて楽しいです。

まあ、結論を言えばとってもオススメな1枚です!(ちなみに、BL的には未満でニアモノですが)
キムタツ番外編が楽しみです!(ところで、御園生先生は受けで良いんですよね…?)
以上。

<作品データ>
・『BL探偵2』(MACY2136、ムービック)2007.2
 キャスト:保村真、吉野裕行、鈴木達央、中村悠一、岸尾大輔、真殿光昭、成田剣、他
Original Dramatic CD Collection BL(びーえる)探偵2 Original Dramatic CD Collection BL(びーえる)探偵2
ドラマ、保村真 他 (2007/02/23)
ムービック
この商品の詳細を見る

[ 2007/04/14 23:20 ] CD | TB(0) | CM(0)

さよならを言う気はない(BLCD) 

待望のドラマCDをようやく聴くことが出来ました。
感無量です。ご馳走様でした♪
メイン二人の声と演技が、ほぼ原作のイメージどおりで大満足です。
陣内役の森川さんは、何度かお声を聞いているのである程度予測できたのですが、
天海役の小野さんは、文字通り初めて聞かせていただいたのですよ…が、
想像以上に演技が巧くてイメージどおりで、ドラマCDでここまでクラクラするとは…。
私、この原作が本当に大好きで、過去の感想記事も大変暑苦しい感じなのですが、
特にこの受けの天海の女王様ぶりが、個人的にお気に入りだったのですよね。
演じていただけたのが小野さんで、本当に良かった、てかファンになりそう…。

さてさて、一方シナリオの方なのですが、これは少し微妙かもしれません。
私個人は、大好きな原作だった為何度も読み返しているのでさほど気にならないのですが、
このCDだけでは、過去の時系列的な流れとかが随分分かりにくかったように思うのです。
一応流れとしては↓のような感じなのですが…。

・天海(高校生)と陣内(刑事見習い)が出会う
・天海、父親を殺して少年院
・天海、須藤組のカジノで働く
・天海と陣内、思い出の一夜を過ごす
・天海、期間限定で紅竜会会長の愛人に
・天海組発足
・陣内の同僚の古瀬自殺(←古瀬の妹に恨まれる)
・陣内、刑事職退職→しがない探偵業をはじめる
・現在に至る

原作内の回想シーンを、会話とモノローグによる言葉だけで説明するのは、
かなり大変な作業だと思われる上、状況が結構複雑なんですよね…。
しかも一部設定を端折られていたりしますから、余計に分かりづらいのでは?
原作知らずに、このドラマCDだけを聞いた人の感想が気になるところです。

とはいえ、主役のお二人の演技が素敵過ぎて、私は本当に大満足♪
オチもスマートに決まっていて、作品がピリッと締まった感じが致します。
ゆえに現在、かなりハイテンションにご機嫌&幸せモードです(笑)。
不満を言えば、フリートークが無かったことくらいかなあ…。
(ムービックさんはあんまりフリートークを入れない主義なんでしょうか?)

<作品データ>
・「さよならを言う気はない」(英田サキ・原作、北畠あけ乃・画、ムービック)MACY-2131
 キャスト:森川智之、小野大輔、他
Dramatic CD Collection さよならを言う気はない Dramatic CD Collection さよならを言う気はない
イメージ・アルバム、森川智之 他 (2006/12/28)
ムービック
この商品の詳細を見る

[ 2006/12/29 12:54 ] CD | TB(2) | CM(4)
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*